知人や友人、職業的に銀行員と関わっているとカードローンは気まずい?

銀行カードローンやフリーローン、銀行が扱うクレジットカードなどは時として勧誘を受けることがあります。
銀行も利益がなければ、経営難に陥るだけでなく、預金者に対して利息の支払も出来なくなります。
社会生活を送る上で、銀行員と関わる人もいます。知人や友人が銀行員であったり、勤務先で経理部門に所属している場合では普通の人より勧誘の可能性はあります。
ですが、カードローンやクレジットカードなど審査を受けるものは、審査での優遇があるわけでなく、審査落ちの場合は気まずい雰囲気になってしまいます。

特にリスクの高いこととしては、友人や知人が融資担当の場合、金融事故や債務整理がバレるリスクを伴います。
また、金融事故が無くとも、消費者金融から借り入れしていることも知られる可能性があるため、日常的に関わる人から勧誘を避ける必要があります。
安易に付き合いでカードローンやフリーローンなどといった金融商材の契約申込は、審査落ち以上に人間関係の悪化を招くため、おすすめは出来ません。
銀行カードローンを申し込む場合、どうしても知人や友人に知られたくなければ、関係の無い銀行を利用するのがポイントです。

勧誘を受けたのに、契約できない気まずさは誰もが不快に感じてしまいます。