家を持っているかどうかも審査に影響があるのはご存知?

キャッシングの審査の際には、住んでいるところも実あ大きな影響があるということをご存知でしょうか?

実は持ち家と賃貸とでは持ち家のほうが有利というところがあります。

持ち家があれば、それそのものが返済のあてになるというのもありますが、もっと大きな理由がるとすれば、逃げられることが少ないからです。

住んでいるところを借りているだけのような場合には、そこから大挙してどこかに行ってしまえば、なかなか追いかけることは難しくなるようなこともあります。

ですが、持ち家があればそこから家ごと資産を捨てることは難しいですから、審査側もお金を貸しやすいというわけなのです。

ですので、持ち家があるようなケースなら審査に通過しやすいというわけです。

キャッシングによるおまとめローンは、皆さんが普通にご利用になっております。

ショッピング等で利用するクレジットカード。このクレジットカードは非常に便利である上に、ポイントまで付き、そのポイントをほかの買い物の代金に充てることができる。

しかし、ショップごとにクレジットカードを新規で作り、それを使い分けているうちに、どのクレジットカードにどれだけのご利用残高が溜まっているかは、非常に管理しにくいものがあります。その結果、各クレジットカードの支払代金が大きく膨れ上がり、返済に苦しむこともあるのではないでしょうか?

クレジットカードの金利は高額な場合が多いです。

その結果、支払いが非常に苦しい。または、いっぱいいっぱいである方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでお勧めしたいのが、キャッシングのおまとめローンです。

このおまとめローンは、各クレジットカードのご利用残高を全て合算し、一つにまとめて返済をするというものです。

これには、メリットしかありません。

なぜならば、一つにまとめることによって、分割された代金を、約定返済日にまとめて支払えばよいからです。

一つにまとめることによって、金利も非常に下がります。

おまとめローンの商品を出されている金融機関さんは非常に多いです。

そして、金利の部分をよく見てみてください。

非常に低いんです。

ですから、それまで金利で返済がなかなか進まなかった方も、おまとめローンですと、低金利ですので、元金をみるみるうちに減らすことができます。

その結果、早いうちに全額が返済できるという、大変すばらしい商品です。

また、ポイントもみるみるうちに溜まってきますので、様々な使い道ができます。

ポイントで返済をすることも、ポイントでお買い物をすることもできます。

ですから、キャッシングはメリットしかない、非常に便利なものだと思います。

キャッシュレス決済の利用を行っていく

軽減税率が本格化をする前にキャッシュレス決済を行うとキャッシュバックや割引が適用される、というキャンペーンを行っているところがあります。

同じ買い物であればお得に、と考えているのでキャッシュレス決済を行うようになりました。

スーパーでもキャッシュレス決済に対応をしているところが出てきているので、使うことができる店舗もかなり増えてきています。

キャッシュレス決済を行いたいと考えているのであれば、アプリをダウンロードする必要もありますが、軽減税率が本格的になってきたら、ダウンロードをするのも大変になってしまうと思います。

ですから本格化をする前にダウンロードを行い、使い方に慣れておくことも必要です。

いざ、軽減税率が導入されて、困ることがないようにしたいと思っているので、早めに対応をしてキャッシュレスにすれば良かった、と後悔しないようにしたいと思っています。

キャッシュレス決済専用の口座も開設して、そこにお金を一定金額入金をしておくことにより、余計なお金を使うことも防止することができると思います。

買い物専用の口座を作る、ということがポイントです。

貯蓄などで使っているメインバンクを指定してしまうと、お金の管理もしにくくなると思います。

自動契約機やATMの進化で便利になるキャッシング

お金を借りるのは簡単だが、返すのは難しい、というイメージが、業者相手の借金にはあります。それはドラマなどで、コワモテの人たちに凄まれたりするシーンが頭にあったりするからなのですが、大昔ならともかく、今は自動契約機やATMがいたるところにあるため、返済も極めてノンプレッシャーで行えるようになっています。

もちろん返す額自体は一緒ながら、どこにいてもすぐに返せるというのは極めて便利ですし、借りたお店まで足を運ばなくていいという意味で、交通費がかからず、実際的にもお得ということになります。少なくとも物理的に「接触」という事態を避けられているわけですから、凄まれたりといったトラブルは今や起きようもなく、安心して返済していくことができるのです。

