総量規制対象外のローンってどれ?

キャッシングする際に総量規制法の対象になるのか、ならないのか気になりどこに申し込んだら良いのか悩んでしまう方も多いかと思います。そんな中、大きく分けるとアコムやアイフルなどの消費者金融系は総量規制の‘対象’になり、オリックスやみずほ銀行のカードローンなどの銀行系のカードローンは総量規制の‘対象外’といことが広く認知されていることと思います。

大まかにはこれで正しいですが、総量規制対象外には銀行系のカードローンのほかに数箇所から借り入れをしているの一箇所にまとめる‘おまとめローン’や金利が低いローンに乗換えをする‘借り換え専用ローン’も対象になります。またクレジットカードのショッピング利用分や自動車ローン、住宅ローンも対象外にあたります。

これらを踏まえご自身の借り入れ状況を整理し、どこに申し込みをすれば審査が通りやすいのか検討をしてみてください。

銀行カードローンが増え続けた理由とは

2010年に改正貸金業法が完全施行されてから、銀行カードローンの融資残高は増加の一途をたどってきました。総量規制導入から消費者金融の融資残高の減少に反比例した状況と表現してもいいでしょう。

このように表現すると、銀行が一方的な勝ち組で消費者金融は負け組という構図が思い浮かびますが、実は必ずしもそうではありません。それは、銀行には個人融資のノウハウがなく、それらを銀行傘下の消費者金融系保証会社に肩代わりさせていたからです。

このことは銀行にとっても消費者金融にとっても悪いことではありません。消費者金融にとっては手数料を稼ぐことが出来ますし、銀行のとっては貸し倒れでも保証会社からの保証を受けることで損をしないからです。つまり、銀行カードローンの融資残高が増え続けることは消費者金融も銀行もウィンウィンな構造になっていたということです。

これらのウィンウィンの関係を保持させているのが、銀行カードローンの高い金利です。銀行の融資業務としては銀行カードローンはダントツで高い金利を得ることができます。これによって消費者金融系保証会社に手数料を支払っても大丈夫という構図が浮かび上がります。

自己破産申請が増えて初めて、社会問題になり始めたのです。