財布にお金を入れないで持ち歩く節約法

皆さんはたぶん、財布にだいたい千円ほど入れて持ち歩いていると思います。しかし私は節約することにおいて財布にお金を入れて持ち歩くのはあまりお勧めしません。

節約するなら財布にお金は入れてはいけません。

皆さんは出かけるときに財布にお金を入れて出かけると思いますが節約しようと決めていても何かのはずみでお金を使いたくなることがあります。

例えば夏に外を歩いていてのどが渇いたら人間の本能で飲み物を自動販売機で買ってしまうと思います。また朝食をあまり食べずに出かけたときなんかはおなかが減ってコンビニでおにぎりやチキンなんかを買うかもしれません。こういうことの積み重ねでお金はどんどん減っていきます。下手したら月に一万円消費してしまう可能性もあります。それを防ぐために財布にお金をも入れないようにするんです。出かけているときに前に書いたようなことがあってもお金がなかったら絶対に変えません。

まさか盗もうなんてことは99パーセントの人間はしないと思います。財布にお金を入れないで出かけることは本能での買い物を防ぐ強力な抑止力になります。

では財布に何を入れて出かけるのか?と思うかもしれません。

その答えは出先で使うものだけです。例えば図書館に行くのなら図書カードのみ、近くを車でドライブするのであれば免許証だけ入れていけばいいと思います。

ただしキャシュカードなど出先でお金に換えることのできるものは持ち歩かないようにしましょう。

節約と貯蓄をするために私が実践していること

節約と貯蓄をするために実践していることは、まず家計簿をつけることです。お金を何に使ったかという事を自覚するためです。あまり何にお金を使ったか自覚しないまま買い物をしたりすると無駄遣いに気づかない場合があります。

生活に必要なものは買うべきですが、それも値段と必要さをよく考えてから買わないとどんどん無駄遣いになってしまいます。一方、ある程度長く使うものはただ安いだけでなく気に入ったもので丈夫なものなら多少高価でもいいと思いますし、安いものを買って後悔してデッドストックに入るよりいいです。

買っても気に入らないものは安くても高くても無駄遣いになっていると思うので、買う前によく考えることが必要だと思います。そういった意味では衝動買いは貯金と節約の為には避けた方が無難です。買い物に行く前に買うものを決めて、それ以上買う場合はすぐに決断しない(その日は買わないなど)ことである程度は防げます。

あと、手元にお金があるとどうしても使ってしまう場合は必ず現金で買い物することをおすすめします。決まった金額しか財布に入れず銀行からお金を下ろす回数は月1回にして、毎月の買い物の予算をあらかじめ決めて守るといいと思います。もし、急な出費でその月の予算をオーバーしてしまったら、オーバーした分を次の月にマイナスして節約するとうまくいきます。

どうしてもマイナスが減らない場合は予算が低すぎるか無駄遣いが多すぎるかのどちらかなので、家計簿を見ながら色々検討してみるといいのではないかとおもいます。

毎月払っているスマホ代、把握していますか?節約するなら見直さない手はないですよ

節約ときいてまず浮かぶのが、日頃の生活の支出を見直すこと、という方が多いでしょう。

もちろん、普段の支出を見直すのも大事ですが、普段何気なく使っているものの料金を見直すのはいかがですか?

例えば、スマホなどの通信費の見直しです。

スマホやインターネットの料金は、多くの方は毎月いくら払っているのかを把握していない現状にあります。

携帯ショップに勤めていた際に、料金の見直しを提案すると、毎月家族でいくらかかっているのか把握していないお客様がたくさんいました。

新規契約や機種変更の時に「初月無料」のオプションをつけて、そのままにしている方が多かったのです。

無料なのは初月のみですから、翌月からは月額料金が発生します。

また、あまり通話をしない方が、電話かけ放題プランを契約されていることもあります。

今はライン電話を主につけうこともできるので、最低限の通話プランに見直すのもひとつの手です。

「格安スマホ」と呼ばれる、大手キャリア以外での契約もおすすめです。

通話のみのプランやネットのみのプランなど、自由にプランを選択できるのが、格安スマホの魅力です。

現在使っているスマホをそのまま使えるところもありますので、ぜひ調べてみてください。

ポイント、クーポンを上手に利用

私は日々節約をしています。

やはり食費が一番かかるので、コンビニで食べ物を買わないで、お弁当を持っていくというのは非常に効果的です。

スーパーでも、値引きされているものを購入して調理するとなおお得。

このお弁当が功を奏して月に1万円くらいは浮いていると思います。

また、ポイントが貯まるアプリなども上手に利用すると、それで月に1回ほどファーストフードが食べれますので、こちらも利用してお得だと思います。

最近ではポイントが色々なものに変換できて、使うところが一つではないので変換する事もお勧めします。

例えば、銀行で貯まったポイントを、とあるスーパーのポイントに変換して、食事を買いました。

ポイントサイトも有効。

スマホなどからも割引チケットがあったりするので、それを検索してダウンロードすると、日々少しずつではありますがお得になります。

「買う前にはクーポン検索」です。

私は関東地方に住んでいますが、スーパーによっては飲み水を無料で配布してくれるところもあるので、そう言ったところには足を運んで、買い物ついでにもらってくるようにしています。

