銀行カードローンの自主規制で審査は厳しくなるか

銀行カードローンの過剰融資問題が大きく取り上げられたことで、全国銀行協会が各銀行の自主規制を要請しました。2010年の改正貸金業法から銀行カードローンは年々融資額を増加させ2016年には2010年と比べると1.5倍以上に融資額が膨らんでいったということですから、やはり異常な増加を言わざるを得ないでしょう。

それだけではなく、年々減少していた自己破産申請者数が増加に転じたことにより金融庁を本腰を入れて調査したことも自主規制を要請するきっかけとなったようです。

銀行各行は厳正な審査などの自主規制案をそれぞれが導入することんになりますが、利用者のとって最も関心があるのは、銀行の自主規制によって審査がどうなっていくのかということにつきます。ただでさえ、銀行カードローンの審査は消費者金融の審査を比べて厳しいと言われていましたから、ますます厳しくなると銀行カードローンは検討できないことになると思っている人もいるでしょう。

しかし、現状でわかっている銀行の自主規制案を見るとわかりますが、ほとんどが総量規制に沿った内容となっていることからかんがえてみても、銀行カードローンの審査が現状よりも格段に厳しくなることはほぼ考えられません。

契約可否をある程度把握するにはどうしたらいいか?

キャッシング契約において一番心配になるのは、契約が出来るかどうかです。申し込んだものの、審査落ちしてしまい、次の契約申込が可能になるまでは約6ヶ月間を要してしまいます。無暗に審査申し込みを繰り返すことで、結果的にはキャッシング契約が可能になる金融機関を自ら減らす原因となってしまいます。

そこで、多くに方が契約可否を簡易的に判断するため、簡易診断を用いると思いますが、これらの簡易審査も各金融機関により異なった特徴を持っています。特に差が表れるものとしては、他社借入件数の条件であり、3社までは審査が通過する可能性があるケースや4社なら可能性があるというように若干の違いがあります。

しかし、これらの判定システムは簡易版でありながら統計的なデータを用いていることがあり、スコアリング審査の中で大きなウエイトを占める部分の他社借り入れ件数と金額による審査が反映されている状況にあります。

そのため、審査の通過率が本当に高いかどうかを判断するためには、数多くの簡易判定システムを用い、審査が通過出来るかどうか確認することもポイントです。全ての簡易審査に於いて契約出来る可能性があると判断されれば、後は与信状況による審査となり個人信用情報に事故情報が無ければ審査通過の可能性が高まります。

一方で、簡易審査でいづれかの金融機関の審査が落ちた場合は、申し込みには要注意であり、他社借入件数を1件でも減らしてから申し込むのが得策です。

審査、追加融資ともに柔軟性があります

5年ほど前に債務整理をした過去があります。一定の収入はありますが、転職して1年未満という状況でした。今回どうしても20万円ほどの現金が必要になり、ダメでもともとと思って、プロミスに新規申し込みをしました。その結果、在籍確認、給与明細書の提出、使用目的の確認後、融資可能とのお返事で大変助かりました。その後、追加融資可能との連絡が先方からあり、他社と比較してもかなり低金利で融資していただけることが判明しました。

できる限り、キャッシングはしない方がいいと思いますが、どうしても困った時には、返済計画をきっちり立てた上で、短期間利用するのも致し方ないとも思っています。また利用する場合には、数社の比較検討をするのは当然のことかと思いますが、あまりにも闇雲に融資申し込みをしてしまうと、自分の信用が下がって、申し込みブラックという状態になる可能性があるとも聞いたことがあります。プロミスは大手なので安心感もありますし、電話とネットだけで申し込み、融資、返済全てが完結します。スタッフの対応も非常に丁寧ですし、キャッシング申し込みを検討されていて、会社選びに迷っている方には、この会社をお勧めできるかな、と思っています。

おまとめローンの審査について考察する

おまとめローンの審査は一般的なキャッシングやカードローンの審査に比べると格段に厳しくなっていると言われています。それぞれの金融機関の審査基準は公開されているわけではありませんから、絶対に厳しいとは断定できませんが前例などを見てみるとやはり厳しくなっていると言わざるを得ません。では、銀行ではなく消費者金融のおまとめローンの審査は銀行よりも厳しくないのかと言えば、それも金利が高い分は緩くても一般的なキャッシングやカードローンと比べてもかなり厳しいと思われます。

