キャッシングを学生が利用しても借りる事ができるか?

キャッシングを初めて利用しようと思っている人の多くはキャッシングの申し込みをして自分が借り入れの審査に通るのかというのがあります。

その中でも特に審査に通るかどうか分からないと思っているのが学生の人です。

なぜなら、キャッシングの審査に通る人のイメージが定職に就いている人でないと

いけないというのがあるからです。

ですから、なんとなく学生がキャッシングを利用できないようなイメージがあります。

では、実際にキャッシングを利用しようと思った時に学生は利用したくても利用できないかとうと必ずしもそうとは限らないです。

では、どういう人が学生でもキャッシングを利用できるかというと、

それは毎月バイトをしていて一定の収入がある人ならキャッシングを利用してお金を借りれます。

もちろん、すべての人がそれで審査に通るとは限らないです。ですが、学生でもキャッシングの借り入れの審査に通る事があるとすればそれは毎月一定以上の収入がある人というのが最低条件になります。

それが学生がキャッシングを利用するために必要な最低条件になります。

なぜなら、キャッシング会社がお金を貸すには返済能力があるのが条件になってくるからです。

ですから、学生でキャッシングを利用しようと思った時は毎月バイト等で収入がないとダメです。

低金利が魅力の京都銀行カードローンW

お金を借りる時なるべく早く借りるか、なるべく低い金利で借りるかによって申し込む金融機関が異なります。例えばお金を用意するのは1週間後などと余裕があるなら、なるべく低い金利で借りられる銀行カードローンがオススメです。特に低金利でオススメなのが、京都銀行カードローンW(ワイド)です。

さて京都銀行カードローンの申し込み条件は、国内在住の満20歳以上60歳未満で、安定した継続収入があることです。ただし50万円以上の申し込みには、勤続年数1年以上の給与所得者(正社員)のみという制限があります。

京都銀行カードローンのWの基本スペックは、借り入れ限度額が30万・50万円・100万円・300万円・500万円の5コースで、金利は年3.975~11. 975%です。申し込みはインターネットでできますが、仮審査通過後に当行口座がなければ店舗窓口で口座開設の上契約を行う必要があるのです。口座をお持ちなら、郵送で契約書を返送します。なおいずれも100万円以上の申し込みなら、所得証明書の提出が必要です。その後ローンカードが郵送されて来て次第利用開始となります。つまり契約書やローンカードは郵送されて来るので、申し込みから利用開始まで10日ほどかかるのです。しかし年11.975%と金利は消費者金融より6%、一般的な銀行カードローンよりも3%ほど低いので、お急ぎでなければメリットが大きいです。

カードローンとフリーローンは使い分けが大切です

カードローンを扱っている金融業者には、銀行だけでなく信販会社や消費者金融もあります。共通の特徴として、審査により決定した利用限度額の範囲内で繰り返し借入と返済が可能という点が挙げられるでしょう。

一方、カードローンよりも低金利で借入が出来るフリーローンは、銀行で取扱されていることが多く、証書貸付とも言われています。一度審査を行なった金額について、審査可決したらすぐに振込融資が行われます。一度貸付を行なった後の追加借入は出来ず、ひたすら完済を目指すことになるわけです。

一見すると似たローン契約に見えるカードローンとフリーローンですが、追加借入が可能なカードローンと、原則追加借入が出来ないフリーローンでは大きな差が出るわけです。カードローンの中には、カードレスタイプというスマートフォンやインターネット環境を利用した振込融資も登場しており、既にカードローンでありながら専用ローンカードの発行すら不要となっている状況に驚く人もいるでしょう。

カードローンは、必要な時に必要な金額のみを借入出来るので、実際に借入を行なった分に対して利息がかかることになります。金利は利息制限法の範囲内と決められているので、正規の金融業者ならば、法定金利内の貸付が守られています。

