銀行カードローンを利用するのに向いているはどのような状況の時?

キャッシングをする時に消費者金融を利用する人が増えてきていますが、状況によっては銀行カードローンを利用する方が向いているケースもあります。そのような時は銀行カードローンを利用した方が上手にお金を借りる事が出来ます。そこでどのような状況の時に銀行カードローンを利用するのが向いているのか見ていきましょう。

消費者金融は上限金利が18%から20%で設定されているので高いですよね。しかし銀行カードローンは上限金利が14%から15%ぐらいで設定されているので消費者金融よりも低いです。返済する時に負担をかけたくない状況の時は銀行カードローンを利用するのが向いています。

また消費者金融は総量規制の対象になっているので多額の借り入れをする時に支障が出てしまう事も少なくありません。銀行カードローンは総量規制の対象外なので多額の借り入れをする必要がある状況の時も利用するのに向いています。

プロミスならカードがなくても利用できる

キャッシングのWEB申し込みの場合、カードが届くまでの間は振り込みという形でお金を借りることになります。ただ、振り込みという形ではなく少しでも早くATMを使ってお金を借りたいという人もいるでしょう。そんな場合は、カードレスでATMを使用できるアプリローンがあるプロミスを選んでおくと良いでしょう。

アプリローンは、スマートフォンさえあればいつでもATMから借り入れや返済ができるとても便利なサービスです。契約後に、店頭や自動契約機にカードを取りに行ったり、郵送でカードが届くのを待つ必要がありません。そのため、少しでも早くお金を借りたい、手軽にキャッシングを利用したいという場合は、プロミスの利用がおすすめです。

ネット完結でキャッシングする事が出来るだけじゃない楽天銀行スーパーローンの良い部分は?

楽天銀行スーパーローンはネット完結でキャッシングをする事が出来る銀行カードローンなので利便性が高いと口コミで評判になっています。その影響でお金を借りたい時に利用する人も増えてきていますが、その他にも良い部分があるので紹介していきましょう。

銀行カードローンで100万円以上の借り入れをする時は収入証明書を提出しなければいけなくなります。収入証明書は準備するのに手間がかかるので面倒に感じてしまう人も少なくないでしょう。

しかし楽天銀行スーパーローンは会社員であれば借入希望額が300万円未満であれば収入証明書の提出が不要になります。100万円以上の借り入れをする時でも収入証明書を提出する必要がなくなるケースがある点を良いと感じている人もいます。

せめて銀行発行のローンカードをお勧めします。

キャッシングは基本的にしない!これに尽きると思うのですが、これでは話にならないので書き続けます。

借入が必要になる場面は、やむを得ず発生すると思います。

家を買ったり、車を買ったり。

でも、キャッシングと言うのは、現金を買うというと表現が変ですが、

100円の現金を120円で買うようなものだと思うのです。

これをベースに考えると、仮にキャッシングをするにしても、信販系や元々サラ金と呼ばれていた

金融会社のカードを持つことは非常に危険です。

緊急時の保険のためにやむを得ずという場合でも、銀行系のローンカードを用意するのが得策です。

但し、最近は銀行も信販系と提携してローンカードを発行していたりするので注意が必要です。

銀行でローンカードを作る場合でも、銀行プロパーによる発行のローンカードをお勧めします。

やっぱり金利は少しでも低い方が返済も楽です。金利がグレーゾーンぎりぎりのカードは本当に危険ですよ。