知人や友人、職業的に銀行員と関わっているとカードローンは気まずい?

銀行カードローンやフリーローン、銀行が扱うクレジットカードなどは時として勧誘を受けることがあります。
銀行も利益がなければ、経営難に陥るだけでなく、預金者に対して利息の支払も出来なくなります。
社会生活を送る上で、銀行員と関わる人もいます。知人や友人が銀行員であったり、勤務先で経理部門に所属している場合では普通の人より勧誘の可能性はあります。
ですが、カードローンやクレジットカードなど審査を受けるものは、審査での優遇があるわけでなく、審査落ちの場合は気まずい雰囲気になってしまいます。

特にリスクの高いこととしては、友人や知人が融資担当の場合、金融事故や債務整理がバレるリスクを伴います。
また、金融事故が無くとも、消費者金融から借り入れしていることも知られる可能性があるため、日常的に関わる人から勧誘を避ける必要があります。
安易に付き合いでカードローンやフリーローンなどといった金融商材の契約申込は、審査落ち以上に人間関係の悪化を招くため、おすすめは出来ません。
銀行カードローンを申し込む場合、どうしても知人や友人に知られたくなければ、関係の無い銀行を利用するのがポイントです。

勧誘を受けたのに、契約できない気まずさは誰もが不快に感じてしまいます。

キャッシングの限度額アップは信用情報を改善してから

キャッシングの契約を優先する際には、希望借入額を少なくして申込むことになるでしょう。
契約が出来た後は、暫くそのままの利用限度額が使い続けていたとしても、いずれもっと借入を必要とする機会が来ます。
増額申込みを無闇に行っても否決されるだけですから、個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行って、初回審査時よりも信用情報がいかに改善しているか確認した上でキャッシングの利用限度額アップを金融業者に求める必要があります。

増額申込みを行なうことは、利用規約に記載されている手順で条件を満たしていれば可能です。
しかし、金融業者にしてみれば、増額申込みではなく再度審査をやり直すという意味合いにすぎません。
個人信用情報機関へ信用情報照会を再度行い、新規契約時に準じた審査を行った結果として、増額した利用限度額が設定されれば良いですが、必ずしも増額されるとは限らないわけです。
消費者金融に対して増額申込みをする際には、信用情報が改善されていることを確認した上で行なうと良いでしょう。

一方、銀行カードローンについては、銀行側から増額インビテーションが届かない限りは、増額申込みを行わないことが得策とされています。
なぜなら、保証会社による審査に通りにくいからです。

銀行カードローンが増え続けた理由とは

2010年に改正貸金業法が完全施行されてから、銀行カードローンの融資残高は増加の一途をたどってきました。総量規制導入から消費者金融の融資残高の減少に反比例した状況と表現してもいいでしょう。

このように表現すると、銀行が一方的な勝ち組で消費者金融は負け組という構図が思い浮かびますが、実は必ずしもそうではありません。それは、銀行には個人融資のノウハウがなく、それらを銀行傘下の消費者金融系保証会社に肩代わりさせていたからです。

このことは銀行にとっても消費者金融にとっても悪いことではありません。消費者金融にとっては手数料を稼ぐことが出来ますし、銀行のとっては貸し倒れでも保証会社からの保証を受けることで損をしないからです。つまり、銀行カードローンの融資残高が増え続けることは消費者金融も銀行もウィンウィンな構造になっていたということです。

これらのウィンウィンの関係を保持させているのが、銀行カードローンの高い金利です。銀行の融資業務としては銀行カードローンはダントツで高い金利を得ることができます。これによって消費者金融系保証会社に手数料を支払っても大丈夫という構図が浮かび上がります。

自己破産申請が増えて初めて、社会問題になり始めたのです。

アルバイトでもキャッシング審査に通るのか?

