銀行のカードローンのメリットについて

カードローンを比較した場合、消費者金融よりも銀行の方が金利が低く、利息を抑えられることはよく知られています。

銀行のカードローンには、金利以外でも、金銭的に大きなメリットがあります。それは、ATMの利用手数料です。

消費者金融の場合、自社のATMや親会社である銀行のATMの手数料は無料ですが、コンビニのATMや提携銀行のATMを使うと108~216円程度の手数料がかかります。

一方で、銀行の場合、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックや楽天銀行のスーパーローンなど、自行のATMはもちろん、提携銀行やコンビニのATMを使っても、手数料無料になる場合が多くなっています。三井住友銀行のカードローンは、提携銀行のATMは有料ですが、ゆうちょ銀行とコンビニのATMは無料になる等、消費者金融よりも無料で使えるATMが多くなっています。

ATMの利用手数料は金利と同じように、カードローンの必要経費となります。申込み前には、無料で使えるATMが自分の行動範囲のなかにどれくらいあるか、確かめるようにしましょう。

ローンを利用するなら銀行ローンがお得です。

ローンを利用する場合、銀行ローンを利用した方がお得に利用することができます。銀行は消費者金融事業者に比べて審査基準が高く設定されていますが、信用調査などをしっかりと行われてる分、利息に関して低く設定されています。さらに申し込んだ銀行の口座を取得している場合、銀行サービスやローンサービスについて手数料や利息などの優遇が受けられる可能性があるので、お得に利用できます。

また、国の金融政策の影響によって銀行の多くが様々な事業に乗り出しており、ローンサービスの展開に積極的な銀行も少なくありません。このため、独自の優遇サービスを行っている銀行もあり、比較することによってよりお得にすることが可能となっています。

楽天銀行スーパーローンでキャッシングをする時の注意点は?

楽天銀行スーパーローンはWEB完結でキャッシングをする事が出来るネット銀行のカードローンなのですごく便利です。スマホで手続きをする事が出来るので20代の若い世代の人から好評です。しかし楽天銀行スーパーローンでキャッシングをする時は注意点もあるのでしっかり確認していきましょう。

・他社からの借入件数が4件以上だと審査が落ちる

楽天銀行スーパーローンは返済能力がある点を重視するので審査で他社からの借入状況をしっかり確認します。それで他社からの借入件数が4件以上あると審査が落ちてしまいます。また他社からの借入件数が少なくても借入総額が多いと審査に落ちてしまう事もあるので注意が必要です。

・即日融資を受けるのは難しい

楽天銀行スーパーローンはホームページで審査が最短即日回答と掲載されています。しかし人気の高いカードローンなので混雑している事が多いです。それで審査回答が数日かかってしまう可能性が高いので即日融資を受けるのは難しいです。申し込みをしてから借り入れする事が出来るまで3日前後かかると考えておきましょう。

・限度額は年収によって変わる

楽天銀行スーパーローンは限度額が最大800万円までとなっているので多額の借り入れをする事が出来ると思ってしまうでしょう。しかし年収によって限度額の設定も変わってくるので必ずしも多額の借り入れをする事が出来るとは限りません。年収が低い人は限度額も低く設定されてしまうので注意しましょう。

スルガ銀行カードローン リザーブドプラントの独自の部分は?

スルガ銀行のカードローンであるリザーブドプラントいうのは他のカードローンとは違った面を有しています。

まずひとつはVISAカードとしてもそのまま利用ができるという点です。

ショッピングにもそのまま併用ができるということですから、わざわざお金をおろしてキャッシングをしなくてもいいというのが利点です。

二つ目は、500万円までなら収入証明書が要らないという点です。

収入証明書が要らないところというのはいろいろな会社がありますが、消費者金融でも50万円蔵までだったり、銀行でも

せいぜい300万円くらいまでと高額の料金になればなるほど必要な書類となってきます。

ですが、ここまで高額の場合にまでいらないというのはまずないレベルです。

三つ目は、死亡または所定の高度障害状態に該当した時などといったことが起こったとしても、「保険でローンを全額返済」できるという

消費者信用団体生命保険を付保できる(申込時選択制)ことです。

 この方法により、保険関連の書類手続きの面倒な部分がなくなるだけではなく、保険料も銀行が負担してくれるので

かなり大きなメリットが期待できるというわけです。

この三つがスルガ銀行カードローンが持っているほかにはない大きな特徴となっています。

銀行カードローンの保証会社に対し過剰融資対策の強化要請がされた!

銀行カードローンにおける、過剰貸付や借り入れにより、多重債務問題が再燃していることが問題化しています。結果、銀行独自の自主規制により、所得証明書類の提出が必要になったり、総量規制に準拠し年収の1/3までの利用限度になるといったことが行われています。

しかし、銀行側の対応遅れもあり、2017年8月21日に日本貸金業協会は銀行カードローンの保証会社に対し、過剰融資対策の強化要請が行われました。これは、今後、保証会社がより審査を厳しく行うということに直結しています。

つまり、銀行カードローンでも消費者金融のキャッシングローンと同等の融資額になる可能性が高くなりました。そもそも、保証会社の多くは、消費者金融系ないしは大手クレジットカード会社となっており、日本貸金業協会の登録会員です。登録会員となっている場合、定期監査ないしは特別監査を受けることとなるため、過剰融資が露呈した場合は是正指示または処分を受けるリスクがあります。

今回の日本貸金業協会の対策の強化要請は、より銀行カードローンの審査が通り難くなるだけでなく、現在借り入れがある方は利用限度額が減額される可能性が生じています。結果として、銀行カードローンは総量規制の対象外ということでは無くなっているため、申し込みをする際は希望額を必要最小限に抑えるなど対策が重要になります。

ネットと連動性の高い楽天ローンの条件設定

様々な業者からカードローンサービスの提供がありますが、楽天ローンは金利設定が4.9%から14.5%となっており、これは銀行としては特別に低いわけではなくても消費者金融と比較すれば低金利ですし、銀行や信販、色々な貸金業者全般含めてみると低い金利水準でのサービスとなっています。

銀行提供のローンサービスでもありますから、年収の3分の1までの借入という規制も無いですし、原則としては300万円以下の申込みでは収入証明書の提示も必要無いです。

楽天カード自体は幅広い層が使っていますし、キャッシング可能なカードローンサービスでは専業主婦も多く利用しており、入会時に楽天ポイントをプレゼントしてもらえるメリットもあります。

融資可能枠が最大500万円であり、用途自由なキャッシングも出来ますから利便性も高く、高収入でなくても安定収入があればバイトやパートの方も利用出来ますし、配偶者の返済能力の信用を担保にして専業主婦も活用出来る仕組みです。

インターネットとの連動制も優れていますから、パソコンやスマホ等から手続きも迅速に行う事が出来ますし、楽天銀行に口座を開いていれば24時間いつでも振込出来るようになっています。

申込みや審査もネット経由で行えますし、忙しい方でも何時でも利用開始出来るシステムです。