小さなことからコツコツとを意識していると、数年経った時に貯金の金額に差が出てきます。

スマホで節約

毎日の生活の中で一番節約できるのは食費だと思い日々節約を心がけています。基本的に食料を買い出しに行くのは週に一度で献立を決め買うものを決めていきます、無駄なものは買わないように。スーパーもガソリン代を節約する為になるべく近い所へ行きます。

WAONポイントを主に貯めていますが、普通に買うだけではあまり貯まらないので他にカタリナポイントも使います。指定の商品を買うとWAONとカタリナ経由でポイントが二重にたまり、他のポイントと合算して貯める楽しみもあります。楽天銀行のアプリにも指定された商品を買うとキャッシュバックされるものがあります。

何十円でも嬉しいです。つい先週始まった楽天のレシートをパシャと送ろうというのも使ってみました。ジャワカレーの甘口、辛口が指定のところいつもの中辛を買ってしまい、ダメ元でレシートを送ってみましたがポイントが無事もらえました。例えば砂糖を買ったとして、いつもより20円高いとしてもその分ポイントがつくなら結局お得かなと思います。

貯まったポイントは米を買うときに足しにしたり、楽天でスイーツや化粧品を買ったりして楽しんでいます。新聞をやめてだいぶたちましたが、折込チラシがなくてもスマホでチラシを見ることができ、何が安いのかとかお勧めのものが買い物に行く前にチェックできるのでとても便利です。スマホってすごいです、便利な世の中になりました。

ガソリン代は節約しやすい分野

車を持っているなら誰もがガソリン代に頭を悩ますに違いありません。しかし、この分野は節約しやすい分野でもありました。クレジットカードを有効に使う事で節約できます。数多のクレジットカード会社がガソリン会社と提携してサービスを前面に打ち出しているので、メインに貯めているポイントによって使うべきクレジットカードは違ってきます。

そのような中、私が使っているのはポンタシェルカードです。このカードでシェルで給油すると店頭で表示されている会員価格より更に1リッターあたり2円引きになります。更に給油のリッター数の2倍のポンタポイントを獲得できます。(金額に応じてではなく、給油量に応じてです。)更にリボ払い設定にすると、月に1回以上の利用で20ポンタポイントを獲得できます。

リボ払い設定も使用金額が10万円超えたらリボ払い設定にすれば、まず手数料発生の事態には陥りません。勿論貯めたポンタポイントを支払いに回せます。しかし、私はポンタポイントをガソリン代に回しません。何故なら、ポイントを使うとその分給油に応じたポイント獲得数が少なくなるからです。

ガソリンの価格に左右されますが、このカードのポイント還元率は概ね1、3%以上と高いです。ですので、ポイント使用でポイント獲得数を減らすべきではありません。貯まったポイントを私はリユースのセカンドストリートで使用します。先日こたつのカバーを買う必要が生じたのでセカンドストリートで1400円のこたつカバーを全額ポンタポイントで購入出来ました!まさに節約術が身を結んだ結果です。

現金よりもクレジットカードや電子マネーの方が節約に向いている気がする

節約に関する本を見ていると、クレジットカードはよくないとよく見かけます。

確かに、クレジットカード=無限に使える魔法のカードと思っていると節約には繋がらないので散財してしまう原因になってしまいます。

ですが、きちんと考えながら電子マネーやクレジットカードを使うとすごくお得だと気がつきました。

その理由は、ポイントが貯まるから。

現金では基本ポイントはつきません。

お店によってはポイントカードなどがあり、ポイントを貯められますが、貯めたポイントは基本的に貯めているお店でしか使えません。

ですが、電子マネーやクレジットカードのポイントはカードや電子マネー会社にもよりますが、貯めたいポイントを設定することができます。

クレジットカードでは、自社ポイントを貯め、貯まると他社ポイントに交換もしくは支払いに充てることができますし、電子マネーでも同じようなことが出来るものもあります。

現金とは違い、クレジットカードは支払い額を1ヶ月単位で請求書で見ることができるので家計簿代わりになりますし、電子マネーはチャージをクレジットカードにすればポイントの二重取りが出来るなどお得なポイントがたくさんあります。

クレジットカードで節約なんて無理とは言わず、クレジットカードを賢く使って節約をしてみましょう。

携帯代(通信費)の節約は実は簡単

節約と言えば、食費を抑えるために間食を控えたり・ビールを発泡酒に変えたりと、今の生活から何かを我慢することで余計な支出を抑えることといったイメージが強いと思います。