学生やフリーターの方で、急なお金が必要になった際はキャッシングに頼るかと思います。

しかしアルバイトでしか収入がないのであれば、審査に通るのか不安になりますよね。

ですので、アルバイトをしている方がキャッシングを行うことが可能なのかを見ていきたいと思います。

まず、基本的にはアルバイトの方であっても審査は通ります。

なぜなら審査の通過基準は高収入であるかどうかでなく、安定した収入があるかどうかなのです。

ですから、真面目にアルバイトをしていれば心配はいらないでしょう。

しかしアルバイトを始めたばかりの方でしたら、安定した収入はまだ見込めていないですよね。

そのような場合は在籍確認が取れるかが重要になってきます。

在籍確認というのは、キャッシング業者が申込者の職場に連絡をとり、本当に働いているか確認する作業のことです。

この作業は審査を受けるにあたってとても重要なことなのです。

ですので、在籍確認をクリアできれば審査に受かる確立に大幅にアップすると言えますね。

アルバイトを始めたばかりで一定の収入がなくても、在籍確認によって審査に通れるという事になりますね。

以上のように、アルバイトをしている方であっても、キャッシング審査を通るには何ら問題ないと言えるでしょう。

増額申込みの意味は金融業者から見ると異なると知っておきたい

カードローンを契約した時に設定された利用限度額は、必ずしも望んでいた金額と一致しているとは限りません。出来ることなら限度額アップしたいと考えている人も多いでしょう。利用規約を確認すれば、多くのカードローンで増額申込みが出来る基準が明記されています。しかし、増額申込みという言葉に惑わされてしまい、本来の意味は異なる点に気がついていない人も少なくありません。銀行カードローンを契約中に増額申込みを行なう時には、文字通り増額申込み申請となります。実際には銀行からの増額案内が無ければ、利用限度額がアップする可能性は低いものの、利用規約を満たしていれば審査対象となるはずです。

しかし、消費者金融については増額申込みでは無い点に注意が必要です。増額申込みの案内を行っている部署は、審査部署とは無関係に再審査申込みを募る窓口となっています。消費者金融に対して増額申込みを行なうと、新規加入時に準じた審査が行われて改めて利用限度額が設定されます。今までの利用限度額とは無関係に新たに審査した結果が反映されるので、増額申込みを行なったつもりが実際には減額されてしまい、カードローンが利用停止となることさえあるわけです。あくまでも再審査という点に注意が必要です。

簡易審査と借入診断は別モノ!簡易審査のメリットはあまりない!

銀行カードローンやフリーローン、消費者金融のカードローンを申し込む際、『簡易審査』と通常審査に分かれているケースがあります。簡易審査と聞くと、お試し審査と思いがちですが、借入診断とは別モノになっています。借入診断の場合、生年月日や年収、他社借入件数や金額といった極限られた情報だけで、契約可否を判定するものになっています。一方、簡易審査は氏名や住所、勤務先情報といった通常審査と同じ情報を記載するものとなっており、契約審査の一部となっています。簡易だから大した審査ではないと考えてしまいますが、個人信用情報の照会もしっかりと行われ、照会記録も残ってしまいます。つまり、審査落ちしてしまうと次回申し込みまで最低6ヶ月最大1年ほどの期間を空ける必要があります。

ですが、簡易審査のデメリットは、あくまで審査の一部であり、正式な審査を受けるため、別途手続きが必要ということにあります。結果、審査から契約手続きまでに掛かる時間が、通常の審査よりも長くなるため、借り入れを急いでいる場合には向かないものとなっています。そのため、簡易審査を受けること自体は、非常にメリットが少なく、デメリットの方が目立ってしまいます。また、最近では簡易審査と借入診断を混同してしまうケースも多く、申し込み手続き時点での問題となっています。そこで、申し込みを行う際は、簡易審査では無く、仮審査であるかどうか確認することがポイントです。仮審査の場合、審査の一部ではあるものの、個人信用情報の照会が行われないものもあり、審査落ちした場合のデメリットを最小限にすることが可能です。先ずは、申し込み前に手続きの流れを熟読することをおすすめします。

モビットのメリットは審査スピードの早さとWeb完結で申し込める事

消費者金融のモビットは金利が高くて無利息期間のサービスをないのでアコムやプロミスに比べてサービス面で劣ってる印象があります。
しかしモビットは審査スピードが早いというメリットがあるので融資スピードも優れているのが特徴でもあります。
モビットの審査は最短30分と言われていますが、場合によっては30分以内で終了するというケースもあるようです。
そのため申し込んでから1時間ぐらいで融資を受ける事が出来る可能性もあります。

モビットはホームページからWeb完結で申し込む事が出来るのも特徴です。
ホームページからWeb完結で申し込めればパソコンやスマートフォンだけで手続きが出来てしまうのですごく便利でしかも他の人に内緒でキャッシングする事が出来ます。

キャッシングを学生が利用しても借りる事ができるか?

