銀行カードローンの保証会社に対し過剰融資対策の強化要請がされた!

銀行カードローンにおける、過剰貸付や借り入れにより、多重債務問題が再燃していることが問題化しています。結果、銀行独自の自主規制により、所得証明書類の提出が必要になったり、総量規制に準拠し年収の1/3までの利用限度になるといったことが行われています。

しかし、銀行側の対応遅れもあり、2017年8月21日に日本貸金業協会は銀行カードローンの保証会社に対し、過剰融資対策の強化要請が行われました。これは、今後、保証会社がより審査を厳しく行うということに直結しています。

つまり、銀行カードローンでも消費者金融のキャッシングローンと同等の融資額になる可能性が高くなりました。そもそも、保証会社の多くは、消費者金融系ないしは大手クレジットカード会社となっており、日本貸金業協会の登録会員です。登録会員となっている場合、定期監査ないしは特別監査を受けることとなるため、過剰融資が露呈した場合は是正指示または処分を受けるリスクがあります。

今回の日本貸金業協会の対策の強化要請は、より銀行カードローンの審査が通り難くなるだけでなく、現在借り入れがある方は利用限度額が減額される可能性が生じています。結果として、銀行カードローンは総量規制の対象外ということでは無くなっているため、申し込みをする際は希望額を必要最小限に抑えるなど対策が重要になります。

レイクの2つの無利息サービスとは?

新生銀行のカードローン「レイク」では、2種類の無利息サービスを提供しています。1つは契約日より30日間無利息になるサービスで、もう1つは同じく契約日から180日間も無利息になるという、他所では見ないレイク独自のサービスです。

この無利息サービスは契約時に提供されまずが、限度額が200万円以下の契約の場合は好きな方を選ぶことができます。200万円を超える限度額の契約では30日間の方のみ利用することができる仕組みです。

30日間の無利息サービスでは、契約から30日間は利用金額に関わらず、一切無利息になります。そして、180日間の無利息サービスはまずそちらを選択し、利用金額を5万円までに抑える必要があります。5万円までの借り入れ分のみ無利息になります。

つまり、180日間の方を選択した場合も、5万円を超える借り入れを行ってしまうと、5万円を超えた分には利息が掛かります。例えば8万円を借りると、5万円を超えた3万円分には普通に利息が掛かるのです。無利息期間こそ180日間続きますが、その間でも5万円までしか無利息になりません。

よって、200万円以下の限度額での契約時にどちらを選択した方がお得になるかは、カードローンの使い方によります。数万円単位の借り入れ、返済を繰り返すような使い方をする場合には180日間の方がお得ですが、最初から10万円以上の高額な借り入れを行う場合には30日間の方がいいかも知れません。

このように、レイクを利用する際にはこの無利息サービスの選択が重要になります。少しでも自分が得になると思う方を選択してください。

カードローンはよく考えて即決しないで周りに相談を

子供ができて、荷物などがたくさんのる車を物色していたところ、まだ買う気はなかったのについつい話にのせられその日に購入するまで話をすすめてしまった。新車で諸費用などもろもろで160万ほどかかりました。ナビがつくサービスがありその条件が100万以上のローンを組む事だったので、すすめられた通りローンを組みました。

早くローンを返したいからと、月に支払う金額を高めに設定しました。私は主婦で旦那さんの給料だけで生活をしなければいけないので負担をできるだけ少なく、支払い額を低めに10年で返済を組みました。その会社も10年をすすめられたので。後で冷静に考えると利息が60万ほどかかってしまってアホらしくなったので、それでも負担は少なくしたかったので7年で返済を組みなおしました。別の車屋さんに話したら、7年もその車乗るの?と半笑いで言われ正直早まったと後悔しました。でも買い換えて前回の車よりは快適に過ごせてるので車自体には満足いってます。

手持ちはないが借り入れができるからといって安易にローンを組むと後々、苦しむことになります。手元に現金もあった上で無理のない返済を自分たちで考えて見てください。言われるがままにはいはいと任せてしまうとこちらには不利なことになりかねません。

ネットと連動性の高い楽天ローンの条件設定

様々な業者からカードローンサービスの提供がありますが、楽天ローンは金利設定が4.9%から14.5%となっており、これは銀行としては特別に低いわけではなくても消費者金融と比較すれば低金利ですし、銀行や信販、色々な貸金業者全般含めてみると低い金利水準でのサービスとなっています。

銀行提供のローンサービスでもありますから、年収の3分の1までの借入という規制も無いですし、原則としては300万円以下の申込みでは収入証明書の提示も必要無いです。

楽天カード自体は幅広い層が使っていますし、キャッシング可能なカードローンサービスでは専業主婦も多く利用しており、入会時に楽天ポイントをプレゼントしてもらえるメリットもあります。

融資可能枠が最大500万円であり、用途自由なキャッシングも出来ますから利便性も高く、高収入でなくても安定収入があればバイトやパートの方も利用出来ますし、配偶者の返済能力の信用を担保にして専業主婦も活用出来る仕組みです。

インターネットとの連動制も優れていますから、パソコンやスマホ等から手続きも迅速に行う事が出来ますし、楽天銀行に口座を開いていれば24時間いつでも振込出来るようになっています。

申込みや審査もネット経由で行えますし、忙しい方でも何時でも利用開始出来るシステムです。

モビットの強み

キャッシングを利用できる業者は数多く存在しますが、それぞれの業者は他社のとの差別化を図るため、自社にしかないようなサービスを備えています。キャッシングを利用する上で何を重要視するのかは人それぞれだと思いますが、もし申込みをする際に自宅や勤め先への在籍確認を省略したい場合には、モビットという業者の利用がおすすめです。

この在籍確認の撤廃はモビットが最大の強みとしておこなっているサービスであり、自宅への郵送物や、勤め先への電話連絡がありませんから、キャッシング利用を回りに知られるということはありません。この在籍確認の撤廃は他の業者ではほとんどおこなっていませんから、この部分に魅力を感じるなら借入先はモビットに決まりでしょう。

モビットは他にも魅力的な面が多数あります。審査スピードも速い傾向にありますし、最近流行のweb完結方式での申込みにも対応していますから、来店する手間や、審査待ちの時間などを大幅に短縮することが出来ます。何より、モビットは銀行系の業者ですので、金利も良心的ですし、何より銀行系ということで安心して利用することが出来ますよね。

以上のことからモビットは、キャッシング利用時の借入先としては大変優れた業者だと言えるでしょう。