スルガ銀行カードローン リザーブドプラントの独自の部分は?

スルガ銀行のカードローンであるリザーブドプラントいうのは他のカードローンとは違った面を有しています。

まずひとつはVISAカードとしてもそのまま利用ができるという点です。

ショッピングにもそのまま併用ができるということですから、わざわざお金をおろしてキャッシングをしなくてもいいというのが利点です。

二つ目は、500万円までなら収入証明書が要らないという点です。

収入証明書が要らないところというのはいろいろな会社がありますが、消費者金融でも50万円蔵までだったり、銀行でも

せいぜい300万円くらいまでと高額の料金になればなるほど必要な書類となってきます。

ですが、ここまで高額の場合にまでいらないというのはまずないレベルです。

三つ目は、死亡または所定の高度障害状態に該当した時などといったことが起こったとしても、「保険でローンを全額返済」できるという

消費者信用団体生命保険を付保できる(申込時選択制)ことです。

 この方法により、保険関連の書類手続きの面倒な部分がなくなるだけではなく、保険料も銀行が負担してくれるので

かなり大きなメリットが期待できるというわけです。

この三つがスルガ銀行カードローンが持っているほかにはない大きな特徴となっています。

銀行カードローンの保証会社に対し過剰融資対策の強化要請がされた!

銀行カードローンにおける、過剰貸付や借り入れにより、多重債務問題が再燃していることが問題化しています。結果、銀行独自の自主規制により、所得証明書類の提出が必要になったり、総量規制に準拠し年収の1/3までの利用限度になるといったことが行われています。

しかし、銀行側の対応遅れもあり、2017年8月21日に日本貸金業協会は銀行カードローンの保証会社に対し、過剰融資対策の強化要請が行われました。これは、今後、保証会社がより審査を厳しく行うということに直結しています。

つまり、銀行カードローンでも消費者金融のキャッシングローンと同等の融資額になる可能性が高くなりました。そもそも、保証会社の多くは、消費者金融系ないしは大手クレジットカード会社となっており、日本貸金業協会の登録会員です。登録会員となっている場合、定期監査ないしは特別監査を受けることとなるため、過剰融資が露呈した場合は是正指示または処分を受けるリスクがあります。

今回の日本貸金業協会の対策の強化要請は、より銀行カードローンの審査が通り難くなるだけでなく、現在借り入れがある方は利用限度額が減額される可能性が生じています。結果として、銀行カードローンは総量規制の対象外ということでは無くなっているため、申し込みをする際は希望額を必要最小限に抑えるなど対策が重要になります。

ネットと連動性の高い楽天ローンの条件設定

様々な業者からカードローンサービスの提供がありますが、楽天ローンは金利設定が4.9%から14.5%となっており、これは銀行としては特別に低いわけではなくても消費者金融と比較すれば低金利ですし、銀行や信販、色々な貸金業者全般含めてみると低い金利水準でのサービスとなっています。

銀行提供のローンサービスでもありますから、年収の3分の1までの借入という規制も無いですし、原則としては300万円以下の申込みでは収入証明書の提示も必要無いです。

楽天カード自体は幅広い層が使っていますし、キャッシング可能なカードローンサービスでは専業主婦も多く利用しており、入会時に楽天ポイントをプレゼントしてもらえるメリットもあります。

融資可能枠が最大500万円であり、用途自由なキャッシングも出来ますから利便性も高く、高収入でなくても安定収入があればバイトやパートの方も利用出来ますし、配偶者の返済能力の信用を担保にして専業主婦も活用出来る仕組みです。

インターネットとの連動制も優れていますから、パソコンやスマホ等から手続きも迅速に行う事が出来ますし、楽天銀行に口座を開いていれば24時間いつでも振込出来るようになっています。

申込みや審査もネット経由で行えますし、忙しい方でも何時でも利用開始出来るシステムです。