新生銀行カードローンレイクは消費者金融のつもりでお金を借りた方がいい3つの理由

新生銀行カードローンレイクは銀行カードローンに分類されていますが、消費者金融のつもりでお金を借りた方がいいと言われています。そこでなぜ新生銀行カードローンレイクは消費者金融のつもりでお金を借りた方がいいのか理由を挙げていく事にしましょう。

・即日融資に対応している

銀行カードローンは審査が厳しめで回答されるまでに時間がかかる事が多いので即日融資を受ける事が基本的に難しいです。しかし新生銀行カードローンは審査が最短30分で回答されるので消費者金融のように即日融資を受ける事が出来ます。

・上限金利が高く設定されている

銀行カードローンは上限金利が14~15%で設定されている事が多いですが、新生銀行カードローンレイクは上限金利が18%で設定されています。消費者金融と同じ設定になっているのも理由として挙げられます。

・無利息サービスがある

消費者金融のアコムやプロミスは上限金利が高く設定されているので無利息サービスを提供しています。しかし新生銀行カードローンレイクも無利息サービスを提供していてしかも30日間無利息と180日間5万円分無利息の2種類のプランがあります。無利息サービスがあるのは消費者金融の特徴でもあるので理由として挙げられます。

新生銀行カードローンレイクの無利息サービスのプランを選ぶ時のポイント

新生銀行カードローンレイクは30日間無利息と180日間5万円分無利息の2種類のプランが用意されていて初めて利用する時にどちらかを選択する事が出来ます。それでサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来るので返済総額が少なくなります。しかし実際に無利息サービスが適用される時にどちらのプランを選べばいいのか分からない人も少なくないでしょう。そこで無利息サービスのプランを選ぶ時にポイントになる点を確認していきましょう。

・少額の借り入れだと180日間5万円分無利息がお得

新生銀行カードローンレイクを初めて利用する時に人によって借入金額が異なりますが、5万円以下の場合は180日間5万円分無利息を選ぶと半年間無利息でお金を借りる事が出来ます。また5万円以上になっても少額の借り入れの場合は180日間5万円分無利息がお得になります。しかし審査で限度額が200万円以上に設定されてしまうと適用外になってしまいます。

・多額の借り入れだと30日間無利息がお得

30日間無利息を選ぶと金額に関わらず30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。それにより一度に多めに返済してしまえば加算される利息を大幅に減らす事も可能です。多額の借り入れをする時は30日間無利息を選ぶといいでしょう。

楽天ローンと比較した場合のキャッシングの利点

楽天ローンは、楽天銀行が展開するカードローンの事です。利息が年率1.9%?14.5%となっており、銀行のカードローンとしては低い利息が魅力になっています。また、楽天銀行の口座を開設していなくても、ユーザーが既に持っている銀行口座から融資や返済が出来るようになっています。提携しているATMも数多くありますので、ネット銀行のカードローンであっても利便性が高いのが楽天ローンの特長となっています。

一方で、消費者金融会社が展開しているキャッシングは、楽天ローンのような銀行ローンとサービス内容が似ていますが、最も異なる事は、融資をしている消費者金融会社が貸金業法の下で運営をしていますので、年収の3分の1までの金額の限度額までしか認められない仕組みになっています。

しかし、キャッシングが銀行ローンよりも優れている点は、サービスによっては初回利用を条件に、一定期間無利息にするといった仕組みを導入している事です。全ての消費者金融会社のキャッシングサービスが対応しているわけではありませんが、対応している場合には、この仕組みを活用すれば、返済する総額を抑える事も可能になってきます。

キャッシングサービスは、消費者金融会社によってサービスのタイプが違いますので、ユーザーはサービス内容を確認して、自分の用途に合ったものを選択する事が大切です。

新生フィナンシャルのおまとめローンの特徴

レイクと同じ新生銀行グループであり、カードローンやおまとめローンなどを取り扱っているのが新生フィナンシャルという金融機関です。レイクではカードローンの取り扱いはあるものの、おまとめローンの取り扱いはないので、おまとめローンの利用を考えているのであれば、新生フィナンシャルのおまとめローンを利用するのがおすすめです。

