FXで損益をだして限度額いっぱいまでキャッシングをした経験と方法について

・キャッシング申し込み方法について詳しく説明いたします。

私はFXで損益をだして、キャッシング上限の150万円まで消費者金融からお金を借りた経験があります。毎月の支払いが金利を合わせて6万円で利息だけで毎月の金額が2万円以上になってしまいました。私は3社の金融会社からお金を借りていたのですが、最終的には1社の大手金融会社でお金を借りて返済しました。

キャッシングを申し込む方法として、アルバイトでもいいので半年以上働いていることが条件になります。

キャッシングの条件は実際に働いているのか、審査されるので、無職だとキャッシングは厳しいと思います。

今ではインターネットサイトで、免許書のコピーと働いている会社の収入書があれば簡単に30万円なら融資をしてくれる消費者金融会社もあるのでとても気軽にお金が困った時に借りることができます。

消費者金融には、返済に困った人のための救済商品がある。

消費者金融を利用している人には、返済に困って借金が返済できない人が一定数でてきます。

返済に困っている人が貸し倒れになってしまうと、消費者金融も困ってしまいます。 そんなときに、消費者金融から返済できない人向けの救済商品があります。

それが示談契約です。

示談契約は、任意整理みたいなのに近い感じではありますが、明確には違います。

示談契約はあくまで、返済の負担を減らすことを消費者金融側から提案するものであり、任意整理のように弁護士などが入って、交渉をするようなものではありません。

信用情報にも残らないので、こちらの方が債務者に不利益にもなりません。

金利負担などかなり減らして返済をしてもらうことにより、借金の負担を減らすようにしています。

派遣社員のキャッシングの審査は心配無用です!

私は、派遣社員で働いているので、審査について大変不安でした。正社員の方のような信用がないので、キャッシングの審査が難しいのではないかと思いました。ですが、実はそんなことは全くないんです。派遣社員の方のキャッシングの審査は、正社員の方と全く同じなんですよ。

審査に必要な在籍証明等も、実際に勤務している職場に直接入るので、全く心配はいりません。派遣元と派遣先、どっちにはいるのだろうかと不安に思っていたのですが、実際には働いている職場の方に入り、それも通常の正社員の方と全く同じように、勤務の有無を確かめるだけのものでしたので、全く支障ありませんでした。私を始めとして派遣社員で働かれているかたにとっては、審査がとても不安で申し込みを躊躇しているかもしれませんが、安心して申し込みましょうね。

アイフルの無利息キャッシングの利点とは

大手消費者金融のアイフルでは、同社の利用が初めてであり、無担保型キャッシングサービスを契約した人を対象に最長で30日間無利息でキャッシングができるサービスを実施しています。無利息キャッシングサービスはアイフルの他にもアコムやプロミスなどでも実施されていますが、アイフル独自の無利息キャッシングの利点はあるのでしょうか。

アコムやプロミスと比較してアイフルの無利息キャッシングの優れている点は無利息キャッシングの適用条件が簡素な点にあります。アコムやプロミスで無利息キャッシングサービスを受ける場合、メールアドレスの登録や指定の返済サイクルで契約をしなければなりません。

一方でアイフルの場合、特別な条件指定はないので多くの人が手軽に無利息キャッシングサービスを享受できるのです。

キャッシングには審査があるわけですが

キャッシングというのは当然利用する時に審査を受けるということになります。その人が何歳であるのか、収入がどれくらいあるのかということもありますし、どこに勤めているのかということも確認されます。これまでの金融遍歴なども重要になりますのでそちらも審査の対象となるわけです。

一度審査をされますと次に借りるときに再度審査されるということはないのですが数ヶ月に一回、実は情報の確認というのをされることになります。指定信用情報機関というのがあり、そこに問い合わせることによって予想からいくら借りているのかなどといった情報は確認できるようになっているので一度審査に通ったからといってずっと問題ない人物である、と判断されるわけではないのです。

レイクALSAの即日融資について

銀行系カードローンだった「新生銀行レイク」が、新生グループの消費者金融のカードローンとして生まれ変わりました。それが「レイクALSA」です。消費者金融のカードローンとなったことで、レイクALSAでは即日融資が可能になりました。

レイクALSAでは、平日の14時までに必要書類を揃えて申し込むと、即日融資にも対応しています。振込キャッシングも可能ですが、レイクALSAの自動契約機は深夜24時まで稼働しているものも多いので、仕事で遅くなってもローンカードの受け取りに十分間に合うというメリットがあります。

さらに、レイクALSAの公式アプリ「e-アルサ」を使ってスマホで申し込めば、申込み時間が長くなり、夜8時まで対応してもらえます。e-アルサは、カードレスで借り入れ・返済ができるので、審査に通った後は、スマホがあればコンビニのATMで即借り入れが可能です。

私は無利息でキャッシングを行うことができた!

