楽天ローンと比較した場合のキャッシングの利点

楽天ローンは、楽天銀行が展開するカードローンの事です。利息が年率1.9%?14.5%となっており、銀行のカードローンとしては低い利息が魅力になっています。また、楽天銀行の口座を開設していなくても、ユーザーが既に持っている銀行口座から融資や返済が出来るようになっています。提携しているATMも数多くありますので、ネット銀行のカードローンであっても利便性が高いのが楽天ローンの特長となっています。

一方で、消費者金融会社が展開しているキャッシングは、楽天ローンのような銀行ローンとサービス内容が似ていますが、最も異なる事は、融資をしている消費者金融会社が貸金業法の下で運営をしていますので、年収の3分の1までの金額の限度額までしか認められない仕組みになっています。

しかし、キャッシングが銀行ローンよりも優れている点は、サービスによっては初回利用を条件に、一定期間無利息にするといった仕組みを導入している事です。全ての消費者金融会社のキャッシングサービスが対応しているわけではありませんが、対応している場合には、この仕組みを活用すれば、返済する総額を抑える事も可能になってきます。

キャッシングサービスは、消費者金融会社によってサービスのタイプが違いますので、ユーザーはサービス内容を確認して、自分の用途に合ったものを選択する事が大切です。

キャッシング業者の比較ポイントとしては

キャッシング業者というのは物凄くたくさんあります。どこがよいのか、ということは色々と比較してから決める必要があるでしょう。比較する要素は色々とあるのですが、まずはどうしてもそもそも自分にお金を貸してくれるのか、ということから判断しないといけないでしょう。キャッシング業者は総量規制というのが引っ掛かることになります。

つまりは、年収の三分の一を超えてしまう貸付を禁止していることであり、どうしても貸したいが貸せない人が存在してしまうわけです。そうしたことがありますから、まずは本当に貸してくれるのかどうかから比較したほうがよいでしょう。総量規制内であろうとも貸すかどうか、というのは業者次第になりますから比較的審査が甘いところから厳しいところまで色々とあるので比較するべきなのです。

しかし、別に自分のところは甘いとか厳しいなどといったことを言わないようになっています。そうしたことは言えないように法律で規制されているからです。