新生銀行カードローンレイクは消費者金融のつもりでお金を借りた方がいい3つの理由

新生銀行カードローンレイクは銀行カードローンに分類されていますが、消費者金融のつもりでお金を借りた方がいいと言われています。そこでなぜ新生銀行カードローンレイクは消費者金融のつもりでお金を借りた方がいいのか理由を挙げていく事にしましょう。

・即日融資に対応している

銀行カードローンは審査が厳しめで回答されるまでに時間がかかる事が多いので即日融資を受ける事が基本的に難しいです。しかし新生銀行カードローンは審査が最短30分で回答されるので消費者金融のように即日融資を受ける事が出来ます。

・上限金利が高く設定されている

銀行カードローンは上限金利が14~15%で設定されている事が多いですが、新生銀行カードローンレイクは上限金利が18%で設定されています。消費者金融と同じ設定になっているのも理由として挙げられます。

・無利息サービスがある

消費者金融のアコムやプロミスは上限金利が高く設定されているので無利息サービスを提供しています。しかし新生銀行カードローンレイクも無利息サービスを提供していてしかも30日間無利息と180日間5万円分無利息の2種類のプランがあります。無利息サービスがあるのは消費者金融の特徴でもあるので理由として挙げられます。

レイクでキャッシング利用

キャッシングをしたことがないとお金を消費者金融から借りることに不安や抵抗を感じる方がいますが、誰でも簡単で手軽に利用できるようサービスが充実しています。

特にレイクでのキャッシングはスマホやPCから場所や時間を気にせずいつでも申込みでき、本人確認書類もアプリやメールで送れてしまうので来店する必要が全くありません。平日であれば14時までに必要な手続きが完了していれば指定口座に即日振込みしてくれますので、急にお金が必要になった方でも安心です。

またご自宅にカードなどキャッシングを申込んだ証拠が送られてきてしまうことを避けたい場合には、カードレスを選択することも出来ますので個人の事情に合わせて融通が利きます。返済方法も従来通りの口座引き落としや振込みはもちろん、インターネットバンキングを利用したWEB返済にも対応しています。

キャッシングを利用しても月々計画的にお金を返済しかなければなりませんが、レイクでは計画的に返済できるように30日間無利息だったり、5万円まで180日間無利息といった無利息ローンを展開しています。すぐに返済する予定でしたら借りた分だけ返済すれば済んでしまいますし、月々の返済する場合でも無利息ローンを適用した場合だと返済総額に差が出ますので他社ではなくレイクを選ぶメリットとなっています。

レイクの長所と短所を徹底分析

キャッシングには主に銀行系と消費者金融系の2種類が存在する点が特徴です。両者は審査の厳しさや金利面での優位性において一長一短ですが、中でも銀行系の審査日数を始めとするサービス面の課題、そして消費者金融系の持つ総量規制という融資上の制限は、これから申し込みをしようという資金需要者にとって大きな制約であったと言う他ありません。

この両者の欠点を埋めた金融機関として注目を集めている企業が、今回紹介するレイクです。レイクは新生銀行が提供するれっきとした銀行系キャッシングですが、消費者金融同様に即日融資に対応しているキャッシングサービスでもあります。他の多くの銀行系キャッシングと違って、お急ぎ融資専用ダイヤルも用意しており、その審査スピードの早さは他の大手消費者金融と比べても何の遜色もありません。もちろん、段落冒頭に挙げた通りレイクは銀行系キャッシングですから貸金業法の範囲外の存在として、総量規制の影響を受けない点も魅力のひとつとなっています。

また、これらの他にも銀行と消費者金融の両者の長所を併せ持っています。その一例として、レイクでは初回契約者を対象に30日全額と180日5万円分の金利を無料にするというサービスを展開していますし、返済等もアプリケーションを利用する事で24時間柔軟に行う事が可能です。もちろん、銀行系キャッシングという安心感もレイクの外せない魅力の一つとなっています。

そんな数多くの魅力を持つレイクですが、残念ながら金利は18.0%と高めに設定されており、未だいくつかの課題として存在しています。ですが、審査スピードと安心感、そして総量規制対象外という魅力を持つキャッシングはレイクしかありません。痒いところに手が届く、そんな存在がレイクだと言えます。