新生銀行カードローンレイクの無利息サービスのプランを選ぶ時のポイント

新生銀行カードローンレイクは30日間無利息と180日間5万円分無利息の2種類のプランが用意されていて初めて利用する時にどちらかを選択する事が出来ます。それでサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来るので返済総額が少なくなります。しかし実際に無利息サービスが適用される時にどちらのプランを選べばいいのか分からない人も少なくないでしょう。そこで無利息サービスのプランを選ぶ時にポイントになる点を確認していきましょう。

・少額の借り入れだと180日間5万円分無利息がお得

新生銀行カードローンレイクを初めて利用する時に人によって借入金額が異なりますが、5万円以下の場合は180日間5万円分無利息を選ぶと半年間無利息でお金を借りる事が出来ます。また5万円以上になっても少額の借り入れの場合は180日間5万円分無利息がお得になります。しかし審査で限度額が200万円以上に設定されてしまうと適用外になってしまいます。

・多額の借り入れだと30日間無利息がお得

30日間無利息を選ぶと金額に関わらず30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。それにより一度に多めに返済してしまえば加算される利息を大幅に減らす事も可能です。多額の借り入れをする時は30日間無利息を選ぶといいでしょう。

カードローンによるカードの取扱の違いに注意しましょう

カードローンと言えば、契約をした後に発行されるキャッシングカードを利用してATMからお金の借り入れや返済を行う仕組みのキャッシングだと考えている人が多いでしょう。特に一度も利用したことがない人はそれ以外の何物でもないと思っていても当たり前ですが、実はカードローンの中にはキャッシングは行えても返済できないケースもあるので注意が必要になります。

要はカードでATMから借り入れはできても、返済は予め登録しておいた銀行口座からの引き落としでしか行えないような場合があるのです。大手のキャッシングを利用すればそのようなことはありませんが、それほど名前を知られていないカードローンではそのような仕組みになっていることも少なくないので、金利などの他の条件面だけで判断をせず、このカードの取扱については必ず先に調べておいた方がいいでしょう。

また、同様にATMから借り入れは行えても、返済はキャッシング会社の銀行口座への振込になることもあります。このケースでは口座からの引き落としより返済が面倒になるかも知れません。そのままカードを使って借り入れと同様にATMから返済ができるカードローンが一番利便性が高いのは言うまでもありません。

このように、キャッシングカードの発行を受けるカードローン同士でも、借り入れ時はともかく、返済についてはまちまちなのです。カードローンならATMから借り入れも返済もできるのが当たり前だと考えてはいけません。返済については必ずどのような方法で行うのかを先に調べて、それに納得をしてから申込みを行いましょう。

増額申込みの意味は金融業者から見ると異なると知っておきたい

カードローンを契約した時に設定された利用限度額は、必ずしも望んでいた金額と一致しているとは限りません。出来ることなら限度額アップしたいと考えている人も多いでしょう。利用規約を確認すれば、多くのカードローンで増額申込みが出来る基準が明記されています。しかし、増額申込みという言葉に惑わされてしまい、本来の意味は異なる点に気がついていない人も少なくありません。銀行カードローンを契約中に増額申込みを行なう時には、文字通り増額申込み申請となります。実際には銀行からの増額案内が無ければ、利用限度額がアップする可能性は低いものの、利用規約を満たしていれば審査対象となるはずです。

しかし、消費者金融については増額申込みでは無い点に注意が必要です。増額申込みの案内を行っている部署は、審査部署とは無関係に再審査申込みを募る窓口となっています。消費者金融に対して増額申込みを行なうと、新規加入時に準じた審査が行われて改めて利用限度額が設定されます。今までの利用限度額とは無関係に新たに審査した結果が反映されるので、増額申込みを行なったつもりが実際には減額されてしまい、カードローンが利用停止となることさえあるわけです。あくまでも再審査という点に注意が必要です。

カードローンとフリーローンは使い分けが大切です

カードローンを扱っている金融業者には、銀行だけでなく信販会社や消費者金融もあります。共通の特徴として、審査により決定した利用限度額の範囲内で繰り返し借入と返済が可能という点が挙げられるでしょう。

一方、カードローンよりも低金利で借入が出来るフリーローンは、銀行で取扱されていることが多く、証書貸付とも言われています。一度審査を行なった金額について、審査可決したらすぐに振込融資が行われます。一度貸付を行なった後の追加借入は出来ず、ひたすら完済を目指すことになるわけです。

一見すると似たローン契約に見えるカードローンとフリーローンですが、追加借入が可能なカードローンと、原則追加借入が出来ないフリーローンでは大きな差が出るわけです。カードローンの中には、カードレスタイプというスマートフォンやインターネット環境を利用した振込融資も登場しており、既にカードローンでありながら専用ローンカードの発行すら不要となっている状況に驚く人もいるでしょう。

カードローンは、必要な時に必要な金額のみを借入出来るので、実際に借入を行なった分に対して利息がかかることになります。金利は利息制限法の範囲内と決められているので、正規の金融業者ならば、法定金利内の貸付が守られています。

