増額申込みの意味は金融業者から見ると異なると知っておきたい

カードローンを契約した時に設定された利用限度額は、必ずしも望んでいた金額と一致しているとは限りません。出来ることなら限度額アップしたいと考えている人も多いでしょう。利用規約を確認すれば、多くのカードローンで増額申込みが出来る基準が明記されています。しかし、増額申込みという言葉に惑わされてしまい、本来の意味は異なる点に気がついていない人も少なくありません。銀行カードローンを契約中に増額申込みを行なう時には、文字通り増額申込み申請となります。実際には銀行からの増額案内が無ければ、利用限度額がアップする可能性は低いものの、利用規約を満たしていれば審査対象となるはずです。

しかし、消費者金融については増額申込みでは無い点に注意が必要です。増額申込みの案内を行っている部署は、審査部署とは無関係に再審査申込みを募る窓口となっています。消費者金融に対して増額申込みを行なうと、新規加入時に準じた審査が行われて改めて利用限度額が設定されます。今までの利用限度額とは無関係に新たに審査した結果が反映されるので、増額申込みを行なったつもりが実際には減額されてしまい、カードローンが利用停止となることさえあるわけです。あくまでも再審査という点に注意が必要です。