キャッシングによるおまとめローンは、皆さんが普通にご利用になっております。

ショッピング等で利用するクレジットカード。このクレジットカードは非常に便利である上に、ポイントまで付き、そのポイントをほかの買い物の代金に充てることができる。

しかし、ショップごとにクレジットカードを新規で作り、それを使い分けているうちに、どのクレジットカードにどれだけのご利用残高が溜まっているかは、非常に管理しにくいものがあります。その結果、各クレジットカードの支払代金が大きく膨れ上がり、返済に苦しむこともあるのではないでしょうか?

クレジットカードの金利は高額な場合が多いです。

その結果、支払いが非常に苦しい。または、いっぱいいっぱいである方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでお勧めしたいのが、キャッシングのおまとめローンです。

このおまとめローンは、各クレジットカードのご利用残高を全て合算し、一つにまとめて返済をするというものです。

これには、メリットしかありません。

なぜならば、一つにまとめることによって、分割された代金を、約定返済日にまとめて支払えばよいからです。

一つにまとめることによって、金利も非常に下がります。

おまとめローンの商品を出されている金融機関さんは非常に多いです。

そして、金利の部分をよく見てみてください。

非常に低いんです。

ですから、それまで金利で返済がなかなか進まなかった方も、おまとめローンですと、低金利ですので、元金をみるみるうちに減らすことができます。

その結果、早いうちに全額が返済できるという、大変すばらしい商品です。

また、ポイントもみるみるうちに溜まってきますので、様々な使い道ができます。

ポイントで返済をすることも、ポイントでお買い物をすることもできます。

ですから、キャッシングはメリットしかない、非常に便利なものだと思います。

キャッシュレス決済の利用を行っていく

軽減税率が本格化をする前にキャッシュレス決済を行うとキャッシュバックや割引が適用される、というキャンペーンを行っているところがあります。

同じ買い物であればお得に、と考えているのでキャッシュレス決済を行うようになりました。

スーパーでもキャッシュレス決済に対応をしているところが出てきているので、使うことができる店舗もかなり増えてきています。

キャッシュレス決済を行いたいと考えているのであれば、アプリをダウンロードする必要もありますが、軽減税率が本格的になってきたら、ダウンロードをするのも大変になってしまうと思います。

ですから本格化をする前にダウンロードを行い、使い方に慣れておくことも必要です。

いざ、軽減税率が導入されて、困ることがないようにしたいと思っているので、早めに対応をしてキャッシュレスにすれば良かった、と後悔しないようにしたいと思っています。

キャッシュレス決済専用の口座も開設して、そこにお金を一定金額入金をしておくことにより、余計なお金を使うことも防止することができると思います。

買い物専用の口座を作る、ということがポイントです。

貯蓄などで使っているメインバンクを指定してしまうと、お金の管理もしにくくなると思います。

自動契約機やATMの進化で便利になるキャッシング

お金を借りるのは簡単だが、返すのは難しい、というイメージが、業者相手の借金にはあります。それはドラマなどで、コワモテの人たちに凄まれたりするシーンが頭にあったりするからなのですが、大昔ならともかく、今は自動契約機やATMがいたるところにあるため、返済も極めてノンプレッシャーで行えるようになっています。

もちろん返す額自体は一緒ながら、どこにいてもすぐに返せるというのは極めて便利ですし、借りたお店まで足を運ばなくていいという意味で、交通費がかからず、実際的にもお得ということになります。少なくとも物理的に「接触」という事態を避けられているわけですから、凄まれたりといったトラブルは今や起きようもなく、安心して返済していくことができるのです。

キャッシング返済でも来店不要? スマホで借金を返す時代

多くのサラ金をテーマにした漫画やドラマだと、借金を返す際には、事務所に行って、コワモテの人たちと対峙しなければならないというシーンが頻繁にありますが、現実ではほとんどそうした状況は見られません。

今やほとんど借金の返済はATMを介して行われ、電話でのやり取りも必要がないということにもなっていますが、近年ではその傾向がさらに進み、スマホやWEBで手続きを終了し、返済ができるというサービスも導入されつつあります。

そうしたシステムを介するなら、家から出なくても決済を完了できますし、窓口が閉まってしまうという状況に泣かされることもありません。金融という本質はどこも同じと言えるわけですから、今後はこうしたデジタル式のシステムを導入した業者に人気が集まるかも知れません。

財布にお金を入れないで持ち歩く節約法

皆さんはたぶん、財布にだいたい千円ほど入れて持ち歩いていると思います。しかし私は節約することにおいて財布にお金を入れて持ち歩くのはあまりお勧めしません。

節約するなら財布にお金は入れてはいけません。

皆さんは出かけるときに財布にお金を入れて出かけると思いますが節約しようと決めていても何かのはずみでお金を使いたくなることがあります。

例えば夏に外を歩いていてのどが渇いたら人間の本能で飲み物を自動販売機で買ってしまうと思います。また朝食をあまり食べずに出かけたときなんかはおなかが減ってコンビニでおにぎりやチキンなんかを買うかもしれません。こういうことの積み重ねでお金はどんどん減っていきます。下手したら月に一万円消費してしまう可能性もあります。それを防ぐために財布にお金をも入れないようにするんです。出かけているときに前に書いたようなことがあってもお金がなかったら絶対に変えません。

まさか盗もうなんてことは99パーセントの人間はしないと思います。財布にお金を入れないで出かけることは本能での買い物を防ぐ強力な抑止力になります。

では財布に何を入れて出かけるのか?と思うかもしれません。

その答えは出先で使うものだけです。例えば図書館に行くのなら図書カードのみ、近くを車でドライブするのであれば免許証だけ入れていけばいいと思います。

ただしキャシュカードなど出先でお金に換えることのできるものは持ち歩かないようにしましょう。

節約と貯蓄をするために私が実践していること

節約と貯蓄をするために実践していることは、まず家計簿をつけることです。お金を何に使ったかという事を自覚するためです。あまり何にお金を使ったか自覚しないまま買い物をしたりすると無駄遣いに気づかない場合があります。

生活に必要なものは買うべきですが、それも値段と必要さをよく考えてから買わないとどんどん無駄遣いになってしまいます。一方、ある程度長く使うものはただ安いだけでなく気に入ったもので丈夫なものなら多少高価でもいいと思いますし、安いものを買って後悔してデッドストックに入るよりいいです。

買っても気に入らないものは安くても高くても無駄遣いになっていると思うので、買う前によく考えることが必要だと思います。そういった意味では衝動買いは貯金と節約の為には避けた方が無難です。買い物に行く前に買うものを決めて、それ以上買う場合はすぐに決断しない(その日は買わないなど)ことである程度は防げます。

あと、手元にお金があるとどうしても使ってしまう場合は必ず現金で買い物することをおすすめします。決まった金額しか財布に入れず銀行からお金を下ろす回数は月1回にして、毎月の買い物の予算をあらかじめ決めて守るといいと思います。もし、急な出費でその月の予算をオーバーしてしまったら、オーバーした分を次の月にマイナスして節約するとうまくいきます。

どうしてもマイナスが減らない場合は予算が低すぎるか無駄遣いが多すぎるかのどちらかなので、家計簿を見ながら色々検討してみるといいのではないかとおもいます。