キャッシング返済でも来店不要? スマホで借金を返す時代

多くのサラ金をテーマにした漫画やドラマだと、借金を返す際には、事務所に行って、コワモテの人たちと対峙しなければならないというシーンが頻繁にありますが、現実ではほとんどそうした状況は見られません。

今やほとんど借金の返済はATMを介して行われ、電話でのやり取りも必要がないということにもなっていますが、近年ではその傾向がさらに進み、スマホやWEBで手続きを終了し、返済ができるというサービスも導入されつつあります。

そうしたシステムを介するなら、家から出なくても決済を完了できますし、窓口が閉まってしまうという状況に泣かされることもありません。金融という本質はどこも同じと言えるわけですから、今後はこうしたデジタル式のシステムを導入した業者に人気が集まるかも知れません。

財布にお金を入れないで持ち歩く節約法

皆さんはたぶん、財布にだいたい千円ほど入れて持ち歩いていると思います。しかし私は節約することにおいて財布にお金を入れて持ち歩くのはあまりお勧めしません。

節約するなら財布にお金は入れてはいけません。

皆さんは出かけるときに財布にお金を入れて出かけると思いますが節約しようと決めていても何かのはずみでお金を使いたくなることがあります。

例えば夏に外を歩いていてのどが渇いたら人間の本能で飲み物を自動販売機で買ってしまうと思います。また朝食をあまり食べずに出かけたときなんかはおなかが減ってコンビニでおにぎりやチキンなんかを買うかもしれません。こういうことの積み重ねでお金はどんどん減っていきます。下手したら月に一万円消費してしまう可能性もあります。それを防ぐために財布にお金をも入れないようにするんです。出かけているときに前に書いたようなことがあってもお金がなかったら絶対に変えません。

まさか盗もうなんてことは99パーセントの人間はしないと思います。財布にお金を入れないで出かけることは本能での買い物を防ぐ強力な抑止力になります。

では財布に何を入れて出かけるのか?と思うかもしれません。

その答えは出先で使うものだけです。例えば図書館に行くのなら図書カードのみ、近くを車でドライブするのであれば免許証だけ入れていけばいいと思います。

ただしキャシュカードなど出先でお金に換えることのできるものは持ち歩かないようにしましょう。

節約と貯蓄をするために私が実践していること

節約と貯蓄をするために実践していることは、まず家計簿をつけることです。お金を何に使ったかという事を自覚するためです。あまり何にお金を使ったか自覚しないまま買い物をしたりすると無駄遣いに気づかない場合があります。

生活に必要なものは買うべきですが、それも値段と必要さをよく考えてから買わないとどんどん無駄遣いになってしまいます。一方、ある程度長く使うものはただ安いだけでなく気に入ったもので丈夫なものなら多少高価でもいいと思いますし、安いものを買って後悔してデッドストックに入るよりいいです。

買っても気に入らないものは安くても高くても無駄遣いになっていると思うので、買う前によく考えることが必要だと思います。そういった意味では衝動買いは貯金と節約の為には避けた方が無難です。買い物に行く前に買うものを決めて、それ以上買う場合はすぐに決断しない(その日は買わないなど)ことである程度は防げます。

あと、手元にお金があるとどうしても使ってしまう場合は必ず現金で買い物することをおすすめします。決まった金額しか財布に入れず銀行からお金を下ろす回数は月1回にして、毎月の買い物の予算をあらかじめ決めて守るといいと思います。もし、急な出費でその月の予算をオーバーしてしまったら、オーバーした分を次の月にマイナスして節約するとうまくいきます。

どうしてもマイナスが減らない場合は予算が低すぎるか無駄遣いが多すぎるかのどちらかなので、家計簿を見ながら色々検討してみるといいのではないかとおもいます。

毎月払っているスマホ代、把握していますか?節約するなら見直さない手はないですよ

節約ときいてまず浮かぶのが、日頃の生活の支出を見直すこと、という方が多いでしょう。

もちろん、普段の支出を見直すのも大事ですが、普段何気なく使っているものの料金を見直すのはいかがですか?

