カードローンの審査で重要視されるポイント

消費者金融や銀行のカードローンを利用するためには、当然ながら審査に通る必要があります。カードローンは、保証人なし・担保なしでお金を借りることができるため、審査では申込者にしっかりとした返済能力があるか、という点がポイントとなります。

とはいえ、非正規雇用で働いているから、年収が低いから、という点はそれほど重視はされません。契約社員やアルバイトでも同じ職場で長く働いていれば、信頼度が高くなりますし、年収が低い場合は、その年収に合わせて、無理なく返済できそうな利用限度額が設定されます。

審査で最も重要視されるのは、既に複数の金融機関にカードローンを申し込んで断られた経緯がある、過去にカードローンを利用して滞納したことがある、他社から借りていて返済が滞っている、といった不安要素の有無です。お金を貸しても、きちんと返してくれないかもしれない。金融機関にそんな不安を感じさせる人は審査に通りにくくなってしまいます。

そのため、カードローンは初めて利用する人は審査に通りやすいと言われています。とはいえ、初めての人は、信用度も白紙の状態。いきなり大金を借りることは難しくなっています。利用限度額は50万円以下に設定される場合がほとんどです。実績を積み上げて、信用度を上げることで、利用限度額増額の可能性が生まれるようになっています。