カードローンによるカードの取扱の違いに注意しましょう

カードローンと言えば、契約をした後に発行されるキャッシングカードを利用してATMからお金の借り入れや返済を行う仕組みのキャッシングだと考えている人が多いでしょう。特に一度も利用したことがない人はそれ以外の何物でもないと思っていても当たり前ですが、実はカードローンの中にはキャッシングは行えても返済できないケースもあるので注意が必要になります。

要はカードでATMから借り入れはできても、返済は予め登録しておいた銀行口座からの引き落としでしか行えないような場合があるのです。大手のキャッシングを利用すればそのようなことはありませんが、それほど名前を知られていないカードローンではそのような仕組みになっていることも少なくないので、金利などの他の条件面だけで判断をせず、このカードの取扱については必ず先に調べておいた方がいいでしょう。

また、同様にATMから借り入れは行えても、返済はキャッシング会社の銀行口座への振込になることもあります。このケースでは口座からの引き落としより返済が面倒になるかも知れません。そのままカードを使って借り入れと同様にATMから返済ができるカードローンが一番利便性が高いのは言うまでもありません。

このように、キャッシングカードの発行を受けるカードローン同士でも、借り入れ時はともかく、返済についてはまちまちなのです。カードローンならATMから借り入れも返済もできるのが当たり前だと考えてはいけません。返済については必ずどのような方法で行うのかを先に調べて、それに納得をしてから申込みを行いましょう。