携帯代(通信費)の節約は実は簡単

節約と言えば、食費を抑えるために間食を控えたり・ビールを発泡酒に変えたりと、今の生活から何かを我慢することで余計な支出を抑えることといったイメージが強いと思います。

しかし、そのような我慢をしなくても余計な支出を抑えることが出来るのです。

それは、携帯代の節約です。

具体的に言うと、格安SIMに切り替えることにより毎月かかっている携帯代を我慢することなく抑えることが出来るのです。

未だに多くの人が使っている、au・docomo・softbankのいわゆる三大キャリアと呼ばれる携帯会社を使っている人の多くは、月に携帯代を1万円多い人で2万円近くも払っている人がいます。これを格安SIMに変えるだけで月の携帯代を5千円程度に抑えることも可能です。選択する格安SIMの会社とプランによっては、3千円台にすることも可能です。

しかし、格安SIMにすることで携帯代を抑えるメリットはあるのですが、三大キャリアに比べてサポート体制が充実していないと言ったデメリットもあります。

そんな人には、auとsoftbankの2社がサブブランドとして出している格安SIMを選ぶことで他の格安SIM会社に比べ充実したサポートを受けることが出来ます。

もし、我慢することなく節約をしたい人がいるのであれば、一度格安SIMを経験してみるのも良いと思います。

節約の仕組み化

節約をするには気づくとお金が溜まっている仕組みを作ることが大事です。昨今テレビや雑誌では様々な節約のテクニックが披露されていますが、これらは少なからず時間や面倒ものであり、結局長続きしません。また節約には効果の大きいところから手をつける必要があります一般的に資質には固定費と変動費がありますが固定費について削減を行うことが大きな節約のメリットがあります。

固定費をいちど削減する仕組みを作ればそれ以降は特に負担もなく支出をを削減していくことができます。固定費の削減で大きな効果があるのが住宅ローンの見直しと通信料金、保健料金の見直しです。住宅ローンについては今借りている銀行の金利に対して他行の金利を比較してみることをおすすめします。

また他行の金利が安い場合、借り換えの検討や、他行への借り換えを交渉の材料とし今借りている銀行に金利の引き下げを交渉することもできます。また通信費については格安SIMの普及に伴いキャリアを見直すことも大きな削減効果が期待できます。

保健料金についても疾病手当金や遺族年金といった社会保障が充実していますので本当に必要なものは何かを吟味し民間の保険に入ることが必要だと思います。

電気代を安くするには、解放する。

気密性が高いオール電化の住宅限定ですが。

冬のエアコン暖房は高いです。

そこで暖房をするときはつけっぱなしにします。

いちいち消したりすると、エアコンをつけたときに温度が上がるまでが電力使います。

設定温度も20度だと節約に繋がります。

一泊するときも、つけっぱなしにしておいたほうがいいです。

ただ一週間も家を開けるのであれば、そこは誰もいない家だと、割りきり消してもいいと思います。

冬になり初めて暖房つけて、春先まで、つけっぱなしにしときます。

電気をこまめに消すのはトイレの電気、誰もいない部屋の電気で、エアコンの暖房は、つけっぱなしにしたほうが断然安いです。

それに寒い冬に家に帰ったときの、あの寒い気持ち、嫌ですよね。

気密性が高いと暖かさが逃げませんから快適です。

私は、毎年そうしてます。

冷房は、暖房よりは高くないので外出をするときは消してます。

でも、冷房、暖房にしろ、フィルター掃除は、こまめに、したほうがいいと思います。

フィルターに、ほこりが、いっぱい付着してると余計に光熱費がかかるものです。

各家庭で家の大きさ部屋の数は違うと思いますが、気密性が高い住宅は、だいたい、エアコン暖房になってます。

石油ストーブとかなら、かなり安いでしょうけど、換気の意味で危ないですから、エアコン暖房のみだと、高上りですが、こまめに消すのはやめましょう。

消費者金融のキャッシングで、もっと借りたいという場合の対応方法

キャッシングの広告では、最高500万円まで借り入れ可能!などと宣伝していますが、消費者金融では年収の3分の1までしか借入できないことが法律で決まっています。実際に借り入れをする場合は、利用者の年収や属性を元に、1人1人個別に借入限度額が決まります。初めての借り入れでは、ほとんどの人が50万円未満になるようです。