例えば、スマホなどの通信費の見直しです。

スマホやインターネットの料金は、多くの方は毎月いくら払っているのかを把握していない現状にあります。

携帯ショップに勤めていた際に、料金の見直しを提案すると、毎月家族でいくらかかっているのか把握していないお客様がたくさんいました。

新規契約や機種変更の時に「初月無料」のオプションをつけて、そのままにしている方が多かったのです。

無料なのは初月のみですから、翌月からは月額料金が発生します。

また、あまり通話をしない方が、電話かけ放題プランを契約されていることもあります。

今はライン電話を主につけうこともできるので、最低限の通話プランに見直すのもひとつの手です。

「格安スマホ」と呼ばれる、大手キャリア以外での契約もおすすめです。

通話のみのプランやネットのみのプランなど、自由にプランを選択できるのが、格安スマホの魅力です。

現在使っているスマホをそのまま使えるところもありますので、ぜひ調べてみてください。

ポイント、クーポンを上手に利用

私は日々節約をしています。

やはり食費が一番かかるので、コンビニで食べ物を買わないで、お弁当を持っていくというのは非常に効果的です。

スーパーでも、値引きされているものを購入して調理するとなおお得。

このお弁当が功を奏して月に1万円くらいは浮いていると思います。

また、ポイントが貯まるアプリなども上手に利用すると、それで月に1回ほどファーストフードが食べれますので、こちらも利用してお得だと思います。

最近ではポイントが色々なものに変換できて、使うところが一つではないので変換する事もお勧めします。

例えば、銀行で貯まったポイントを、とあるスーパーのポイントに変換して、食事を買いました。

ポイントサイトも有効。

スマホなどからも割引チケットがあったりするので、それを検索してダウンロードすると、日々少しずつではありますがお得になります。

「買う前にはクーポン検索」です。

私は関東地方に住んでいますが、スーパーによっては飲み水を無料で配布してくれるところもあるので、そう言ったところには足を運んで、買い物ついでにもらってくるようにしています。

小さなことからコツコツとを意識していると、数年経った時に貯金の金額に差が出てきます。

貯金をこつこつ貯めるオススメ方法

1つの銀行に6万円貯金があるとします。6万あるから2万ぐらい使ってもいいや!なんて思いませんか?まとまったお金を1箇所に集めておくとつい気が大きくなってしまい、下ろしてしまうんですよね。なので私は、いくつかの口座に分けて貯金をするようにしています。

さきほどの6万円も、3箇所に分けたら1箇所2万円です。2万円…うーん微妙な金額だから手付かずにしておこう…って諦めがつきませんか?もしくはおろすのは5千円にしておくか…。と下ろす金額に遠慮が出てくるんです。で、あちこちの銀行に口座があると足を伸ばすのが面倒なので、1箇所で少額下ろしておしまいにできます。

この方法で、私は貯金が結構たまりましたよ。少額しか下ろさない癖をつけてしまえば、ある程度お金が貯まっても、今度は自然と使わなくなってくるんです。あの時少額で済んだのだから、今も下ろす必要ないよね、となります。

また、光熱費の引き落とし用の口座などに若干余裕をもたせて入金しておくと、1年後には結構余った分が貯まっていて嬉しくなります。例えば13000円の引き落としがあるならば、15000円を入金しておくのです。そうすると2000円あまりができますよね。

これが1年経つと友達と国内旅行にいけるぐらいの貯金ができているのでラッキーな気分になります。なかなか貯金ができない方にオススメの方法です。

キャッシングをうまく利用できる最強な主婦

主婦がキャッシングを利用する利便性としては、出産などで仕事を辞めた後は手持ちのお金がなくて困ってしまうという事がたびたびおこりますが、銀行窓口には行く暇がない場合でもコンビニなどで、キャッシング可能なATMを利用して簡単に現金引き出しができるので便利です。

