銀行カードローンの審査は本当に厳しいの?

銀行カードローンの審査通過率は公式的には発表されていませんが、概ね20~30%台と言われています。約7割の方が審査に落ちるわけですから敷居が高いと思われがちですが、年収100万円程度のパートの主婦でも審査に通るのでそれほど難易度が高いわけではありません。

銀行カードローンで審査に通るコツは、融資限度額を少なめで申し込むことです。消費者金融ほどではありませんが、初回の融資限度額はほぼ100万円以内に設定されます。特にパートやアルバイトなどの非正規社員の方は、融資限度額を30万円以内で申し込むと審査通過率がアップします。初回は10万円でもいいので、とにかくきちんと返済を続けていればそのうち融資限度額の増額が認められます。ですからあまり欲張らないことがポイントです。

融資申込をして可決になるかどうかに関わる2つの年数

キャッシングでは、ほぼ確実に審査が行われることになります。もちろんそれで融資秘訣となる事もあれば、問題なく借りれる事もある訳です。

ところでそれで重視される主なポイントとしては、年数が挙げられます。基本的には年数が長い方々の方が、やはり有利になってくるのです。

例えば、会社で働いて年数などは長い方が有利になります。そもそもその商品の申し込みをする際には、必ず所定の書面などに記載する事になるでしょう。申し込み用紙などへの記入が必要ですし、特定のフォームなどに入力する事になるのです。

その際に、お勤め先の年数に関わる事柄は、まず間違いなく書く事になります。会社で何年くらい働いた実績があるかを書くわけですが、上述のようにそれは長い方が有利になる訳です。

例えば申込者のAさんは、お勤め年数が10年前後だとします。それに対してBさんは、1年にも達していません。

このAさんとBさんを比較すると、やはりAさんの方が通りやすい訳です。というのもAさんの場合は、明らかに年数が長いですね。金融会社としては、年数が長い申し込み者は、収入状況なども安定していると考える傾向があります。それだけに可決になる確率も、比較的高い訳ですね。

したがって上記のBさんのような方の場合は、申込をするのをもう少し待った方が良いとも言えます。現在1年未満ですが、あと数ヶ月ほど経過すれば1年になるなら、むしろそれまで待つ方が通りやすくなるからです。

それと住宅に関する年数なども、大きなポイントになってきます。原則として、やはり居住年数が長い方々の方が、総じて有利になる事が多いです。ですので居住年数も上記のAさんとBさんのような状況ならば、やはりAさんの方が可決になる確率は高いでしょう。

このように年数の長さが重視されるのは、キャッシングという商品の大きな特徴の1つですね。総じて「1年以上」となっているか否かで、借りられるかどうかも変わってくるでしょう。

派遣社員のキャッシングの審査は心配無用です!

私は、派遣社員で働いているので、審査について大変不安でした。正社員の方のような信用がないので、キャッシングの審査が難しいのではないかと思いました。ですが、実はそんなことは全くないんです。派遣社員の方のキャッシングの審査は、正社員の方と全く同じなんですよ。

審査に必要な在籍証明等も、実際に勤務している職場に直接入るので、全く心配はいりません。派遣元と派遣先、どっちにはいるのだろうかと不安に思っていたのですが、実際には働いている職場の方に入り、それも通常の正社員の方と全く同じように、勤務の有無を確かめるだけのものでしたので、全く支障ありませんでした。私を始めとして派遣社員で働かれているかたにとっては、審査がとても不安で申し込みを躊躇しているかもしれませんが、安心して申し込みましょうね。

キャッシングには審査があるわけですが

キャッシングというのは当然利用する時に審査を受けるということになります。その人が何歳であるのか、収入がどれくらいあるのかということもありますし、どこに勤めているのかということも確認されます。これまでの金融遍歴なども重要になりますのでそちらも審査の対象となるわけです。

一度審査をされますと次に借りるときに再度審査されるということはないのですが数ヶ月に一回、実は情報の確認というのをされることになります。指定信用情報機関というのがあり、そこに問い合わせることによって予想からいくら借りているのかなどといった情報は確認できるようになっているので一度審査に通ったからといってずっと問題ない人物である、と判断されるわけではないのです。

キャッシングの本人確認の為の書類

キャッシングにおける本人確認書というのは基本的には運転免許証が一番良いでしょう。顔写真もありますし、まず間違いなく信用されることになります。ただし他のものでも別に構わないということにもなっていますから運転免許持ってない人は他の書類を持っていくようにしましょう。

例えばパスポートでもいいですし、健康保険証でもよいです。自分のことを証明することができる書類、証と言うのは割とあります。キャッシングサービスではそういう情報から貸すことができるのかどうかという情報も問い合わせているので、とても重要な書類となるわけです。普段から持っている人であればそれでよいのですが、持ち歩かない人はキャッシングの申込みをするときにはキチンともって行きましょう。

カードローンの審査に通るために必要なこと

現在はさまざまな企業がカードローンを提供しているので一概にはいえませんが、カードローンの審査を通るためにまず必要になることは「毎月安定した収入がどうか」という点です。

会社勤めをされている方などでしたら毎月お給料が入ってきているかと思いますので問題ありませんが、自営業や個人事業主など、働いてはいるけれど月々の収入が不安定であったりすると審査に通るのが難しくなることがあります。また一定期間収入があったということも大切で、1~2ヶ月ほどではあまり安定しているとみなされないため、半年から1年程度毎月収入があることが大切です。

また意外と忘れがちなのが年齢制限です。大手ですと20歳~69歳といったところが多く未成年への貸し付けは行っていないところがほとんどです。

年収が多い人でもキャッシングは利用する?

年収が多いと借り入れをする人はほとんどいないと思う方も多いでしょう。

それもそのはず、お金があれば借りるようなことをしなくても余裕があるからと思われがちです。

ですが、意外に年収が多い人でもお金を借りている方が多いのです。

これはどうしてなのか?というと、年収が多いとなるとそれだけそれに見合ったことをしなければならないとお金を使ってしまうからです。

年収があればいいものを持っているだろうということがあれば、見栄を張ってしまったりするためにお金を多く使ってしまいます。

また、その他にはお金がいっぱいあることでお金に無頓着になって浪費してしまう人や、ストレス発散のためにお金を散在するような方もいます。

そういった理由から、お金を借りる人がいるわけなのです。

カードローンの審査で重要視されるポイント

消費者金融や銀行のカードローンを利用するためには、当然ながら審査に通る必要があります。カードローンは、保証人なし・担保なしでお金を借りることができるため、審査では申込者にしっかりとした返済能力があるか、という点がポイントとなります。

とはいえ、非正規雇用で働いているから、年収が低いから、という点はそれほど重視はされません。契約社員やアルバイトでも同じ職場で長く働いていれば、信頼度が高くなりますし、年収が低い場合は、その年収に合わせて、無理なく返済できそうな利用限度額が設定されます。

審査で最も重要視されるのは、既に複数の金融機関にカードローンを申し込んで断られた経緯がある、過去にカードローンを利用して滞納したことがある、他社から借りていて返済が滞っている、といった不安要素の有無です。お金を貸しても、きちんと返してくれないかもしれない。金融機関にそんな不安を感じさせる人は審査に通りにくくなってしまいます。

そのため、カードローンは初めて利用する人は審査に通りやすいと言われています。とはいえ、初めての人は、信用度も白紙の状態。いきなり大金を借りることは難しくなっています。利用限度額は50万円以下に設定される場合がほとんどです。実績を積み上げて、信用度を上げることで、利用限度額増額の可能性が生まれるようになっています。