キャッシングの申し込みはネットが簡単

キャッシングをするときには、事前に申し込みをしておく必要があります。申し込みをして審査をしてもらわないと現金を借りることができません。

この審査の方法で近年、手軽として人気を集めているのがインターネットを利用した申し込みです。キャッシングをしている会社では、インターネットによる申し込みを充実させており、インターネット上のホームページから簡単に利用申し込みをすることができます。インターネットからの申し込みはとても簡単で、24時間いつでも申請をすることができるのは大きなメリットです。

審査結果についてもインターネットで教えてもらうことができるので、申請にかかる時間のロスをかなり少なくすることができます。

全銀協のCMや多重債務防止の説明は役立つ!

銀行や消費者金融のキャッシングローンは、無理なく計画的な返済が肝心です。しかしながら、昨年より問題となった銀行カードローンですが、安心感から契約したものの、多重債務に陥り、債務整理取り分け自己破産に至る人が増えています。

結果として、減少傾向にあった自己破産者が増加する傾向になっています。求人倍率がアップしているものの、リストラにより職を失う方や病気により収入が無くなってしまうケースもあります。株価上昇や企業の経営状況の改善は、好景気により上向き傾向にあると報道されているものの、経営悪化に苦しむ企業は未だに多い状況です。

もし、カードローンやフリーローンを契約中、リストラや病気に因る休職となった場合は、速やかに金融機関や行政、専門機関に相談することを全銀協では推奨しています。金融機関を取りまとめる全銀協が案内する方法であることから、金融機関は蔑ろにすることは出来ないため、先ずは金融機関や専門機関に相談することをおすすめします。

相談結果によって、借入額の減額は出来ないものの、返済方法や期間について前向きな結果が期待出来ます。

総量規制対象外のローンってどれ?

キャッシングする際に総量規制法の対象になるのか、ならないのか気になりどこに申し込んだら良いのか悩んでしまう方も多いかと思います。そんな中、大きく分けるとアコムやアイフルなどの消費者金融系は総量規制の‘対象’になり、オリックスやみずほ銀行のカードローンなどの銀行系のカードローンは総量規制の‘対象外’といことが広く認知されていることと思います。

大まかにはこれで正しいですが、総量規制対象外には銀行系のカードローンのほかに数箇所から借り入れをしているの一箇所にまとめる‘おまとめローン’や金利が低いローンに乗換えをする‘借り換え専用ローン’も対象になります。またクレジットカードのショッピング利用分や自動車ローン、住宅ローンも対象外にあたります。

これらを踏まえご自身の借り入れ状況を整理し、どこに申し込みをすれば審査が通りやすいのか検討をしてみてください。

マイナーな消費者金融の安全度を見分ける方法

大手消費者金融は正直あまり違いもなく、どこで借りても安心です。アイフル以外はメガバンクの傘下にあるので、よく○○銀行グループなどと書かれています。大手以外の消費者金融は正直どこか胡散臭く感じるものですが、公式サイトの会社概要を見ればある程度は推測できます。

消費者金融を営むには、各地の財務局か都道府県知事の登録を受ける必要があります。また3年ごとに登録の更新が必要です。そこで公式サイトの会社概要を見ると、大阪府知事(4)第12345号などと登録番号が書かれています。重要なのは()内の数字で、この数字が大きいほど安心感があると言えるのです。なぜなら問題ある貸金業者なら登録の更新はできず、番号が1に戻ります。(4)なら10年ほどまともに営業していると推測できるというわけです。

キャッシングを使う時には限度額を常に意識する

自由な用途で使えるお金を借りたいと考えた時の選択肢としてキャッシングがあります。消費者金融会社では、キャッシングのサービスを利用する事を希望している申込者が提出した申込書を基に審査を行い、限度額を設定しています。申込者がキャッシングの契約をして、融資を受けるようになった段階で意識しておくべき事は、キャッシングで借りられるお金は限度額までであるという事です。

限度額に関しては、貸金業法において総量規制という仕組みが導入されていますので、消費者金融会社のキャッシングで融資を借りる時には、他の消費者金融会社で借りているキャッシングの限度額と合算して、その総額が年収の3分の1以下になるようにしなければいけません。それを超えますと、消費者金融会社のキャッシングサービスに新規申込みをしても審査を通過する事が難しくなります。

利用者は限度額までであれば、何度でも融資を受けられ、返済をすれば、返済した金額分が限度額で使った金額を補充する事になります。限度額内で一度に限度額いっぱいまでお金を借りるといった事も出来ますので、利用者にとっては利用するシーン毎に使い方を変化させられます。限度額は、ユーザーがキャッシングを使う上で重要な要素です。

楽天グループが激熱です!