もちろん自分の口座がすっからかんの場合も借りれますが、返済の目処がない場合には失敗するので、よく計画して借りる必要があります。

「返す目処を立てて借りる」それはもちろんお金を借りるわけですから最低必要な条件です。

テレビでも何度か目にしているキャッシング会社の返済手数料がかからないなど、メリットをよく知り借りメリットが大きいと思う場合には利用すれば良いのです。

また、月末には給料が入るなど返済が可能だとわかっていれば問題ないでしょうが、収入予定がない場合や、返済の目処が立たないほどの大きな金額は大変危険です。

休日に突入したりして手持ちの現金がない!という事態でもすぐに解決するキャッシングをうまく利用できる様になれば、主婦としては最強ではないでしょうか。

増税時代の節約術♪

社会保険料や、消費税など可処分所得が減っている今、

私自身が実際に行っている、節約方法をお伝えいたします。

1.〇〇ペイのアカウントを作り、キャンペーンをフル活用する!

ペイペイやLINE PAYなど、〇〇ペイのサービスが2019年は非常にしのぎを削っております。

そこでよくあるのが、20%分後日キャッシュバックなどの大々的なキャンペーン!

普段買い物するコンビニやドラッグストア、松屋や家電量販店などで

こちらのサービスをフル活用しましょう!

まれに全額ポイントキャッシュバックが当たることもあり、

とってもおとくに、節約できます!

わたくし自身、月に5,000円弱ポイントでキャッシュバックされました!

普段の飲み物や、軽食・ランチ等でフル活用しましょう。

※ムダなものを買わないよう、普段使いで使うのがポイントです。

2.株主になって株主優待を活用する。

株主になるというと、ハードルが高く感じれらますが、

証券会社で口座を作ってしまえば、なんてことはありません。

半年や一年に一度、配当とは別にクオカードや、お食事券など

オトクな株主優待が、さまざまな企業で準備されています!

優待だけ体験してみたい!って方は、金券ショップで

株主優待券を購入し、体験してみては?

航空券やファーストフード、居酒屋などいろいろ節約できるのでオススメです!

以上、あなたの生活に節約と潤いを♪

スマホで節約

毎日の生活の中で一番節約できるのは食費だと思い日々節約を心がけています。基本的に食料を買い出しに行くのは週に一度で献立を決め買うものを決めていきます、無駄なものは買わないように。スーパーもガソリン代を節約する為になるべく近い所へ行きます。

WAONポイントを主に貯めていますが、普通に買うだけではあまり貯まらないので他にカタリナポイントも使います。指定の商品を買うとWAONとカタリナ経由でポイントが二重にたまり、他のポイントと合算して貯める楽しみもあります。楽天銀行のアプリにも指定された商品を買うとキャッシュバックされるものがあります。

何十円でも嬉しいです。つい先週始まった楽天のレシートをパシャと送ろうというのも使ってみました。ジャワカレーの甘口、辛口が指定のところいつもの中辛を買ってしまい、ダメ元でレシートを送ってみましたがポイントが無事もらえました。例えば砂糖を買ったとして、いつもより20円高いとしてもその分ポイントがつくなら結局お得かなと思います。

貯まったポイントは米を買うときに足しにしたり、楽天でスイーツや化粧品を買ったりして楽しんでいます。新聞をやめてだいぶたちましたが、折込チラシがなくてもスマホでチラシを見ることができ、何が安いのかとかお勧めのものが買い物に行く前にチェックできるのでとても便利です。スマホってすごいです、便利な世の中になりました。

誰でもできる!コスパ最高の3つの節約術

ふるさと納税をする

<節約額>

6000円~/年

最近はテレビなどでもよく見るようになった「ふるさと納税」ですが、

「収入の多い人じゃないとお得にならない」と思っている方も多いのではないでしょうか?

確かに、収入が多い人のほうがお得になる制度ではありますが、

収入が少ない人でも、税金を一定以上払っているなら、ちゃんと節約できるんです!