キャッシングを利用していて、現在の利用限度額では足りない、もっと借りたい、という状況になった場合、さらに借入するために消費者金融に申し込むのは、おすすめしません。複数の金融機関から借りていると、返済日を間違えたりといったトラブルが増え、また、多重債務の原因にもなりうるからです。

消費者金融では、利用限度額をアップする「増額申込み」ができます。これまでの利用で、期日をきちんと守って返済してきたという実績があれば、増額審査に通る可能性が高くなります。借入額を増やしたいという人は、現在利用中の消費者金融に相談してみるとよいでしょう。

一人暮らしのサラリーマンの所得税節税

サラリーマンはただでさえ所得税は丸裸になり取られます。所得が上がれば特にとられる金額も大きくなるためそこは何とか考えたい所です。当然配偶者や扶養する人がいればその分控除を受ける事が出来ますが、それがなければ所得税は上がります。

まずはそこを考えるとやはり医療費控除や保険控除や住宅控除を使う事がお勧めとなります。住宅を購入すればローンを銀行より組みます。その分12月末現在で残ったローンの金額に対して1%が所得税控除となります。2000万円であれば20万円の控除を受けると言った計算になります。

他にもふるさと納税制度を活用する方法もあります。これも2000円は差し引かれますが、納めた金額の残りの分は住民税の控除としてカウントされて自動的に控除される形となり住民税は差し引かれ返礼品により恩恵を受ける形もあるので損はほとんどしない計算となります。

お米や野菜をもらったり特産物で美味しく更に住民税を控除されるとそこでお得な状況となります。こうしたサラリーマンの一人暮らしでとられる可能性の高い所得税や住民税などを返してもらい更にお得に生活を送る事も知識を少し得ていれば行える事となり、そこで節約生活となります。

車を持つのやめて節約できました

節約する方法として、何かを「やめる」というのは手っ取り早い方法だと思います。

それはタバコであったり、外食であったり、旅行であったり人それぞれですが、

私はクルマをやめることにしました。幸い自分は都心に住んでいるので、徒歩か地下鉄でだいたいの用事は済ませられますし、

どうしても家具を買いに行ったり、遠くの病院にお見舞いに行ったりする場合は、レンタカーやカーシェアリングを使うことにしています。

地方都市でもクルマを所有するとなると、毎月1万円近い駐車場代が必要ですし、税金や保険料、車検費用など、維持費として年間30万円は必要です。

それを考えるとレンタカーで月2万円程度かかったとしても十分費用は抑えられることになります。所有していないと故障のリスクもないから気が楽です。

クルマがないと、公共交通機関を使うかレンタカーでの移動となるので、どうしても時刻表や車の返却時間にしばられてしまいますが、考えようによっては無駄のない行動を心がけるようになるので、時間を有効に使えている気がします。自由が利かなくなると思われがちな「車なし生活」ですが、意外と自由を手に入れたような気持になれています。

将来の車購入も視野に入れていた貯金を使って、春には九州あたりに旅行に行こうと考えています。

我が家では先取り貯蓄をして節約に励んでいます。

我が家では毎月先取り貯蓄をしています。その理由は、毎月何かしら子供がいるとつかってしまうからです。そのために毎月毎月一定額を主人の口座に先取り貯蓄しています。そうすることで始めからなかったものとしてとらえることが出来ますから、とても良いことと思います。

私はこれをずっと結婚してからそうしていて、結構な額が溜まっていることに気が付きました。ゆうちょ銀行にためているのでもう一冊の通帳が使えなくなっているのでまた新たな通帳をこの間もらってきましたし、もう数冊あります。これをずっと続けていればきっと知らない間にたまっていますし、結構な額がたまっています。

いざ何があっても良いように、蓄えはある程度必要だと思いますが、我が家では何もしていなければすぐに使ってしまうので、先取り貯蓄はとても良い方法だと思っています。まだ先取り貯蓄をしていない方がまだいるのであれば、今からでもした方がいいと思います。ほんの少しでもいいんです。

自分の生活の中でこれだけは貯金できるよという金額だけ一定額毎月貯金することが大事です。継続はとても大事ですし、これから先のことに備えてしっかりとすることが大事です。これからも節約して貯金していこうと思います。