消費者金融のキャッシングで、もっと借りたいという場合の対応方法

キャッシングの広告では、最高500万円まで借り入れ可能!などと宣伝していますが、消費者金融では年収の3分の1までしか借入できないことが法律で決まっています。実際に借り入れをする場合は、利用者の年収や属性を元に、1人1人個別に借入限度額が決まります。初めての借り入れでは、ほとんどの人が50万円未満になるようです。

キャッシングを利用していて、現在の利用限度額では足りない、もっと借りたい、という状況になった場合、さらに借入するために消費者金融に申し込むのは、おすすめしません。複数の金融機関から借りていると、返済日を間違えたりといったトラブルが増え、また、多重債務の原因にもなりうるからです。

消費者金融では、利用限度額をアップする「増額申込み」ができます。これまでの利用で、期日をきちんと守って返済してきたという実績があれば、増額審査に通る可能性が高くなります。借入額を増やしたいという人は、現在利用中の消費者金融に相談してみるとよいでしょう。

消費者金融でお金を借りる時に中小より大手を利用した方が良い理由は?

消費者金融は大手や中小など多くの業者が存在しているのでキャッシングをする時に迷ってしまう人も少なくないでしょう。中小を利用した方がいいと言う人もいますが、実際は大手の消費者金融を利用した方がいい部分が多いです。そこでお互いの特徴を比較して紹介していきましょう。

中小の消費者金融は店舗に来店をして申し込みをするのが主流になっています。しかし大手の消費者金融はWEB完結申込を利用する事が出来るので来店不要になります。他の人には内緒でお金を借りたいと考えている人は大手の消費者金融を利用した方がいいのではないでしょうか。

また中小の消費者金融は初回借入時から金利が発生するので加算される利息も多くなります。しかし大手の消費者金融は無利息サービスを提供しているので初回借り入れの時に30日間無利息になります。返済する時の負担を軽減したいと考えている人も大手の消費者金融を利用した方がいいのではないでしょうか。