私がかつて実践していたのは、

「3万円のふるさと納税でお米50キロを貰う」という方法です。

(自治体により返礼品は様々ですが、狙い目はお米や野菜などの食料品です。)

3万円をふるさと納税しても、確定申告すれば28000円は税金が還付されるので、実質の自己負担は2000円。

普通にスーパーなどでお米を買うと安くても10キロ1600円、50キロで8000円くらいしますから、

ふるさと納税の2000円で50キロのお米を貰えば、約6000円の節約になります。

ただし、ふるさと納税の節約ポイントは「税金が還付される」という部分なので、

普段からほとんど税金を払っていない人などは、残念ですが他の方法を選んでください。

公式アプリが便利な新生銀行グループのレイクALSA

お金に困ってしまったときに、素早く対応してくれる業者があると嬉しいものですが、新生銀行グループのレイクALSAは、21時間での契約手続きの終了で、ウェブ利用で最短60分での融資が可能というスピーディなサービスが魅力です。

実質年率は4.5%から18.0%で、融資額は1万円から500万円までと十分なものです。レイクALSAは選べる2つのプランがあり、初めての利用で30日間の無利息融資、もうひとつは借り入れ額の5万円まで180日間の無利息融資のどちらかを利用可能です。

そしてこの業者は、公式アプリがあり、その名をe-アルサといいます。これを使うと、借り入れが簡単だし、申し込みをするときにの必要な書類提出などもできます。

お釣りの有効活用

わたしがやっているお金の用い方はやはり会計をした時に確実にお釣りをもらってそのお釣りを貯蓄することです。

なんでもないように思えることでもわたしは会計の際には必ずと言っていいほど大きなお金から出しています。

大きなお金を出すと当然お釣りが出ます。

そしてそのもらったお釣りは自分にとって必要な時に使えるようにしています。

私個人としてはバスをたまに利用することがあるのでバス代として利用できるように常に準備しています。

当然ですが今でもずっと続けています。

前だったらお釣りをなるべく出さないようにして少しでも硬貨を一枚でも多く減らそうと考えていましたが、この方法を用いるともういっそのことお釣りをもらうこと前提で買い物やサービスを利用しようと思いました。

お釣りをもらっておけばあまり大きなお金を崩したくない時にいざという時にいつでも出すことができるのでそこも良いです。

それが発揮されるのは100円ショップなどと言ったようなコスパの良いお店です。

会計の時に細かなお金を払っている機会がほとんどなのでバス代にならないいわば1円玉とか5円玉とかなんかは確実にそれに回しています。

このようにお釣りをもらっておけば役立つことの方が多いので是非活用して貰いたいです。

ガソリン代は節約しやすい分野

車を持っているなら誰もがガソリン代に頭を悩ますに違いありません。しかし、この分野は節約しやすい分野でもありました。クレジットカードを有効に使う事で節約できます。数多のクレジットカード会社がガソリン会社と提携してサービスを前面に打ち出しているので、メインに貯めているポイントによって使うべきクレジットカードは違ってきます。

そのような中、私が使っているのはポンタシェルカードです。このカードでシェルで給油すると店頭で表示されている会員価格より更に1リッターあたり2円引きになります。更に給油のリッター数の2倍のポンタポイントを獲得できます。(金額に応じてではなく、給油量に応じてです。)更にリボ払い設定にすると、月に1回以上の利用で20ポンタポイントを獲得できます。

リボ払い設定も使用金額が10万円超えたらリボ払い設定にすれば、まず手数料発生の事態には陥りません。勿論貯めたポンタポイントを支払いに回せます。しかし、私はポンタポイントをガソリン代に回しません。何故なら、ポイントを使うとその分給油に応じたポイント獲得数が少なくなるからです。

ガソリンの価格に左右されますが、このカードのポイント還元率は概ね1、3%以上と高いです。ですので、ポイント使用でポイント獲得数を減らすべきではありません。貯まったポイントを私はリユースのセカンドストリートで使用します。先日こたつのカバーを買う必要が生じたのでセカンドストリートで1400円のこたつカバーを全額ポンタポイントで購入出来ました!まさに節約術が身を結んだ結果です。

