携帯代(通信費)の節約は実は簡単

節約と言えば、食費を抑えるために間食を控えたり・ビールを発泡酒に変えたりと、今の生活から何かを我慢することで余計な支出を抑えることといったイメージが強いと思います。

しかし、そのような我慢をしなくても余計な支出を抑えることが出来るのです。

それは、携帯代の節約です。

具体的に言うと、格安SIMに切り替えることにより毎月かかっている携帯代を我慢することなく抑えることが出来るのです。

未だに多くの人が使っている、au・docomo・softbankのいわゆる三大キャリアと呼ばれる携帯会社を使っている人の多くは、月に携帯代を1万円多い人で2万円近くも払っている人がいます。これを格安SIMに変えるだけで月の携帯代を5千円程度に抑えることも可能です。選択する格安SIMの会社とプランによっては、3千円台にすることも可能です。

しかし、格安SIMにすることで携帯代を抑えるメリットはあるのですが、三大キャリアに比べてサポート体制が充実していないと言ったデメリットもあります。

そんな人には、auとsoftbankの2社がサブブランドとして出している格安SIMを選ぶことで他の格安SIM会社に比べ充実したサポートを受けることが出来ます。

もし、我慢することなく節約をしたい人がいるのであれば、一度格安SIMを経験してみるのも良いと思います。

銀行カードローンの自主規制の実態は

改正貸金業法では消費者金融などを代表とする貸金業者には総量規制という貸付規制がありますが、銀行は貸金業法ではなく銀行法で規制されるので総量規制が適用されませんでした。それが、近年社会問題化している銀行カードローンの過剰融資を引き起こした一因であることは疑いありません。

法的な規制を逃れるために全国銀行協会は自主規制という形で貸付規制を行っていますが、報道によれば総量規制並に年収の三分の一の自主規制を行っているのは銀行全体ではそれほど多くなく、年収の二分の一の自主規制が多く、貸付規制を設けていない銀行も少なくありません。

一時期よりも過剰融資問題は沈静化していますが、さらなる対策が必要になってくるでしょう。

キャッシングの審査結果は教えてもらえない

何か物が壊れたり、出費が重なる季節というのは人生の中で幾度となくあるものです。ですからそうした時すぐにお金が借りられるキャッシングサービスというのはとてもありがたいものでもあります。けれどそうした便利なキャッシングサービスも、誰でも利用できるというわけではなく審査が必要です。

中には審査が通らない人もいて、キャッシングが利用できないということもあります。ちゃんと書類も手続きもしっかり行ったのに審査に通らないと疑問も生じてしまいますが、こうした審査内容は具体的には教えてもらえませんし、何故通らなかったのも分からないことがほとんどです。

けれどそれは会社基準による判断なので、一つのキャッシング会社ではだめでも、他のキャッシング会社でなら通るということもあるのです。

節約の仕組み化

節約をするには気づくとお金が溜まっている仕組みを作ることが大事です。昨今テレビや雑誌では様々な節約のテクニックが披露されていますが、これらは少なからず時間や面倒ものであり、結局長続きしません。また節約には効果の大きいところから手をつける必要があります一般的に資質には固定費と変動費がありますが固定費について削減を行うことが大きな節約のメリットがあります。

固定費をいちど削減する仕組みを作ればそれ以降は特に負担もなく支出をを削減していくことができます。固定費の削減で大きな効果があるのが住宅ローンの見直しと通信料金、保健料金の見直しです。住宅ローンについては今借りている銀行の金利に対して他行の金利を比較してみることをおすすめします。

また他行の金利が安い場合、借り換えの検討や、他行への借り換えを交渉の材料とし今借りている銀行に金利の引き下げを交渉することもできます。また通信費については格安SIMの普及に伴いキャリアを見直すことも大きな削減効果が期待できます。

保健料金についても疾病手当金や遺族年金といった社会保障が充実していますので本当に必要なものは何かを吟味し民間の保険に入ることが必要だと思います。

電気代を安くするには、解放する。

気密性が高いオール電化の住宅限定ですが。

冬のエアコン暖房は高いです。

そこで暖房をするときはつけっぱなしにします。

いちいち消したりすると、エアコンをつけたときに温度が上がるまでが電力使います。

設定温度も20度だと節約に繋がります。

一泊するときも、つけっぱなしにしておいたほうがいいです。

ただ一週間も家を開けるのであれば、そこは誰もいない家だと、割りきり消してもいいと思います。

冬になり初めて暖房つけて、春先まで、つけっぱなしにしときます。

電気をこまめに消すのはトイレの電気、誰もいない部屋の電気で、エアコンの暖房は、つけっぱなしにしたほうが断然安いです。

それに寒い冬に家に帰ったときの、あの寒い気持ち、嫌ですよね。

気密性が高いと暖かさが逃げませんから快適です。

私は、毎年そうしてます。

冷房は、暖房よりは高くないので外出をするときは消してます。

でも、冷房、暖房にしろ、フィルター掃除は、こまめに、したほうがいいと思います。

フィルターに、ほこりが、いっぱい付着してると余計に光熱費がかかるものです。

各家庭で家の大きさ部屋の数は違うと思いますが、気密性が高い住宅は、だいたい、エアコン暖房になってます。

石油ストーブとかなら、かなり安いでしょうけど、換気の意味で危ないですから、エアコン暖房のみだと、高上りですが、こまめに消すのはやめましょう。

消費者金融のキャッシングで、もっと借りたいという場合の対応方法

キャッシングの広告では、最高500万円まで借り入れ可能!などと宣伝していますが、消費者金融では年収の3分の1までしか借入できないことが法律で決まっています。実際に借り入れをする場合は、利用者の年収や属性を元に、1人1人個別に借入限度額が決まります。初めての借り入れでは、ほとんどの人が50万円未満になるようです。

キャッシングを利用していて、現在の利用限度額では足りない、もっと借りたい、という状況になった場合、さらに借入するために消費者金融に申し込むのは、おすすめしません。複数の金融機関から借りていると、返済日を間違えたりといったトラブルが増え、また、多重債務の原因にもなりうるからです。

消費者金融では、利用限度額をアップする「増額申込み」ができます。これまでの利用で、期日をきちんと守って返済してきたという実績があれば、増額審査に通る可能性が高くなります。借入額を増やしたいという人は、現在利用中の消費者金融に相談してみるとよいでしょう。