おまとめローンの審査が厳しくなる理由はおまとめローンの利用者が多重債務者であることが大きな原因となっています。もちろん、多重債務者であっても十分な返済能力があればどのような審査でも通るでしょう。しかし、多重債務者が多重債務をしなければならなくなった理由を考えてみると金融機関はおまとめローンはリスクの大きい融資と判断します。リスクの大きい融資には厳しい審査をしなければならないのは当然のことと言っていいでしょう。ただし、おまとめローンのメリットは少なくありませんから、審査を受ける前にあきらめる必要もありません。なるべく審査が通りやすい金融機関を選んでおまとめローンを申し込むべきでしょう。

安心できる銀行系カードローン

お金が借りられるのであれば、会社は関係ないと考える方も多いかもしれませんが、金利の優遇やATM手数料の免除といった細かなサービスが得たいということであれば、少しこだわってカードローンの会社を選ぶと良いと思います。

カードローンは沢山の会社がありますから、比較検討することも大変ですから、ある程度数を絞る必要があります。そんなときに基準になるのがよく使う銀行かどうかというポイントです。銀行のほとんどは個人向けのカードローンを展開していますから、自分が利用している銀行のカードローンを利用すると安心できます。

口座を持っているというだけで、本人確認が非常にスムーズになりますし、審査に関してもかなりハイスピードで進むことができます。最短30分程度のカードローンが最近は出ていますが、銀行系のカードローンもこうした早い審査と利用スタートが実現するサービスの一つです。

では、カードローンを利用するときに注意しておくべきことがあるのかというと、やはりお給料の面です。仕事をしていない状態では、銀行系のカードローンはなかなか審査が通りません。たとえ銀行口座を持っていたとしても、審査ではじかれる可能性が高まります。

基本的に何かしらの仕事をするというのが一般的ですから、ほとんどの方は審査に通ると考えても差し支えはないでしょう。銀行系のカードローンは比較的金利が安いという傾向があります。もちろん融資の額には左右されますが、お得に使いたいならカードローンが良いでしょう。

消費者金融の審査は難しくなっている?

昔は消費者金融は金利29.2%というグレーゾーン金利が設定されていましたが、現在では法律の改正などの影響で、利息制限法の上限がきちんと守られています。それでも金利18.0%というのはかなり高めなので借りすぎには注意しておきましょう。

金利が下がったことで、審査は昔よりも厳しくなっているという噂があります。銀行カードローンに比べると難しくはないようですが、多重債務者やブラックリストに載っている人は大手の消費者金融で借りることは難しいでしょう。

消費者金融は、昔と比べて「明るい」、「安心」というふうにイメージが改善されてきていますが、消費者金融を利用するお客もきちんとルールを守って借りることが大切になります。借りすぎには注意して、期日をきちんと守って返済をするようにしておかないと、消費者金融を利用できなくなってしまうかもしれません。

逆に、良好な利用の仕方をしている人は、審査で有利になりますし、限度額が上がったり、有利な金利で借りられたりと、なにかと得をすることになります。

いざというときに頼りになるのが即日融資

消費者金融の即日融資という言葉ぐらいは聴いたことがある人も多いでしょう。

融資の申込みをしたその日に希望の借り入れ額を手にすることができる即日融資は多くの方に利用されています。

その理由は融資のスピード。銀行など消費者金融以外の金融機関の場合には、融資の申込みをしてから一週間程度の審査期間がかかる場合が多いのです。

お金の貸し借りですので審査が厳重になるのは分かるのですが、お金が必要な時はすぐにでも欲しいというのが現実ですよね。

そのような時でも消費者金融の即日融資でしたら、早い時には申込みをして一時間後には現金を手にすることができます。

といっても、融資の審査が他の金融機関よりも甘いとか簡単なのではありません。消費者金融は多くのノウハウの蓄積によって審査スピードを早めているのです。もちろん、借りることができる金額や審査のスピードは個人によって差がありますが、消費者にとって即日融資というシステムはとても便利なのものです。

消費者金融によっても異なりますが、基本的には身分証明書などの本人確認書類だけで足りるというも利用しやすいですね。

今すぐに利用する予定がない人でも、急にお金が必要になるときは誰にでもあるものです。

お金に困ったときに頼りになる強い味方が即日融資だと覚えておいて間違いないでしょう。