現金よりもクレジットカードや電子マネーの方が節約に向いている気がする

節約に関する本を見ていると、クレジットカードはよくないとよく見かけます。

確かに、クレジットカード=無限に使える魔法のカードと思っていると節約には繋がらないので散財してしまう原因になってしまいます。

ですが、きちんと考えながら電子マネーやクレジットカードを使うとすごくお得だと気がつきました。

その理由は、ポイントが貯まるから。

現金では基本ポイントはつきません。

お店によってはポイントカードなどがあり、ポイントを貯められますが、貯めたポイントは基本的に貯めているお店でしか使えません。

ですが、電子マネーやクレジットカードのポイントはカードや電子マネー会社にもよりますが、貯めたいポイントを設定することができます。

クレジットカードでは、自社ポイントを貯め、貯まると他社ポイントに交換もしくは支払いに充てることができますし、電子マネーでも同じようなことが出来るものもあります。

現金とは違い、クレジットカードは支払い額を1ヶ月単位で請求書で見ることができるので家計簿代わりになりますし、電子マネーはチャージをクレジットカードにすればポイントの二重取りが出来るなどお得なポイントがたくさんあります。

クレジットカードで節約なんて無理とは言わず、クレジットカードを賢く使って節約をしてみましょう。

携帯代(通信費)の節約は実は簡単

節約と言えば、食費を抑えるために間食を控えたり・ビールを発泡酒に変えたりと、今の生活から何かを我慢することで余計な支出を抑えることといったイメージが強いと思います。

しかし、そのような我慢をしなくても余計な支出を抑えることが出来るのです。

それは、携帯代の節約です。

具体的に言うと、格安SIMに切り替えることにより毎月かかっている携帯代を我慢することなく抑えることが出来るのです。

未だに多くの人が使っている、au・docomo・softbankのいわゆる三大キャリアと呼ばれる携帯会社を使っている人の多くは、月に携帯代を1万円多い人で2万円近くも払っている人がいます。これを格安SIMに変えるだけで月の携帯代を5千円程度に抑えることも可能です。選択する格安SIMの会社とプランによっては、3千円台にすることも可能です。

しかし、格安SIMにすることで携帯代を抑えるメリットはあるのですが、三大キャリアに比べてサポート体制が充実していないと言ったデメリットもあります。

そんな人には、auとsoftbankの2社がサブブランドとして出している格安SIMを選ぶことで他の格安SIM会社に比べ充実したサポートを受けることが出来ます。

もし、我慢することなく節約をしたい人がいるのであれば、一度格安SIMを経験してみるのも良いと思います。

銀行カードローンの自主規制の実態は

改正貸金業法では消費者金融などを代表とする貸金業者には総量規制という貸付規制がありますが、銀行は貸金業法ではなく銀行法で規制されるので総量規制が適用されませんでした。それが、近年社会問題化している銀行カードローンの過剰融資を引き起こした一因であることは疑いありません。

法的な規制を逃れるために全国銀行協会は自主規制という形で貸付規制を行っていますが、報道によれば総量規制並に年収の三分の一の自主規制を行っているのは銀行全体ではそれほど多くなく、年収の二分の一の自主規制が多く、貸付規制を設けていない銀行も少なくありません。

一時期よりも過剰融資問題は沈静化していますが、さらなる対策が必要になってくるでしょう。

キャッシングの審査結果は教えてもらえない

何か物が壊れたり、出費が重なる季節というのは人生の中で幾度となくあるものです。ですからそうした時すぐにお金が借りられるキャッシングサービスというのはとてもありがたいものでもあります。けれどそうした便利なキャッシングサービスも、誰でも利用できるというわけではなく審査が必要です。

中には審査が通らない人もいて、キャッシングが利用できないということもあります。ちゃんと書類も手続きもしっかり行ったのに審査に通らないと疑問も生じてしまいますが、こうした審査内容は具体的には教えてもらえませんし、何故通らなかったのも分からないことがほとんどです。

けれどそれは会社基準による判断なので、一つのキャッシング会社ではだめでも、他のキャッシング会社でなら通るということもあるのです。

節約の仕組み化

節約をするには気づくとお金が溜まっている仕組みを作ることが大事です。昨今テレビや雑誌では様々な節約のテクニックが披露されていますが、これらは少なからず時間や面倒ものであり、結局長続きしません。また節約には効果の大きいところから手をつける必要があります一般的に資質には固定費と変動費がありますが固定費について削減を行うことが大きな節約のメリットがあります。

固定費をいちど削減する仕組みを作ればそれ以降は特に負担もなく支出をを削減していくことができます。固定費の削減で大きな効果があるのが住宅ローンの見直しと通信料金、保健料金の見直しです。住宅ローンについては今借りている銀行の金利に対して他行の金利を比較してみることをおすすめします。