銀行カードローンの自主規制で審査は厳しくなるか

銀行カードローンの過剰融資問題が大きく取り上げられたことで、全国銀行協会が各銀行の自主規制を要請しました。2010年の改正貸金業法から銀行カードローンは年々融資額を増加させ2016年には2010年と比べると1.5倍以上に融資額が膨らんでいったということですから、やはり異常な増加を言わざるを得ないでしょう。

それだけではなく、年々減少していた自己破産申請者数が増加に転じたことにより金融庁を本腰を入れて調査したことも自主規制を要請するきっかけとなったようです。

銀行各行は厳正な審査などの自主規制案をそれぞれが導入することんになりますが、利用者のとって最も関心があるのは、銀行の自主規制によって審査がどうなっていくのかということにつきます。ただでさえ、銀行カードローンの審査は消費者金融の審査を比べて厳しいと言われていましたから、ますます厳しくなると銀行カードローンは検討できないことになると思っている人もいるでしょう。

しかし、現状でわかっている銀行の自主規制案を見るとわかりますが、ほとんどが総量規制に沿った内容となっていることからかんがえてみても、銀行カードローンの審査が現状よりも格段に厳しくなることはほぼ考えられません。

契約可否をある程度把握するにはどうしたらいいか?

キャッシング契約において一番心配になるのは、契約が出来るかどうかです。申し込んだものの、審査落ちしてしまい、次の契約申込が可能になるまでは約6ヶ月間を要してしまいます。無暗に審査申し込みを繰り返すことで、結果的にはキャッシング契約が可能になる金融機関を自ら減らす原因となってしまいます。

そこで、多くに方が契約可否を簡易的に判断するため、簡易診断を用いると思いますが、これらの簡易審査も各金融機関により異なった特徴を持っています。特に差が表れるものとしては、他社借入件数の条件であり、3社までは審査が通過する可能性があるケースや4社なら可能性があるというように若干の違いがあります。

しかし、これらの判定システムは簡易版でありながら統計的なデータを用いていることがあり、スコアリング審査の中で大きなウエイトを占める部分の他社借り入れ件数と金額による審査が反映されている状況にあります。

そのため、審査の通過率が本当に高いかどうかを判断するためには、数多くの簡易判定システムを用い、審査が通過出来るかどうか確認することもポイントです。全ての簡易審査に於いて契約出来る可能性があると判断されれば、後は与信状況による審査となり個人信用情報に事故情報が無ければ審査通過の可能性が高まります。

一方で、簡易審査でいづれかの金融機関の審査が落ちた場合は、申し込みには要注意であり、他社借入件数を1件でも減らしてから申し込むのが得策です。

中小消費者金融の場合、契約書類の提出前に融資が受けられるところもある!

キャッシング契約は、今ではインターネットで簡単に申し込みができ、金融機関によっては契約手続きまでインターネット上で済ますことが出来ます。しかし、全体的に見ればWEB完結サービスに対応している会社は少なく、正式な契約手続きは郵送対応といったケースが一般的です。このような場合、どうしても融資までに時間が掛かってしまい、急いでいる場合には現金の調達が間に合わないといった問題に繋がります。

しかし、中小消費者金融のキャッシング契約では、審査完了後、指定銀行口座への融資対応を行っている会社もあり、申込日当日に現金を得ることが出来ます。契約手続きは、後日郵送される契約書に必要事項を記載し、返送するだけであり融資を急いでいる場合は時間短縮になります。

このような契約手続きに対応しているキャッシングの場合、商品概要に『証書貸付』と記載されていることが多く、より融資までの時間を短縮したいときに注目するポイントとなります。借り入れ出来る金額は少額に限定されてしまうものの、一時的な繋ぎとして利用する場合、魅力的なキャッシングサービスとなっています。

キャッシング契約を検討する際は、インターネット上で全て手続きが完了することやメールで必要書類が提出出来ることだけでなく、後日契約書類の提出に対応しているかしっかりとチャックするのがおすすめです。

審査、追加融資ともに柔軟性があります

5年ほど前に債務整理をした過去があります。一定の収入はありますが、転職して1年未満という状況でした。今回どうしても20万円ほどの現金が必要になり、ダメでもともとと思って、プロミスに新規申し込みをしました。その結果、在籍確認、給与明細書の提出、使用目的の確認後、融資可能とのお返事で大変助かりました。その後、追加融資可能との連絡が先方からあり、他社と比較してもかなり低金利で融資していただけることが判明しました。

