キャッシングにおける増額申込みは二通りのパターンがある

キャッシングサービスというのは最初に何万円まで貸せますという事が設定されるわけですが、その金額では満足できない、ということがあるでしょう。そんなときに増額申込みをします。そもそも利用限度額を増額する方法としては、二通りあります。

一つとしては業者から増額の案内が届くパターン、そしてもう一つが自分で増額を希望するパターンです。自分で申し込む場合、業者の機械で増額申込みというボタンが出て来るのでそれを押して、依頼する、ということになります。

業者によってやや違いますが増額申込みができるような状態ではない人ではそのボタンが出てこない、といったよう機械を使っているところが多いです。業者から案内がくる場合、大抵の場合は通ります。

解約証明書や完済証明書について

カードローンを解約するときに、解約を証明するためのものや関西をした際の証明書を発行してもらえることがあります。

会社によって発行条件や送られてくる方法も違うようですが、多くの金融業者では解約証明書は解約時に依頼しないと発行してもらえないようです。

解約に関しては、電話などでしっかりと確認することによって本人かどうかを確認することや、しっかりと事情を聞いてからでないと解約できないようにしていることから、

証明書に関しても、インターネットからではなく郵送という古いやり方が多いのでしょう。

完済証明書に関しては、基本的には郵送で証明書が送られてくるのが一般的なようで、例外的にプロミスやアコムが窓口解約を行う場合にはその場で即日発行ができるようになっています。

アイフルの教育ローンの概要やメリット

アイフルでは使いみちが自由なキャッシングローンに加えて、教育資金をお得に調達できる教育ローンの取り扱いもあります。教育ローンの概要やメリットを確認していきましょう。

まず貸付条件ですが、2018年12月6日時点で融資限度額が100万円まで、実質年率が9.8%から12.0%となっています。アイフルのキャッシングローンの場合実質年率の上限が18.0%となっているので、初めてアイフルと契約する場合でも教育ローンであれば非常にお得な金利で借り入れができるメリットがあります。

なお借りたお金は基本的に子どもや契約者本人の学費や塾代など教育関係の費用としてのみ利用ができ、契約時には使いみちを証明できる書類を提出する必要があります。

消費者金融でお金を借りる時に中小より大手を利用した方が良い理由は?

消費者金融は大手や中小など多くの業者が存在しているのでキャッシングをする時に迷ってしまう人も少なくないでしょう。中小を利用した方がいいと言う人もいますが、実際は大手の消費者金融を利用した方がいい部分が多いです。そこでお互いの特徴を比較して紹介していきましょう。

中小の消費者金融は店舗に来店をして申し込みをするのが主流になっています。しかし大手の消費者金融はWEB完結申込を利用する事が出来るので来店不要になります。他の人には内緒でお金を借りたいと考えている人は大手の消費者金融を利用した方がいいのではないでしょうか。

また中小の消費者金融は初回借入時から金利が発生するので加算される利息も多くなります。しかし大手の消費者金融は無利息サービスを提供しているので初回借り入れの時に30日間無利息になります。返済する時の負担を軽減したいと考えている人も大手の消費者金融を利用した方がいいのではないでしょうか。