キャッシングを初めて利用しようと思っている人の多くはキャッシングの申し込みをして自分が借り入れの審査に通るのかというのがあります。

その中でも特に審査に通るかどうか分からないと思っているのが学生の人です。

なぜなら、キャッシングの審査に通る人のイメージが定職に就いている人でないと

いけないというのがあるからです。

ですから、なんとなく学生がキャッシングを利用できないようなイメージがあります。

では、実際にキャッシングを利用しようと思った時に学生は利用したくても利用できないかとうと必ずしもそうとは限らないです。

では、どういう人が学生でもキャッシングを利用できるかというと、

それは毎月バイトをしていて一定の収入がある人ならキャッシングを利用してお金を借りれます。

もちろん、すべての人がそれで審査に通るとは限らないです。ですが、学生でもキャッシングの借り入れの審査に通る事があるとすればそれは毎月一定以上の収入がある人というのが最低条件になります。

それが学生がキャッシングを利用するために必要な最低条件になります。

なぜなら、キャッシング会社がお金を貸すには返済能力があるのが条件になってくるからです。

ですから、学生でキャッシングを利用しようと思った時は毎月バイト等で収入がないとダメです。

低金利が魅力の京都銀行カードローンW

お金を借りる時なるべく早く借りるか、なるべく低い金利で借りるかによって申し込む金融機関が異なります。例えばお金を用意するのは1週間後などと余裕があるなら、なるべく低い金利で借りられる銀行カードローンがオススメです。特に低金利でオススメなのが、京都銀行カードローンW(ワイド)です。

さて京都銀行カードローンの申し込み条件は、国内在住の満20歳以上60歳未満で、安定した継続収入があることです。ただし50万円以上の申し込みには、勤続年数1年以上の給与所得者(正社員)のみという制限があります。

京都銀行カードローンのWの基本スペックは、借り入れ限度額が30万・50万円・100万円・300万円・500万円の5コースで、金利は年3.975~11. 975%です。申し込みはインターネットでできますが、仮審査通過後に当行口座がなければ店舗窓口で口座開設の上契約を行う必要があるのです。口座をお持ちなら、郵送で契約書を返送します。なおいずれも100万円以上の申し込みなら、所得証明書の提出が必要です。その後ローンカードが郵送されて来て次第利用開始となります。つまり契約書やローンカードは郵送されて来るので、申し込みから利用開始まで10日ほどかかるのです。しかし年11.975%と金利は消費者金融より6%、一般的な銀行カードローンよりも3%ほど低いので、お急ぎでなければメリットが大きいです。

カードローンとフリーローンは使い分けが大切です

カードローンを扱っている金融業者には、銀行だけでなく信販会社や消費者金融もあります。共通の特徴として、審査により決定した利用限度額の範囲内で繰り返し借入と返済が可能という点が挙げられるでしょう。

一方、カードローンよりも低金利で借入が出来るフリーローンは、銀行で取扱されていることが多く、証書貸付とも言われています。一度審査を行なった金額について、審査可決したらすぐに振込融資が行われます。一度貸付を行なった後の追加借入は出来ず、ひたすら完済を目指すことになるわけです。

一見すると似たローン契約に見えるカードローンとフリーローンですが、追加借入が可能なカードローンと、原則追加借入が出来ないフリーローンでは大きな差が出るわけです。カードローンの中には、カードレスタイプというスマートフォンやインターネット環境を利用した振込融資も登場しており、既にカードローンでありながら専用ローンカードの発行すら不要となっている状況に驚く人もいるでしょう。

カードローンは、必要な時に必要な金額のみを借入出来るので、実際に借入を行なった分に対して利息がかかることになります。金利は利息制限法の範囲内と決められているので、正規の金融業者ならば、法定金利内の貸付が守られています。