キャッシングとは総量規制というのがありますが

キャッシングとは消費者金融とか銀行がやることになっているサービスであり、要するにお金を借りる、ということになります。これは銀行は違うのですが消費者金融においては総量規制というのが引っかかることになります。

これは年収の三分の一を超える金額を貸してはいけない、というものであり、これが貸付制限になります。しかし、その対象外となることもあるのです。まず、そもそも銀行は対象外になりますし、消費者金融の場合でも総量規制対象外となることがあります。それがおまとめローンなどのことです。

つまりは、一つの纏めることによって借り手にメリットがあると明確にわかるものであれば実は対象ではなくなります。銀行が対象外、ということはかなり知られていることではあるのですが、そうではなく貸金業者もその対象外となるパターンがある、というのは知っておく価値があるといえるでしょう。

ちなみに借入れるときにしっかりとまとめることになりますといえば他所からの借金で総量規制を超えているとしても検討してもらうことは可能です。まずはそう伝えてみるようにしましょう。意外としっかりと相談に乗ってくれることが多いのでまずは試してみる価値があります。

カードレス契約ができるキャッシング

大手のキャッシングにはATMで利用する為のカードがつきものですが、この発行がないキャッシングを利用すると、カードの受け取りの手間が無かったり、人にそれを見られてキャッシングの利用がバレてしまう危険がありません。その為、最近ではこのようなカードレスキャッシングを利用する人も増えています。

中小の業者では元々カードの発行自体がないことも多いですが、大手でもカードレス契約ができるのはプロミスとモビット、そしてレイクです。

プロミスではWEB完結での申込みを利用すると、カードの発行がありません。ただし、この申込みを利用するには口座引き落としでの返済を選択する必要があり、申込みの途中で「カードは不要」と選択してください。
モビットでも同様にWEB完結ではカードの発行がありません。

この場合はプロミスより多くの条件が付くので簡単にWEB完結で申込みを行える訳ではありませんが、カードを発行することなく契約を行うことができます。
更にレイクでもネットからの申込みの途中で「カードレスを希望の方」を選択することで、上記の2社と同様にカードが発行されません。この3社に共通する点として、カードレス契約をしたい場合にはいずれもネットから申込みを行うという点です。

注意点として、カードレス契約をした場合でもプロミスとレイクでは後から希望をすればカードを発行してもらうことができますが、モビットでは一切そのようなことはできないので注意してください。モビットのWEB完結は完全なカードレス契約専用になります。

ネットでキャッシングの利息を比較

現金が必要となる際に利用出来るサービスとしてキャッシングがありますが、ネットから簡単に申請が出来る点も魅力的ですが、現在大手金融機関から、キャッシングを専門に扱う機関まで幅広く見つける事が出来る様になりました。そこで、各社の違いを比較するためにもまずは各社の利息を比べてみましょう。

利息が少しでも異なると、返済金額にも大きな影響を及ぼし、高額なキャッシングをする際には利息によっては数万円単位で返済金額が異なるケースも考えられます。まずは具体的に借り入れを行う金額を決め、そして毎月いくら程度の金額を返済する予定にしているかという情報を決めてしまいましょう。

その中で、各金融機関の利息を調べる事で最もお得な金融機関を見つける事が出来るでしょう。金融機関のホームページから簡単に利息を調べる事も出来ますので、簡易的な審査や利息を調べてみましょう。借り入れ金額に応じて利息は変わって来ますので、必ずご自身が借り入れを行う具体的な金額にて算出する事が重要です。

返済期間が短くなればなるほど、利息を少なくする事も出来ますが、毎月の返済は無理の無い金額で、よりリアルな数字で算出する事で、現実的な数字を算出出来るでしょう。

急な引越しでも助かった!カードローンのキャッシング

就職活動中の話です。関東圏から首都近郊へ就職希望で活動していたところ、企業から東京に出て来れれば考えるんだけど、と言われてしまいました。向こうも乗り気、こちらも第一希望なのでここで決まってほしい。それに就職活動での交通費も馬鹿にならない。

どうせなら先に引越したほうがお得なのでは?と、引越すことに決定。ただし、学費にバイト代を充ててたために貯金が無い。調べたら入居費用コミコミ15万でOKの部屋を発見しました。荷物が多いので引越し業者に頼まなければならず、合わせて総費用25万円ほど。

親に頼もうにも急には用意できないと当たり前に断られ、途方に暮れていたところ、あることを思い出しました。それは、大学に入って暫くしてから作った銀行クレジットカードのキャッシング枠。多分使わないだろうとお守り程度に持っていたのですが、限度額を調べたところ丁度引越し資金くらいありました。

たとえ雀の涙の給料でも継続しておいてよかった、アルバイト。カードのキャッシングで借りたお金で引っ越して、無事就職も決まりました。返済は月々決まった日に固定の額を返していけば良いので安心です。銀行系なので、自動で口座から引き落とし設定にしておけば、返済忘れの心配もありません。何より急な出費にすぐ対応できたのがよかったです。学生時代にカードを作っておくと便利というのはこういうことなんですね。