新生フィナンシャルのおまとめローンは「完済応援プラン」という名称で展開されており、2017年10月23日時点で実質年率は13.0%から17.0%、融資限度額は300万円までとなっています。

「完済応援プラン」は貸金業法に基づくおまとめローンなので、総量規制対象外ローンですし、レイクの自動契約機から申込みができるので、安心できる上に申込みがし易いという特徴があります。

カードローンによるカードの取扱の違いに注意しましょう

カードローンと言えば、契約をした後に発行されるキャッシングカードを利用してATMからお金の借り入れや返済を行う仕組みのキャッシングだと考えている人が多いでしょう。特に一度も利用したことがない人はそれ以外の何物でもないと思っていても当たり前ですが、実はカードローンの中にはキャッシングは行えても返済できないケースもあるので注意が必要になります。

要はカードでATMから借り入れはできても、返済は予め登録しておいた銀行口座からの引き落としでしか行えないような場合があるのです。大手のキャッシングを利用すればそのようなことはありませんが、それほど名前を知られていないカードローンではそのような仕組みになっていることも少なくないので、金利などの他の条件面だけで判断をせず、このカードの取扱については必ず先に調べておいた方がいいでしょう。

また、同様にATMから借り入れは行えても、返済はキャッシング会社の銀行口座への振込になることもあります。このケースでは口座からの引き落としより返済が面倒になるかも知れません。そのままカードを使って借り入れと同様にATMから返済ができるカードローンが一番利便性が高いのは言うまでもありません。

このように、キャッシングカードの発行を受けるカードローン同士でも、借り入れ時はともかく、返済についてはまちまちなのです。カードローンならATMから借り入れも返済もできるのが当たり前だと考えてはいけません。返済については必ずどのような方法で行うのかを先に調べて、それに納得をしてから申込みを行いましょう。

レイクでキャッシング利用

キャッシングをしたことがないとお金を消費者金融から借りることに不安や抵抗を感じる方がいますが、誰でも簡単で手軽に利用できるようサービスが充実しています。

特にレイクでのキャッシングはスマホやPCから場所や時間を気にせずいつでも申込みでき、本人確認書類もアプリやメールで送れてしまうので来店する必要が全くありません。平日であれば14時までに必要な手続きが完了していれば指定口座に即日振込みしてくれますので、急にお金が必要になった方でも安心です。

またご自宅にカードなどキャッシングを申込んだ証拠が送られてきてしまうことを避けたい場合には、カードレスを選択することも出来ますので個人の事情に合わせて融通が利きます。返済方法も従来通りの口座引き落としや振込みはもちろん、インターネットバンキングを利用したWEB返済にも対応しています。

キャッシングを利用しても月々計画的にお金を返済しかなければなりませんが、レイクでは計画的に返済できるように30日間無利息だったり、5万円まで180日間無利息といった無利息ローンを展開しています。すぐに返済する予定でしたら借りた分だけ返済すれば済んでしまいますし、月々の返済する場合でも無利息ローンを適用した場合だと返済総額に差が出ますので他社ではなくレイクを選ぶメリットとなっています。

静岡銀行カードローンセレカの3つのメリット

地方銀行のカードローンでここ数年で利用者が増えてきているのは静岡銀行カードローンセレカになります。横浜銀行カードローンや千葉銀行カードローンに比べると規模が小さいですが、実際に利用するとメリットになる点が多いです。そこで静岡銀行カードローンセレカはどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・大手銀行のカードローンと金利の設定が同じ

大手銀行のカードローンは上限金利が14.5%前後で設定されていて低金利として知られています。それで金利を重視する時に大手銀行のカードローンを利用してお金を借りる人が多いですが、静岡銀行カードローンセレカも上限金利が14.5%で設定されているので金利を重視する時に適したカードローンです。

