派遣社員のキャッシングの審査は心配無用です!

私は、派遣社員で働いているので、審査について大変不安でした。正社員の方のような信用がないので、キャッシングの審査が難しいのではないかと思いました。ですが、実はそんなことは全くないんです。派遣社員の方のキャッシングの審査は、正社員の方と全く同じなんですよ。

審査に必要な在籍証明等も、実際に勤務している職場に直接入るので、全く心配はいりません。派遣元と派遣先、どっちにはいるのだろうかと不安に思っていたのですが、実際には働いている職場の方に入り、それも通常の正社員の方と全く同じように、勤務の有無を確かめるだけのものでしたので、全く支障ありませんでした。私を始めとして派遣社員で働かれているかたにとっては、審査がとても不安で申し込みを躊躇しているかもしれませんが、安心して申し込みましょうね。

アイフルの無利息キャッシングの利点とは

大手消費者金融のアイフルでは、同社の利用が初めてであり、無担保型キャッシングサービスを契約した人を対象に最長で30日間無利息でキャッシングができるサービスを実施しています。無利息キャッシングサービスはアイフルの他にもアコムやプロミスなどでも実施されていますが、アイフル独自の無利息キャッシングの利点はあるのでしょうか。

アコムやプロミスと比較してアイフルの無利息キャッシングの優れている点は無利息キャッシングの適用条件が簡素な点にあります。アコムやプロミスで無利息キャッシングサービスを受ける場合、メールアドレスの登録や指定の返済サイクルで契約をしなければなりません。

一方でアイフルの場合、特別な条件指定はないので多くの人が手軽に無利息キャッシングサービスを享受できるのです。

キャッシングには審査があるわけですが

キャッシングというのは当然利用する時に審査を受けるということになります。その人が何歳であるのか、収入がどれくらいあるのかということもありますし、どこに勤めているのかということも確認されます。これまでの金融遍歴なども重要になりますのでそちらも審査の対象となるわけです。

一度審査をされますと次に借りるときに再度審査されるということはないのですが数ヶ月に一回、実は情報の確認というのをされることになります。指定信用情報機関というのがあり、そこに問い合わせることによって予想からいくら借りているのかなどといった情報は確認できるようになっているので一度審査に通ったからといってずっと問題ない人物である、と判断されるわけではないのです。

レイクALSAの即日融資について

銀行系カードローンだった「新生銀行レイク」が、新生グループの消費者金融のカードローンとして生まれ変わりました。それが「レイクALSA」です。消費者金融のカードローンとなったことで、レイクALSAでは即日融資が可能になりました。

レイクALSAでは、平日の14時までに必要書類を揃えて申し込むと、即日融資にも対応しています。振込キャッシングも可能ですが、レイクALSAの自動契約機は深夜24時まで稼働しているものも多いので、仕事で遅くなってもローンカードの受け取りに十分間に合うというメリットがあります。

さらに、レイクALSAの公式アプリ「e-アルサ」を使ってスマホで申し込めば、申込み時間が長くなり、夜8時まで対応してもらえます。e-アルサは、カードレスで借り入れ・返済ができるので、審査に通った後は、スマホがあればコンビニのATMで即借り入れが可能です。

私は無利息でキャッシングを行うことができた!

キャッシングを行うにあたり、どうしても気になるところは「キャッシング時の利息」と言うことになると思いますが、その利息を気にせずにキャッシングする方法があることをご存知でしょうか?今回は利息を気にせずにキャッシングを行う方法についてお伝えしていきたいと思います。

利息がかかることなくキャッシングを行う方法の1つとして、「利用したことがない消費者金融でキャッシングを行う」と言うことが挙げられます。その消費者金融にて「初めてキャッシングを利用する方は最大で90日間利息がかからない」と言うプランかつ金額を借り入れることになれば金利がかからずにキャッシングを行うことができます。私もそのような方法でキャッシングを行い、金がかかることなくキャッシングを行うことができましたので、私のように金利をかけずにキャッシングを行いたいと言う方は大変おすすめの方法です。

アイフルのデンタルローンを解説

アイフルでは借りたお金の使いみちが限られているものの、カードローンよりもお得に借入ができる可能性が高い目的ローンを多数取り扱っています。同社の目的ローンの中でも歯科治療費用をお得に借入できるデンタルローンについて詳しく解説していきます。

デンタルローンの貸付条件は融資限度額が50万円まで実質年率が13.0%から17.0%(2018年7月11日時点)となっています。借りたお金の使いみちは契約者本人またはその家族の高額歯科治療費用に充てることができ、お金の使いみちを証明できる書類として診断書や請求書などの書類を提出する必要があります。

なおデンタルローンは無担保ローンなので連帯保証人や担保などは不要で契約できます。

銀行のカードローンのメリットについて

カードローンを比較した場合、消費者金融よりも銀行の方が金利が低く、利息を抑えられることはよく知られています。

銀行のカードローンには、金利以外でも、金銭的に大きなメリットがあります。それは、ATMの利用手数料です。

消費者金融の場合、自社のATMや親会社である銀行のATMの手数料は無料ですが、コンビニのATMや提携銀行のATMを使うと108~216円程度の手数料がかかります。

一方で、銀行の場合、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックや楽天銀行のスーパーローンなど、自行のATMはもちろん、提携銀行やコンビニのATMを使っても、手数料無料になる場合が多くなっています。三井住友銀行のカードローンは、提携銀行のATMは有料ですが、ゆうちょ銀行とコンビニのATMは無料になる等、消費者金融よりも無料で使えるATMが多くなっています。

ATMの利用手数料は金利と同じように、カードローンの必要経費となります。申込み前には、無料で使えるATMが自分の行動範囲のなかにどれくらいあるか、確かめるようにしましょう。

キャッシングの本人確認の為の書類

キャッシングにおける本人確認書というのは基本的には運転免許証が一番良いでしょう。顔写真もありますし、まず間違いなく信用されることになります。ただし他のものでも別に構わないということにもなっていますから運転免許持ってない人は他の書類を持っていくようにしましょう。

例えばパスポートでもいいですし、健康保険証でもよいです。自分のことを証明することができる書類、証と言うのは割とあります。キャッシングサービスではそういう情報から貸すことができるのかどうかという情報も問い合わせているので、とても重要な書類となるわけです。普段から持っている人であればそれでよいのですが、持ち歩かない人はキャッシングの申込みをするときにはキチンともって行きましょう。