また他行の金利が安い場合、借り換えの検討や、他行への借り換えを交渉の材料とし今借りている銀行に金利の引き下げを交渉することもできます。また通信費については格安SIMの普及に伴いキャリアを見直すことも大きな削減効果が期待できます。

保健料金についても疾病手当金や遺族年金といった社会保障が充実していますので本当に必要なものは何かを吟味し民間の保険に入ることが必要だと思います。

電気代を安くするには、解放する。

気密性が高いオール電化の住宅限定ですが。

冬のエアコン暖房は高いです。

そこで暖房をするときはつけっぱなしにします。

いちいち消したりすると、エアコンをつけたときに温度が上がるまでが電力使います。

設定温度も20度だと節約に繋がります。

一泊するときも、つけっぱなしにしておいたほうがいいです。

ただ一週間も家を開けるのであれば、そこは誰もいない家だと、割りきり消してもいいと思います。

冬になり初めて暖房つけて、春先まで、つけっぱなしにしときます。

電気をこまめに消すのはトイレの電気、誰もいない部屋の電気で、エアコンの暖房は、つけっぱなしにしたほうが断然安いです。

それに寒い冬に家に帰ったときの、あの寒い気持ち、嫌ですよね。

気密性が高いと暖かさが逃げませんから快適です。

私は、毎年そうしてます。

冷房は、暖房よりは高くないので外出をするときは消してます。

でも、冷房、暖房にしろ、フィルター掃除は、こまめに、したほうがいいと思います。

フィルターに、ほこりが、いっぱい付着してると余計に光熱費がかかるものです。

各家庭で家の大きさ部屋の数は違うと思いますが、気密性が高い住宅は、だいたい、エアコン暖房になってます。

石油ストーブとかなら、かなり安いでしょうけど、換気の意味で危ないですから、エアコン暖房のみだと、高上りですが、こまめに消すのはやめましょう。

消費者金融のキャッシングで、もっと借りたいという場合の対応方法

キャッシングの広告では、最高500万円まで借り入れ可能!などと宣伝していますが、消費者金融では年収の3分の1までしか借入できないことが法律で決まっています。実際に借り入れをする場合は、利用者の年収や属性を元に、1人1人個別に借入限度額が決まります。初めての借り入れでは、ほとんどの人が50万円未満になるようです。

キャッシングを利用していて、現在の利用限度額では足りない、もっと借りたい、という状況になった場合、さらに借入するために消費者金融に申し込むのは、おすすめしません。複数の金融機関から借りていると、返済日を間違えたりといったトラブルが増え、また、多重債務の原因にもなりうるからです。

消費者金融では、利用限度額をアップする「増額申込み」ができます。これまでの利用で、期日をきちんと守って返済してきたという実績があれば、増額審査に通る可能性が高くなります。借入額を増やしたいという人は、現在利用中の消費者金融に相談してみるとよいでしょう。

一人暮らしのサラリーマンの所得税節税

サラリーマンはただでさえ所得税は丸裸になり取られます。所得が上がれば特にとられる金額も大きくなるためそこは何とか考えたい所です。当然配偶者や扶養する人がいればその分控除を受ける事が出来ますが、それがなければ所得税は上がります。

まずはそこを考えるとやはり医療費控除や保険控除や住宅控除を使う事がお勧めとなります。住宅を購入すればローンを銀行より組みます。その分12月末現在で残ったローンの金額に対して1%が所得税控除となります。2000万円であれば20万円の控除を受けると言った計算になります。

他にもふるさと納税制度を活用する方法もあります。これも2000円は差し引かれますが、納めた金額の残りの分は住民税の控除としてカウントされて自動的に控除される形となり住民税は差し引かれ返礼品により恩恵を受ける形もあるので損はほとんどしない計算となります。

お米や野菜をもらったり特産物で美味しく更に住民税を控除されるとそこでお得な状況となります。こうしたサラリーマンの一人暮らしでとられる可能性の高い所得税や住民税などを返してもらい更にお得に生活を送る事も知識を少し得ていれば行える事となり、そこで節約生活となります。