しかし、そのような我慢をしなくても余計な支出を抑えることが出来るのです。

それは、携帯代の節約です。

具体的に言うと、格安SIMに切り替えることにより毎月かかっている携帯代を我慢することなく抑えることが出来るのです。

未だに多くの人が使っている、au・docomo・softbankのいわゆる三大キャリアと呼ばれる携帯会社を使っている人の多くは、月に携帯代を1万円多い人で2万円近くも払っている人がいます。これを格安SIMに変えるだけで月の携帯代を5千円程度に抑えることも可能です。選択する格安SIMの会社とプランによっては、3千円台にすることも可能です。

しかし、格安SIMにすることで携帯代を抑えるメリットはあるのですが、三大キャリアに比べてサポート体制が充実していないと言ったデメリットもあります。

そんな人には、auとsoftbankの2社がサブブランドとして出している格安SIMを選ぶことで他の格安SIM会社に比べ充実したサポートを受けることが出来ます。

もし、我慢することなく節約をしたい人がいるのであれば、一度格安SIMを経験してみるのも良いと思います。

節約の仕組み化

節約をするには気づくとお金が溜まっている仕組みを作ることが大事です。昨今テレビや雑誌では様々な節約のテクニックが披露されていますが、これらは少なからず時間や面倒ものであり、結局長続きしません。また節約には効果の大きいところから手をつける必要があります一般的に資質には固定費と変動費がありますが固定費について削減を行うことが大きな節約のメリットがあります。

固定費をいちど削減する仕組みを作ればそれ以降は特に負担もなく支出をを削減していくことができます。固定費の削減で大きな効果があるのが住宅ローンの見直しと通信料金、保健料金の見直しです。住宅ローンについては今借りている銀行の金利に対して他行の金利を比較してみることをおすすめします。

また他行の金利が安い場合、借り換えの検討や、他行への借り換えを交渉の材料とし今借りている銀行に金利の引き下げを交渉することもできます。また通信費については格安SIMの普及に伴いキャリアを見直すことも大きな削減効果が期待できます。

保健料金についても疾病手当金や遺族年金といった社会保障が充実していますので本当に必要なものは何かを吟味し民間の保険に入ることが必要だと思います。

車を持つのやめて節約できました

節約する方法として、何かを「やめる」というのは手っ取り早い方法だと思います。

それはタバコであったり、外食であったり、旅行であったり人それぞれですが、

私はクルマをやめることにしました。幸い自分は都心に住んでいるので、徒歩か地下鉄でだいたいの用事は済ませられますし、

どうしても家具を買いに行ったり、遠くの病院にお見舞いに行ったりする場合は、レンタカーやカーシェアリングを使うことにしています。

地方都市でもクルマを所有するとなると、毎月1万円近い駐車場代が必要ですし、税金や保険料、車検費用など、維持費として年間30万円は必要です。

それを考えるとレンタカーで月2万円程度かかったとしても十分費用は抑えられることになります。所有していないと故障のリスクもないから気が楽です。

クルマがないと、公共交通機関を使うかレンタカーでの移動となるので、どうしても時刻表や車の返却時間にしばられてしまいますが、考えようによっては無駄のない行動を心がけるようになるので、時間を有効に使えている気がします。自由が利かなくなると思われがちな「車なし生活」ですが、意外と自由を手に入れたような気持になれています。

将来の車購入も視野に入れていた貯金を使って、春には九州あたりに旅行に行こうと考えています。

我が家では先取り貯蓄をして節約に励んでいます。

我が家では毎月先取り貯蓄をしています。その理由は、毎月何かしら子供がいるとつかってしまうからです。そのために毎月毎月一定額を主人の口座に先取り貯蓄しています。そうすることで始めからなかったものとしてとらえることが出来ますから、とても良いことと思います。

私はこれをずっと結婚してからそうしていて、結構な額が溜まっていることに気が付きました。ゆうちょ銀行にためているのでもう一冊の通帳が使えなくなっているのでまた新たな通帳をこの間もらってきましたし、もう数冊あります。これをずっと続けていればきっと知らない間にたまっていますし、結構な額がたまっています。

いざ何があっても良いように、蓄えはある程度必要だと思いますが、我が家では何もしていなければすぐに使ってしまうので、先取り貯蓄はとても良い方法だと思っています。まだ先取り貯蓄をしていない方がまだいるのであれば、今からでもした方がいいと思います。ほんの少しでもいいんです。

自分の生活の中でこれだけは貯金できるよという金額だけ一定額毎月貯金することが大事です。継続はとても大事ですし、これから先のことに備えてしっかりとすることが大事です。これからも節約して貯金していこうと思います。