カードローンとフリーローンは使い分けが大切です

カードローンを扱っている金融業者には、銀行だけでなく信販会社や消費者金融もあります。共通の特徴として、審査により決定した利用限度額の範囲内で繰り返し借入と返済が可能という点が挙げられるでしょう。

一方、カードローンよりも低金利で借入が出来るフリーローンは、銀行で取扱されていることが多く、証書貸付とも言われています。一度審査を行なった金額について、審査可決したらすぐに振込融資が行われます。一度貸付を行なった後の追加借入は出来ず、ひたすら完済を目指すことになるわけです。

一見すると似たローン契約に見えるカードローンとフリーローンですが、追加借入が可能なカードローンと、原則追加借入が出来ないフリーローンでは大きな差が出るわけです。カードローンの中には、カードレスタイプというスマートフォンやインターネット環境を利用した振込融資も登場しており、既にカードローンでありながら専用ローンカードの発行すら不要となっている状況に驚く人もいるでしょう。

カードローンは、必要な時に必要な金額のみを借入出来るので、実際に借入を行なった分に対して利息がかかることになります。金利は利息制限法の範囲内と決められているので、正規の金融業者ならば、法定金利内の貸付が守られています。