できる限り、キャッシングはしない方がいいと思いますが、どうしても困った時には、返済計画をきっちり立てた上で、短期間利用するのも致し方ないとも思っています。また利用する場合には、数社の比較検討をするのは当然のことかと思いますが、あまりにも闇雲に融資申し込みをしてしまうと、自分の信用が下がって、申し込みブラックという状態になる可能性があるとも聞いたことがあります。プロミスは大手なので安心感もありますし、電話とネットだけで申し込み、融資、返済全てが完結します。スタッフの対応も非常に丁寧ですし、キャッシング申し込みを検討されていて、会社選びに迷っている方には、この会社をお勧めできるかな、と思っています。

おまとめローンの審査について考察する

おまとめローンの審査は一般的なキャッシングやカードローンの審査に比べると格段に厳しくなっていると言われています。それぞれの金融機関の審査基準は公開されているわけではありませんから、絶対に厳しいとは断定できませんが前例などを見てみるとやはり厳しくなっていると言わざるを得ません。では、銀行ではなく消費者金融のおまとめローンの審査は銀行よりも厳しくないのかと言えば、それも金利が高い分は緩くても一般的なキャッシングやカードローンと比べてもかなり厳しいと思われます。

おまとめローンの審査が厳しくなる理由はおまとめローンの利用者が多重債務者であることが大きな原因となっています。もちろん、多重債務者であっても十分な返済能力があればどのような審査でも通るでしょう。しかし、多重債務者が多重債務をしなければならなくなった理由を考えてみると金融機関はおまとめローンはリスクの大きい融資と判断します。リスクの大きい融資には厳しい審査をしなければならないのは当然のことと言っていいでしょう。ただし、おまとめローンのメリットは少なくありませんから、審査を受ける前にあきらめる必要もありません。なるべく審査が通りやすい金融機関を選んでおまとめローンを申し込むべきでしょう。

使い道の自由度でよく選ばれるカードローン

金融会社が提供する融資商品も、様々なタイプがあります。教育限定商品やフリータイプなど、それこそ多彩なのです。

ところでは、カードローンというタイプを選ぶ方々は多いです。なぜなら、それは自由度に大きなメリットがあるからです。

上記で触れた教育ローンなどは、使い道が大きく限定される事だけは間違いありません。少なくとも予備校や大学など、学費に限定されてしまう訳です。自由度に関する低さから、やや窮屈だと感じてしまうケースもある訳です。

ところがカードローンという商品には、使い道に関する限定性が特にありません。事業資金などは少し難しい事はありますが、基本的に本人の希望する用途で使う事ができます。

やはり借りる以上は、自由度が高いに越した事は無いでしょう。色々と柔軟に対応できれば、とても便利な事は間違いありません。それゆえに借りる事を望む人々は、銀行が取り扱う数ある商品の中からカードローンを選ぶケースも大変多い訳です。

キャッシング業者の比較ポイントとしては

キャッシング業者というのは物凄くたくさんあります。どこがよいのか、ということは色々と比較してから決める必要があるでしょう。比較する要素は色々とあるのですが、まずはどうしてもそもそも自分にお金を貸してくれるのか、ということから判断しないといけないでしょう。キャッシング業者は総量規制というのが引っ掛かることになります。

つまりは、年収の三分の一を超えてしまう貸付を禁止していることであり、どうしても貸したいが貸せない人が存在してしまうわけです。そうしたことがありますから、まずは本当に貸してくれるのかどうかから比較したほうがよいでしょう。総量規制内であろうとも貸すかどうか、というのは業者次第になりますから比較的審査が甘いところから厳しいところまで色々とあるので比較するべきなのです。

しかし、別に自分のところは甘いとか厳しいなどといったことを言わないようになっています。そうしたことは言えないように法律で規制されているからです。