マイナーな消費者金融の安全度を見分ける方法

大手消費者金融は正直あまり違いもなく、どこで借りても安心です。アイフル以外はメガバンクの傘下にあるので、よく○○銀行グループなどと書かれています。大手以外の消費者金融は正直どこか胡散臭く感じるものですが、公式サイトの会社概要を見ればある程度は推測できます。

消費者金融を営むには、各地の財務局か都道府県知事の登録を受ける必要があります。また3年ごとに登録の更新が必要です。そこで公式サイトの会社概要を見ると、大阪府知事(4)第12345号などと登録番号が書かれています。重要なのは()内の数字で、この数字が大きいほど安心感があると言えるのです。なぜなら問題ある貸金業者なら登録の更新はできず、番号が1に戻ります。(4)なら10年ほどまともに営業していると推測できるというわけです。

上限を決めれば安全にカードローンを利用できる

高い値段のアイテムが急に欲しくなったときにカードローンを利用すると便利です。また、普段よく使うアイテムがセールをしているときにまとめ買いをするための資金が欲しいときにカードローンを利用する人も多いです。カードローンを利用することに不安を感じている人は上限をしっかり自分で決めるようにすれば安全にカードローンを利用できます。

カードローンは非常に便利なので上限を決めないで利用すると返済できない額を借りてしまうリスクがあります。やはりきちんと自己管理ができる人のみがカードローンを利用した方がいいです。しっかり管理ができる人は複数のカードローンを利用しても問題はないです。私の友人には複数のカードローンを使い分けている人がいますが、お金の管理がしっかりしている人なので利用していてトラブルになったことはないです。