アルバイトでもキャッシングは受けられるのでしょうか

アルバイトの方でも毎月の収入が、あればアルバイトでも、収入がある以上は、キャッシングが可能になります。

そして、キャッシングの審査に申込む条件としましては、20歳以上の成人で毎月の安定した収入がある事が必須になります。

また、キャッシングの審査の時には、運転免許証等の身分証明証が必ず必要になりますよ。

そして、申込み者の勤務先に在籍確認のために、申込み者が、本当に在籍している事を確認するために、電話で確認をされますよ。

電話で在籍確認の時にキャッシング会社の名前を勤務先に名乗るような事は、ありませんので、キャッシング審査を受けている事が会社の方に、分かってしまう事は、ありませんよ。

なので、アルバイトの方でも審査条件を満たしていれば、キャッシングを受ける事が可能になります。

また、キャッシングは計画的に受けるようにしましょうね。

自動契約機でのキャッシングについて

最近は、インターネットでキャッシングを申し込みするのが主流になっていますが、現在でも、自動契約機が設置されている場所も多数あります。

自動契約機とは、無人店舗のことです。

ですが、自動契約機を通してオペレーターとのやり取りになり、申し込みからカードが発行されるまでの時間は、審査に1時間前後かかります。

また、カードが発行されるまで、その場所から外に出てはいけないことになっています。

自動契約機で、キャッシングの申し込みをした場合は、その場でカードが発行されます。

そのカードを使って、ATMでキャッシングをします。

急ぐ場合は、先にインターネットでキャッシの申し込みを済ませ、その後に自動契約機でカードを発行すると言う手順が便利です。

キャッシングの申し込みに必要な書類には違いがある

カードローンの申し込みをする際に必要な書類は、どこの消費者金融でも大きな違いはありません。

免許証などの本人確認書類の提出はもちろん必要になってきます。その他、状況によって提出書類は異なってきますが、一番の違いは収入証明書を提出するかしないかという点です。

希望利用限度額が50万円を超える時には収入証明書の提出が必要になってきます。50万円を超えないときでも、提出が必要になってくる時があります。

それは、他社の借り入れも含めて借り入れ金全体の額が収入の3分の1を超えると見込まれる場合です。

その根拠には総量規制が関わっており、収入の3分の1を超える貸し出しを禁止しているところにあります。

ただし、銀行系のカードローンは総量規制の対象外になっており、銀行の裁量で3分の1を超える貸し出しも可能です。

キャッシング申込みに必要な条件は安定した収入です

たしかにキャッシングは気軽にお金を借りられる方法の1つではありますが、誰もが簡単にキャッシングの利用をできるという訳ではないのです。お金を借りるということは当然返済をしないといけないので、返済をする為に必要な安定した収入が必要になってくるのです。

ですのでキャッシングに申込みをする前に自身が安定した収入を得ているのかを確認しないといけないのです。ということは普段から正社員として働いている人でしかキャッシングの申込みができないのかと思われがちですが、決してそうではありません。

正社員という立場でない主婦の方でも学生でもキャッシングの申込みができるようになっているのです。もちろん安定した収入があるという条件が付いてきます。つまり主婦でも学生でもパートやアルバイトで安定した収入を得ているのであればキャッシング申込みができるということです。

中小消費者金融への申し込みで審査結果の通知方法には注意!

キャッシング契約は、銀行や大手消費者金融だけでなく、中小消費者金融があるため、選択肢が広がっています。現在は、インターネットで申し込みができ、振込による融資が受けられるため、離れた地域の会社も選択出来ます。

しかしながら、中小消費者金融には審査結果は合格時のみというケースもあり、口コミサイトなどでは審査結果が連絡されないなどのトラブルとして認識されています。ですが、公式サイトでは審査結果の通知方法に対して注意書きされていることもあるため、申し込みをする際には隅々までチェックする必要があります。

中には、よくある質問として説明があるため、必ず確認することをおすすめします。もし、説明が記載されていない場合は、審査結果の通知が2日や3日経過しても来ない場合、直ぐに問い合わせが必要です。