節約と貯蓄をするために私が実践していること

節約と貯蓄をするために実践していることは、まず家計簿をつけることです。お金を何に使ったかという事を自覚するためです。あまり何にお金を使ったか自覚しないまま買い物をしたりすると無駄遣いに気づかない場合があります。

生活に必要なものは買うべきですが、それも値段と必要さをよく考えてから買わないとどんどん無駄遣いになってしまいます。一方、ある程度長く使うものはただ安いだけでなく気に入ったもので丈夫なものなら多少高価でもいいと思いますし、安いものを買って後悔してデッドストックに入るよりいいです。

買っても気に入らないものは安くても高くても無駄遣いになっていると思うので、買う前によく考えることが必要だと思います。そういった意味では衝動買いは貯金と節約の為には避けた方が無難です。買い物に行く前に買うものを決めて、それ以上買う場合はすぐに決断しない(その日は買わないなど)ことである程度は防げます。

あと、手元にお金があるとどうしても使ってしまう場合は必ず現金で買い物することをおすすめします。決まった金額しか財布に入れず銀行からお金を下ろす回数は月1回にして、毎月の買い物の予算をあらかじめ決めて守るといいと思います。もし、急な出費でその月の予算をオーバーしてしまったら、オーバーした分を次の月にマイナスして節約するとうまくいきます。

どうしてもマイナスが減らない場合は予算が低すぎるか無駄遣いが多すぎるかのどちらかなので、家計簿を見ながら色々検討してみるといいのではないかとおもいます。

お釣りの有効活用

わたしがやっているお金の用い方はやはり会計をした時に確実にお釣りをもらってそのお釣りを貯蓄することです。

なんでもないように思えることでもわたしは会計の際には必ずと言っていいほど大きなお金から出しています。

大きなお金を出すと当然お釣りが出ます。

そしてそのもらったお釣りは自分にとって必要な時に使えるようにしています。

私個人としてはバスをたまに利用することがあるのでバス代として利用できるように常に準備しています。

当然ですが今でもずっと続けています。

前だったらお釣りをなるべく出さないようにして少しでも硬貨を一枚でも多く減らそうと考えていましたが、この方法を用いるともういっそのことお釣りをもらうこと前提で買い物やサービスを利用しようと思いました。

お釣りをもらっておけばあまり大きなお金を崩したくない時にいざという時にいつでも出すことができるのでそこも良いです。

それが発揮されるのは100円ショップなどと言ったようなコスパの良いお店です。

会計の時に細かなお金を払っている機会がほとんどなのでバス代にならないいわば1円玉とか5円玉とかなんかは確実にそれに回しています。

このようにお釣りをもらっておけば役立つことの方が多いので是非活用して貰いたいです。