・WEB完結でお金を借りる事が出来る

地方銀行のカードローンは申込手続きをする時に来店しなければいけない事が多いです。それで住んでいる場所の周辺に銀行がないと出向くまで時間がかかってしまいます。しかし静岡銀行カードローンセレカはネット上ですべての手続きをする事が出来るので来店不要になります。

・地域制限がない

地方銀行のカードローンは住んでいる地域や勤め先の地域によって利用する事が出来ない場合があります。しかし静岡銀行カードローンセレカは地域制限がないので利用する事が出来る人が多くなります。

リボ払い返済は良く考えて

どうしてもお金がすぐ必要という時にはクレジットカードキャッシング付きは簡単に設定枠内で利用出来ます。

借りる時には簡単にお金が引き出せるので銀行預金通帳からキャッシュカードでおろしてきた感覚になります。

あくまでキャッシングは借りることだということを頭において返済をしていかなければいけない事を考えてするべきだと思います。

カード会社の締め切り日や支払い日はもちろんですが、カードによっては最初からリボ払い返済が条件で作られてるカードもあります。

リボ払い返済は毎月一定額を支払うシステムですが利息がどれほどかも認識して借りる必要があると思います。

支払い可能な限り一括返済がベターですがカードを複数持っている場合は一番利息の安いカードか返済増額出来るカードを使ってリボ払いを早く終えることも考えるといいと思います。

キャッシングの限度額アップは信用情報を改善してから

キャッシングの契約を優先する際には、希望借入額を少なくして申込むことになるでしょう。
契約が出来た後は、暫くそのままの利用限度額が使い続けていたとしても、いずれもっと借入を必要とする機会が来ます。
増額申込みを無闇に行っても否決されるだけですから、個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行って、初回審査時よりも信用情報がいかに改善しているか確認した上でキャッシングの利用限度額アップを金融業者に求める必要があります。

増額申込みを行なうことは、利用規約に記載されている手順で条件を満たしていれば可能です。
しかし、金融業者にしてみれば、増額申込みではなく再度審査をやり直すという意味合いにすぎません。
個人信用情報機関へ信用情報照会を再度行い、新規契約時に準じた審査を行った結果として、増額した利用限度額が設定されれば良いですが、必ずしも増額されるとは限らないわけです。
消費者金融に対して増額申込みをする際には、信用情報が改善されていることを確認した上で行なうと良いでしょう。

一方、銀行カードローンについては、銀行側から増額インビテーションが届かない限りは、増額申込みを行わないことが得策とされています。
なぜなら、保証会社による審査に通りにくいからです。

銀行カードローンが増え続けた理由とは

2010年に改正貸金業法が完全施行されてから、銀行カードローンの融資残高は増加の一途をたどってきました。総量規制導入から消費者金融の融資残高の減少に反比例した状況と表現してもいいでしょう。

このように表現すると、銀行が一方的な勝ち組で消費者金融は負け組という構図が思い浮かびますが、実は必ずしもそうではありません。それは、銀行には個人融資のノウハウがなく、それらを銀行傘下の消費者金融系保証会社に肩代わりさせていたからです。

このことは銀行にとっても消費者金融にとっても悪いことではありません。消費者金融にとっては手数料を稼ぐことが出来ますし、銀行のとっては貸し倒れでも保証会社からの保証を受けることで損をしないからです。つまり、銀行カードローンの融資残高が増え続けることは消費者金融も銀行もウィンウィンな構造になっていたということです。

これらのウィンウィンの関係を保持させているのが、銀行カードローンの高い金利です。銀行の融資業務としては銀行カードローンはダントツで高い金利を得ることができます。これによって消費者金融系保証会社に手数料を支払っても大丈夫という構図が浮かび上がります。

自己破産申請が増えて初めて、社会問題になり始めたのです。