キャッシングの限度額アップは信用情報を改善してから

キャッシングの契約を優先する際には、希望借入額を少なくして申込むことになるでしょう。
契約が出来た後は、暫くそのままの利用限度額が使い続けていたとしても、いずれもっと借入を必要とする機会が来ます。
増額申込みを無闇に行っても否決されるだけですから、個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行って、初回審査時よりも信用情報がいかに改善しているか確認した上でキャッシングの利用限度額アップを金融業者に求める必要があります。

増額申込みを行なうことは、利用規約に記載されている手順で条件を満たしていれば可能です。
しかし、金融業者にしてみれば、増額申込みではなく再度審査をやり直すという意味合いにすぎません。
個人信用情報機関へ信用情報照会を再度行い、新規契約時に準じた審査を行った結果として、増額した利用限度額が設定されれば良いですが、必ずしも増額されるとは限らないわけです。
消費者金融に対して増額申込みをする際には、信用情報が改善されていることを確認した上で行なうと良いでしょう。

一方、銀行カードローンについては、銀行側から増額インビテーションが届かない限りは、増額申込みを行わないことが得策とされています。
なぜなら、保証会社による審査に通りにくいからです。