キャッシングを行うにあたり、どうしても気になるところは「キャッシング時の利息」と言うことになると思いますが、その利息を気にせずにキャッシングする方法があることをご存知でしょうか?今回は利息を気にせずにキャッシングを行う方法についてお伝えしていきたいと思います。

利息がかかることなくキャッシングを行う方法の1つとして、「利用したことがない消費者金融でキャッシングを行う」と言うことが挙げられます。その消費者金融にて「初めてキャッシングを利用する方は最大で90日間利息がかからない」と言うプランかつ金額を借り入れることになれば金利がかからずにキャッシングを行うことができます。私もそのような方法でキャッシングを行い、金がかかることなくキャッシングを行うことができましたので、私のように金利をかけずにキャッシングを行いたいと言う方は大変おすすめの方法です。

アイフルのデンタルローンを解説

アイフルでは借りたお金の使いみちが限られているものの、カードローンよりもお得に借入ができる可能性が高い目的ローンを多数取り扱っています。同社の目的ローンの中でも歯科治療費用をお得に借入できるデンタルローンについて詳しく解説していきます。

デンタルローンの貸付条件は融資限度額が50万円まで実質年率が13.0%から17.0%(2018年7月11日時点)となっています。借りたお金の使いみちは契約者本人またはその家族の高額歯科治療費用に充てることができ、お金の使いみちを証明できる書類として診断書や請求書などの書類を提出する必要があります。

なおデンタルローンは無担保ローンなので連帯保証人や担保などは不要で契約できます。

銀行のカードローンのメリットについて

カードローンを比較した場合、消費者金融よりも銀行の方が金利が低く、利息を抑えられることはよく知られています。

銀行のカードローンには、金利以外でも、金銭的に大きなメリットがあります。それは、ATMの利用手数料です。

消費者金融の場合、自社のATMや親会社である銀行のATMの手数料は無料ですが、コンビニのATMや提携銀行のATMを使うと108~216円程度の手数料がかかります。

一方で、銀行の場合、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックや楽天銀行のスーパーローンなど、自行のATMはもちろん、提携銀行やコンビニのATMを使っても、手数料無料になる場合が多くなっています。三井住友銀行のカードローンは、提携銀行のATMは有料ですが、ゆうちょ銀行とコンビニのATMは無料になる等、消費者金融よりも無料で使えるATMが多くなっています。

ATMの利用手数料は金利と同じように、カードローンの必要経費となります。申込み前には、無料で使えるATMが自分の行動範囲のなかにどれくらいあるか、確かめるようにしましょう。

キャッシングの本人確認の為の書類

キャッシングにおける本人確認書というのは基本的には運転免許証が一番良いでしょう。顔写真もありますし、まず間違いなく信用されることになります。ただし他のものでも別に構わないということにもなっていますから運転免許持ってない人は他の書類を持っていくようにしましょう。

例えばパスポートでもいいですし、健康保険証でもよいです。自分のことを証明することができる書類、証と言うのは割とあります。キャッシングサービスではそういう情報から貸すことができるのかどうかという情報も問い合わせているので、とても重要な書類となるわけです。普段から持っている人であればそれでよいのですが、持ち歩かない人はキャッシングの申込みをするときにはキチンともって行きましょう。

誰にもバレずにアイフルでキャッシングが出来ました

半年ほど前にアイフルでキャッシングをしました。消費者金融を利用すること自体初めてだったのでとにかく周りにバレないかどうかがすごく不安でしたね。特に不安だったのが在籍確認です。うちの会社ではこういうことにすごく厳しい人がいるので心配していたのですが、個人名で電話をかけるとのこと。職場には新しくクレジットカードを作るのでその在籍確認があるからとその日の朝に伝えておきました。クレジットカード自体は別に珍しいことではないので、特に何も怪しまれずに終了。在籍確認もスムーズに終わりました。

心配していたのは本当にこれだけだったので、後はネットバンクの口座にすぐに入金してもらって終了です。驚くほどスムーズですし、誰にもバレずに利用出来て本当にほっとしました。

即日融資可能かどうかは消費者金融によって

消費者金融を利用するメリットは、即日融資を受けやすいことです。ただ、すべての消費者金融が即日融資に対応している訳ではありません。更に、即日融資可能と書かれている業者であっても、申し込みをするタイミングや条件によっては審査結果が翌日以降に持ち越されることがあります。

