キャバクラ勤務のキャッシング事件簿

私は中卒フリーターです。21歳の時にプロミスでキャッシングローンをしました。当時の仕事はキャバクラ勤務、それなりに収入はありましたが、所得申請もまともにしておらず、こんな私に借金ができるのかしら…ぐらいの状態で申し込みました。最初に融資して頂いた額は5万円程でした。

審査結果を聞いた時は、むしろ審査落ちしなかったことに驚きました。それなりに収入があるとはいえ、見栄の張り合いみたいな職業ですから、何かと要り用は多く、借りては返すを繰り返していると、半年程度で枠上げの電話がありました。60万円程にあがりました。いつかフィナンシャルプランナーの本で読んだことがあったのですが、信用をつけるために借金をする。とはこの事かと思ったのを今でも強く覚えています。正直そんなに枠は必要なかったですが、何かあった時のためにと枠上げしました。そしてブランドバッグを買いました。ご利用は計画的に??いい社会勉強でした。

FXで損益をだして限度額いっぱいまでキャッシングをした経験と方法について

・キャッシング申し込み方法について詳しく説明いたします。

私はFXで損益をだして、キャッシング上限の150万円まで消費者金融からお金を借りた経験があります。毎月の支払いが金利を合わせて6万円で利息だけで毎月の金額が2万円以上になってしまいました。私は3社の金融会社からお金を借りていたのですが、最終的には1社の大手金融会社でお金を借りて返済しました。

キャッシングを申し込む方法として、アルバイトでもいいので半年以上働いていることが条件になります。

キャッシングの条件は実際に働いているのか、審査されるので、無職だとキャッシングは厳しいと思います。

今ではインターネットサイトで、免許書のコピーと働いている会社の収入書があれば簡単に30万円なら融資をしてくれる消費者金融会社もあるのでとても気軽にお金が困った時に借りることができます。

消費者金融には、返済に困った人のための救済商品がある。

消費者金融を利用している人には、返済に困って借金が返済できない人が一定数でてきます。

返済に困っている人が貸し倒れになってしまうと、消費者金融も困ってしまいます。 そんなときに、消費者金融から返済できない人向けの救済商品があります。

それが示談契約です。

示談契約は、任意整理みたいなのに近い感じではありますが、明確には違います。

示談契約はあくまで、返済の負担を減らすことを消費者金融側から提案するものであり、任意整理のように弁護士などが入って、交渉をするようなものではありません。

信用情報にも残らないので、こちらの方が債務者に不利益にもなりません。

金利負担などかなり減らして返済をしてもらうことにより、借金の負担を減らすようにしています。