銀行カードローンが増え続けた理由とは

2010年に改正貸金業法が完全施行されてから、銀行カードローンの融資残高は増加の一途をたどってきました。総量規制導入から消費者金融の融資残高の減少に反比例した状況と表現してもいいでしょう。

このように表現すると、銀行が一方的な勝ち組で消費者金融は負け組という構図が思い浮かびますが、実は必ずしもそうではありません。それは、銀行には個人融資のノウハウがなく、それらを銀行傘下の消費者金融系保証会社に肩代わりさせていたからです。

このことは銀行にとっても消費者金融にとっても悪いことではありません。消費者金融にとっては手数料を稼ぐことが出来ますし、銀行のとっては貸し倒れでも保証会社からの保証を受けることで損をしないからです。つまり、銀行カードローンの融資残高が増え続けることは消費者金融も銀行もウィンウィンな構造になっていたということです。

これらのウィンウィンの関係を保持させているのが、銀行カードローンの高い金利です。銀行の融資業務としては銀行カードローンはダントツで高い金利を得ることができます。これによって消費者金融系保証会社に手数料を支払っても大丈夫という構図が浮かび上がります。

自己破産申請が増えて初めて、社会問題になり始めたのです。

簡易審査と借入診断は別モノ!簡易審査のメリットはあまりない!

銀行カードローンやフリーローン、消費者金融のカードローンを申し込む際、『簡易審査』と通常審査に分かれているケースがあります。簡易審査と聞くと、お試し審査と思いがちですが、借入診断とは別モノになっています。借入診断の場合、生年月日や年収、他社借入件数や金額といった極限られた情報だけで、契約可否を判定するものになっています。一方、簡易審査は氏名や住所、勤務先情報といった通常審査と同じ情報を記載するものとなっており、契約審査の一部となっています。簡易だから大した審査ではないと考えてしまいますが、個人信用情報の照会もしっかりと行われ、照会記録も残ってしまいます。つまり、審査落ちしてしまうと次回申し込みまで最低6ヶ月最大1年ほどの期間を空ける必要があります。

ですが、簡易審査のデメリットは、あくまで審査の一部であり、正式な審査を受けるため、別途手続きが必要ということにあります。結果、審査から契約手続きまでに掛かる時間が、通常の審査よりも長くなるため、借り入れを急いでいる場合には向かないものとなっています。そのため、簡易審査を受けること自体は、非常にメリットが少なく、デメリットの方が目立ってしまいます。また、最近では簡易審査と借入診断を混同してしまうケースも多く、申し込み手続き時点での問題となっています。そこで、申し込みを行う際は、簡易審査では無く、仮審査であるかどうか確認することがポイントです。仮審査の場合、審査の一部ではあるものの、個人信用情報の照会が行われないものもあり、審査落ちした場合のデメリットを最小限にすることが可能です。先ずは、申し込み前に手続きの流れを熟読することをおすすめします。

銀行カードローンの自主規制で審査は厳しくなるか

銀行カードローンの過剰融資問題が大きく取り上げられたことで、全国銀行協会が各銀行の自主規制を要請しました。2010年の改正貸金業法から銀行カードローンは年々融資額を増加させ2016年には2010年と比べると1.5倍以上に融資額が膨らんでいったということですから、やはり異常な増加を言わざるを得ないでしょう。

それだけではなく、年々減少していた自己破産申請者数が増加に転じたことにより金融庁を本腰を入れて調査したことも自主規制を要請するきっかけとなったようです。

銀行各行は厳正な審査などの自主規制案をそれぞれが導入することんになりますが、利用者のとって最も関心があるのは、銀行の自主規制によって審査がどうなっていくのかということにつきます。ただでさえ、銀行カードローンの審査は消費者金融の審査を比べて厳しいと言われていましたから、ますます厳しくなると銀行カードローンは検討できないことになると思っている人もいるでしょう。

しかし、現状でわかっている銀行の自主規制案を見るとわかりますが、ほとんどが総量規制に沿った内容となっていることからかんがえてみても、銀行カードローンの審査が現状よりも格段に厳しくなることはほぼ考えられません。

安心できる銀行系カードローン

お金が借りられるのであれば、会社は関係ないと考える方も多いかもしれませんが、金利の優遇やATM手数料の免除といった細かなサービスが得たいということであれば、少しこだわってカードローンの会社を選ぶと良いと思います。

カードローンは沢山の会社がありますから、比較検討することも大変ですから、ある程度数を絞る必要があります。そんなときに基準になるのがよく使う銀行かどうかというポイントです。銀行のほとんどは個人向けのカードローンを展開していますから、自分が利用している銀行のカードローンを利用すると安心できます。

口座を持っているというだけで、本人確認が非常にスムーズになりますし、審査に関してもかなりハイスピードで進むことができます。最短30分程度のカードローンが最近は出ていますが、銀行系のカードローンもこうした早い審査と利用スタートが実現するサービスの一つです。

では、カードローンを利用するときに注意しておくべきことがあるのかというと、やはりお給料の面です。仕事をしていない状態では、銀行系のカードローンはなかなか審査が通りません。たとえ銀行口座を持っていたとしても、審査ではじかれる可能性が高まります。

基本的に何かしらの仕事をするというのが一般的ですから、ほとんどの方は審査に通ると考えても差し支えはないでしょう。銀行系のカードローンは比較的金利が安いという傾向があります。もちろん融資の額には左右されますが、お得に使いたいならカードローンが良いでしょう。