今楽天グループの勢いが凄いですね。とうとう楽天モバイルだけでなく、自前でアンテナを張り巡らして携帯電話会社を立ち上げるようです。

金融もモバイルもショッピングも楽天に統一すると、楽天スーパーポイントの倍率が上がる仕組みです。このブログ的には、楽天スーパーローンというカードローンに目が行きます。

楽天スーパーローンは、銀行カードローンなので専業主婦でも契約できます。契約しただけで楽天スーパーポイントが1000ポイントもらえ、翌月末日までの利用残高に応じて最大30000ポイントももらえます。

今は楽天スーパーポイントがもらえるのは初回だけですが、ポイントがウリの楽天だけに今後利用する度にポイントが付与されることも十分考えられるのです。

上限を決めれば安全にカードローンを利用できる

高い値段のアイテムが急に欲しくなったときにカードローンを利用すると便利です。また、普段よく使うアイテムがセールをしているときにまとめ買いをするための資金が欲しいときにカードローンを利用する人も多いです。カードローンを利用することに不安を感じている人は上限をしっかり自分で決めるようにすれば安全にカードローンを利用できます。

カードローンは非常に便利なので上限を決めないで利用すると返済できない額を借りてしまうリスクがあります。やはりきちんと自己管理ができる人のみがカードローンを利用した方がいいです。しっかり管理ができる人は複数のカードローンを利用しても問題はないです。私の友人には複数のカードローンを使い分けている人がいますが、お金の管理がしっかりしている人なので利用していてトラブルになったことはないです。

レイクの融資の増額について!審査は他社に比べて甘い?

最初に新生銀行レイクにて50万借り入れをしていた者です。

当時70万円の借り入れを希望していたのですが、残念ながら50万までしか審査が通らずがっかりしていたのですが

50万円の借り入れに近づいてくると、レイクから「増額申し込みの案内でお電話しております」と連絡が来ます。

そこでレイク側からの質問に対して、特に変更無い旨お伝えしておけば基本的には増額に応じてくれます。

実際「職場や年収は変わっていないですか?」という質問などもあるのですが

職場も年収も変わっていた当時の僕ですが「変わっていないです」とお伝えすると調べられることも無く増額を受けることができ、それの繰り返しで現在は100万近くの融資を受けることが出来ています。

新生銀行カードローンレイクは消費者金融のつもりでお金を借りた方がいい3つの理由

新生銀行カードローンレイクは銀行カードローンに分類されていますが、消費者金融のつもりでお金を借りた方がいいと言われています。そこでなぜ新生銀行カードローンレイクは消費者金融のつもりでお金を借りた方がいいのか理由を挙げていく事にしましょう。

・即日融資に対応している

銀行カードローンは審査が厳しめで回答されるまでに時間がかかる事が多いので即日融資を受ける事が基本的に難しいです。しかし新生銀行カードローンは審査が最短30分で回答されるので消費者金融のように即日融資を受ける事が出来ます。

・上限金利が高く設定されている

銀行カードローンは上限金利が14~15%で設定されている事が多いですが、新生銀行カードローンレイクは上限金利が18%で設定されています。消費者金融と同じ設定になっているのも理由として挙げられます。

・無利息サービスがある

消費者金融のアコムやプロミスは上限金利が高く設定されているので無利息サービスを提供しています。しかし新生銀行カードローンレイクも無利息サービスを提供していてしかも30日間無利息と180日間5万円分無利息の2種類のプランがあります。無利息サービスがあるのは消費者金融の特徴でもあるので理由として挙げられます。

新生銀行カードローンレイクの無利息サービスのプランを選ぶ時のポイント

新生銀行カードローンレイクは30日間無利息と180日間5万円分無利息の2種類のプランが用意されていて初めて利用する時にどちらかを選択する事が出来ます。それでサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来るので返済総額が少なくなります。しかし実際に無利息サービスが適用される時にどちらのプランを選べばいいのか分からない人も少なくないでしょう。そこで無利息サービスのプランを選ぶ時にポイントになる点を確認していきましょう。

・少額の借り入れだと180日間5万円分無利息がお得

新生銀行カードローンレイクを初めて利用する時に人によって借入金額が異なりますが、5万円以下の場合は180日間5万円分無利息を選ぶと半年間無利息でお金を借りる事が出来ます。また5万円以上になっても少額の借り入れの場合は180日間5万円分無利息がお得になります。しかし審査で限度額が200万円以上に設定されてしまうと適用外になってしまいます。

・多額の借り入れだと30日間無利息がお得

30日間無利息を選ぶと金額に関わらず30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。それにより一度に多めに返済してしまえば加算される利息を大幅に減らす事も可能です。多額の借り入れをする時は30日間無利息を選ぶといいでしょう。