スルガ銀行カードローン リザーブドプラントの独自の部分は?

スルガ銀行のカードローンであるリザーブドプラントいうのは他のカードローンとは違った面を有しています。

まずひとつはVISAカードとしてもそのまま利用ができるという点です。

ショッピングにもそのまま併用ができるということですから、わざわざお金をおろしてキャッシングをしなくてもいいというのが利点です。

二つ目は、500万円までなら収入証明書が要らないという点です。

収入証明書が要らないところというのはいろいろな会社がありますが、消費者金融でも50万円蔵までだったり、銀行でも

せいぜい300万円くらいまでと高額の料金になればなるほど必要な書類となってきます。

ですが、ここまで高額の場合にまでいらないというのはまずないレベルです。

三つ目は、死亡または所定の高度障害状態に該当した時などといったことが起こったとしても、「保険でローンを全額返済」できるという

消費者信用団体生命保険を付保できる(申込時選択制)ことです。

 この方法により、保険関連の書類手続きの面倒な部分がなくなるだけではなく、保険料も銀行が負担してくれるので

かなり大きなメリットが期待できるというわけです。

この三つがスルガ銀行カードローンが持っているほかにはない大きな特徴となっています。

カードローンの審査で重要視されるポイント

消費者金融や銀行のカードローンを利用するためには、当然ながら審査に通る必要があります。カードローンは、保証人なし・担保なしでお金を借りることができるため、審査では申込者にしっかりとした返済能力があるか、という点がポイントとなります。

とはいえ、非正規雇用で働いているから、年収が低いから、という点はそれほど重視はされません。契約社員やアルバイトでも同じ職場で長く働いていれば、信頼度が高くなりますし、年収が低い場合は、その年収に合わせて、無理なく返済できそうな利用限度額が設定されます。

審査で最も重要視されるのは、既に複数の金融機関にカードローンを申し込んで断られた経緯がある、過去にカードローンを利用して滞納したことがある、他社から借りていて返済が滞っている、といった不安要素の有無です。お金を貸しても、きちんと返してくれないかもしれない。金融機関にそんな不安を感じさせる人は審査に通りにくくなってしまいます。

そのため、カードローンは初めて利用する人は審査に通りやすいと言われています。とはいえ、初めての人は、信用度も白紙の状態。いきなり大金を借りることは難しくなっています。利用限度額は50万円以下に設定される場合がほとんどです。実績を積み上げて、信用度を上げることで、利用限度額増額の可能性が生まれるようになっています。