使い道の自由度でよく選ばれるカードローン

金融会社が提供する融資商品も、様々なタイプがあります。教育限定商品やフリータイプなど、それこそ多彩なのです。

ところでは、カードローンというタイプを選ぶ方々は多いです。なぜなら、それは自由度に大きなメリットがあるからです。

上記で触れた教育ローンなどは、使い道が大きく限定される事だけは間違いありません。少なくとも予備校や大学など、学費に限定されてしまう訳です。自由度に関する低さから、やや窮屈だと感じてしまうケースもある訳です。

ところがカードローンという商品には、使い道に関する限定性が特にありません。事業資金などは少し難しい事はありますが、基本的に本人の希望する用途で使う事ができます。

やはり借りる以上は、自由度が高いに越した事は無いでしょう。色々と柔軟に対応できれば、とても便利な事は間違いありません。それゆえに借りる事を望む人々は、銀行が取り扱う数ある商品の中からカードローンを選ぶケースも大変多い訳です。

カードローンを利用することについて

結婚をして子供がいる家庭にとって、教育資金は必ず必要になってきます。また結婚を機に住宅を購入するケースも多く、30代から50代では人生の中で一番お金が必要であるとされています。そのためのお金を備えることができる家庭は問題ありませんが、現在の日本の経済状況ではそれが不可能な家庭も少なくありません。

そのような際に便利なのがカードローンです。カードローンは銀行や消費者金融、そして信販会社から融資を受けることができます。それぞれのカードローンの違いとしてはそれほど差はありませんが、消費者金融では年収の3分の1までの借り入れとなります。

金利に関しては銀行の方が若干低めに設定されていることが多いので、50万以上借り入れる場合は銀行でカードローンを申し込みをした方が経済的です。カードローンやキャッシングに関してはマイナスのイメージを持っている方もいますが、自分が返済できる金額を計算して借り入れをし計画的に返済していけば心配することはありません。もし余裕がある時には繰り上げ返済をしていくことで利息分の支払いを減らすこともできます。

カードローンは利用者も増加しており、困った時の強い味方になるので所有しておくと安心できます。

無利息期間はかなり得した気分でした。

カードローン利用時に、初回で条件を満たせば無利息期間が付くというのをネットで知りました。

もちろん全てのところでそうではないのですが、そういったサービスがあるところは多いみたいです。

私は今まで地元の銀行のカードローンを何回か利用していたのですが、無利息期間があるならと今回は消費者金融系のカードローンを利用してみることにしました。

それでちょっと調べてみたのですが、通常は30日間無利息というのが多かったです。

しかし、小額なら180日間無利息というところもありました。

驚きです。

具体的には5万円以内なら180日間無利息ということでした。

会社名はレイクです。

有名な会社ですね。

私が借りたい金額が丁度そのくらいで、5万円までは必要ないということで即申し込みました。

申し込み方法は何種類かありましたが、私はパソコンを使っての申し込みにしました。

審査結果のメールはけっこう早く、1時間はかかっていない(平日の昼くらいの申し込みです)と思います。

驚いたのはその後カード無しで口座に振り込まれたことです。

カードが届くまで融資はしてもらえないと思ったのですが、カード無しで即振込みでした。

カードは後日郵送で届きました。

借りた金額が小額ということで現在すでに完済しています。

利息無しでお金を借りれるなんて、かなり得した気分でした。

小額で、180日以内に完済できるという人は、利用しない手はないと思います。

お勧めです。

持ってて安心なローンカード

お金が入用になるケースは突然やってくるものです、ですからキャッシングにはスピーディーに借りることができることが優先される場合が多いでしょう、即日融資可能な金融業者などはたくさんあります、その中でもいまだに悪質な業者もありますので、業者選びには時間をかけたいものです、とはいっても突然お金が必要になった場合はそんなに悠長に業者を選択している時間もないでしょう、そんな時のためにあたりを付けておくといざという時に慌てずに済みます。

インターネットのサイトなどには即日キャッシングが可能な優良業者さんをランキング形式で紹介しているところも多くありますので、そういったサイトを利用して優良な会社さんを選んでおくといいでしょう。

とはいってもいくら即日融資可能とはいっても時間によってはその日に間に合わないケースもあります、午後2時くらいまでなら間に合うといったように時間に制限されていると、いくら即日融資可能といっても間に合わない場合が考えられます、そんなことにならないためにおすすめなのがローンカードです、ローンカードはキャッシングするためのカードですが、使わなければ特に借金が増えることはありませんので、いざという時のために1枚財布にしのばせておけばいざという時に慌てなくて済むというわけです。

多くの消費者金融も大手の場合は最近は銀行配下のグループになっています、そういった意味から大手の消費者金融業者であればほぼ間違いなく安心してキャッシングを利用することができます。

利息などはほぼ業者間で差はありませんので、選ぶ基準としてはその他の付加価値になります、利息が何日か無利息で借りられたりするサービスなどを展開している消費者金融会社も多々ありますので、そういったお得に利用できるところを選ぶと借りる期間によっては無利息で借りることも可能です。

コンビニのATMなどで手軽に借りられるキャッシングですが、あくまでも借金であることを忘れずに計画的に利用しましょう。