アコムのビジネスサポートカードローンって一体

アコムでは世間一般に広く知られている無担保型カードローンだけでなく、ビジネスサポートカードローンという種類のカードローンの取り扱いも行っています。このカードローンはいったいどのようなカードローンなのでしょうか。

アコムのビジネスサポートカードローンは個人事業主を応援するカードローンであり、このカードローンを利用して借りたお金は事業性資金として使うことができます。同カードローンは事業性ローンサービスということもあって総量規制対象外となっていますし、融資限度額は最高で300万円と高額に設定されている上に、最短で即日借り入れもできるので個人事業主が急に事業性資金が必要となった時に便利に利用することができます。

カードローンの審査に通るために必要なこと

現在はさまざまな企業がカードローンを提供しているので一概にはいえませんが、カードローンの審査を通るためにまず必要になることは「毎月安定した収入がどうか」という点です。

会社勤めをされている方などでしたら毎月お給料が入ってきているかと思いますので問題ありませんが、自営業や個人事業主など、働いてはいるけれど月々の収入が不安定であったりすると審査に通るのが難しくなることがあります。また一定期間収入があったということも大切で、1~2ヶ月ほどではあまり安定しているとみなされないため、半年から1年程度毎月収入があることが大切です。

また意外と忘れがちなのが年齢制限です。大手ですと20歳~69歳といったところが多く未成年への貸し付けは行っていないところがほとんどです。

キャッシングの申し込みに必要な書類には違いがある

カードローンの申し込みをする際に必要な書類は、どこの消費者金融でも大きな違いはありません。

免許証などの本人確認書類の提出はもちろん必要になってきます。その他、状況によって提出書類は異なってきますが、一番の違いは収入証明書を提出するかしないかという点です。

希望利用限度額が50万円を超える時には収入証明書の提出が必要になってきます。50万円を超えないときでも、提出が必要になってくる時があります。

それは、他社の借り入れも含めて借り入れ金全体の額が収入の3分の1を超えると見込まれる場合です。

その根拠には総量規制が関わっており、収入の3分の1を超える貸し出しを禁止しているところにあります。

ただし、銀行系のカードローンは総量規制の対象外になっており、銀行の裁量で3分の1を超える貸し出しも可能です。

消費者金融プロミスを利用するメリット

消費者金融や銀行系のカードローンは多数あります。多くのローンは初回契約時から1ヶ月程度は無利息期間を設定しています。その期間を過ぎると無利息期間はもう発生しません。プロミスも同じように契約してから30日間は無利息で借り入れをすることができます。

プロミスが他社と違うのは初回だけでなく、契約途中でも無利息期間を得ることができます。インターネット会員に申し込み、月に1回ログインをしたり、収入証明書を提出、メールでのメッセージを受信するとポイントがたまる仕組みがあります。この得たポイントに応じて、7日間、14日間など無利息期間を得れます。これは1回に限定されず、何度でもポイントがたまるたびに使える非常にありがたいシステムになっています。

消費者金融と銀行系カードローンの金利差

一般的に銀行系カードローンと消費者金融では、前者の方が金利面では安いというのは常識的なところだと思います。

両者の金利の差というのはおおよその範囲でスト、上限レベルですとおおよそ4%から6%くらいは平均して差があります。

場合によっては上限金利が50万円や100万円くらいでも金利差が6%から8%くらいさが付くようなケースもありますので、

少額レベルですとかなり大きな差になってしまうようなケースがあり得るというわけです。

下限金利については借入限度額の設定にもよりますが、こちらもおおよそ2~4%くらいは差があるといっていいでしょう。

それくらい、金利面では銀行と消費者金融では差があるといっていいでしょう。