即日融資を受けられる可能性を高めたいのであれば、消費者金融の営業時間が終わる間際のように遅い時間ではなく、午前中や昼間など早い時間に手続きを始めておくと良いでしょう。早い時間に申し込み手続きを済ませておけば、審査に時間がかかることになってもその日のうちに結果を受け取れる可能性が高まります。更に、14時までに契約を済ませれば、振込という形で借入をすることもできるようになります。

ローンを利用するなら銀行ローンがお得です。

ローンを利用する場合、銀行ローンを利用した方がお得に利用することができます。銀行は消費者金融事業者に比べて審査基準が高く設定されていますが、信用調査などをしっかりと行われてる分、利息に関して低く設定されています。さらに申し込んだ銀行の口座を取得している場合、銀行サービスやローンサービスについて手数料や利息などの優遇が受けられる可能性があるので、お得に利用できます。

また、国の金融政策の影響によって銀行の多くが様々な事業に乗り出しており、ローンサービスの展開に積極的な銀行も少なくありません。このため、独自の優遇サービスを行っている銀行もあり、比較することによってよりお得にすることが可能となっています。

キャッシングの返済の負担を軽くするには可能な限り早急な返済を心がけよう

担保や保証人要らずですぐにお金を借りられるキャッシングのサービスは消費者にとっていざというときに頼りになる便利なサービスです。ただし、担保や保証人要らずでお金を借りられるキャッシングではその金利が高いというのが一般的な認識となっています。

そのため、キャッシングで借り入れた金額によっては毎月かなりの金額を利息として支払わなくてはならず、人によっては月々のキャッシングの返済がひどく負担に感じてしまうこともあります。ただし、キャッシングを利用した際の利息の負担を軽減させる方法がないわけではありません。

キャッシングの場合、その利息の計算は日割りで行われるのでリボルビング払いに頼らずに早急な返済を心掛けていけば発生する利息の金額も減ることになるので、それだけキャッシングの返済の負担を軽くすることができるようになります。

中小消費者金融は金利が低くても損をする!返済方法を考慮せよ!

銀行や大手消費者金融でキャッシング契約が出来ない場合、別の選択肢として中小消費者金融があります。日本国内には未だ多数の消費者金融が営業を行っており、近年でも新しい消費者金融が貸金業の営業許可を受けています。

また、中小消費者金融もインターネットを利用しているため、遠方の方でも契約が可能であり、銀行口座への振り込みにより融資が受けられます。ですが、中小消費者金融は金利が低くても、少額融資と返済では損をすることも少なくはありません。

中小消費者金融の場合、銀行や大手消費者金融のように専用ATMや提携ATMがないところが大多数です。つまり、返済は銀行振込となり、その都度手数料が掛かります。324円や648円そして高い場合864円もかかり、返済に掛かる費用として負担が増加してしまいます。

特に遠方の中小消費者金融ともなると地方銀行となるため、他行宛の振込手数料になってしまいます。先ずは、中小消費者金融を選ぶ際は生活圏内にある会社、そして手数料を抑える方法を検討してからりようするのがベストです。

アルバイトでもキャッシングは受けられるのでしょうか

アルバイトの方でも毎月の収入が、あればアルバイトでも、収入がある以上は、キャッシングが可能になります。

そして、キャッシングの審査に申込む条件としましては、20歳以上の成人で毎月の安定した収入がある事が必須になります。

また、キャッシングの審査の時には、運転免許証等の身分証明証が必ず必要になりますよ。

そして、申込み者の勤務先に在籍確認のために、申込み者が、本当に在籍している事を確認するために、電話で確認をされますよ。

電話で在籍確認の時にキャッシング会社の名前を勤務先に名乗るような事は、ありませんので、キャッシング審査を受けている事が会社の方に、分かってしまう事は、ありませんよ。

なので、アルバイトの方でも審査条件を満たしていれば、キャッシングを受ける事が可能になります。

また、キャッシングは計画的に受けるようにしましょうね。

プロミスの瞬フリを利用してお金を借りる時の注意点

最近ではどの消費者金融でも振込キャッシングのサービスを提供していますが、プロミスは融資の依頼をしてから最短10秒で振込をしてもらう事が出来ます。瞬フリとも呼ばれていて早くお金を借りたい時に利用するとすごく便利ですが、注意点もあるのでしっかり確認していきましょう。

プロミスの瞬フリを利用するためには三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を振込先に指定しなければいけません。それで三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていないとプロミスの瞬フリを利用する事が出来ません。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていなくてプロミスの瞬フリを利用してお金を借りたい場合はどちらかの口座を開設してから申し込むようにしましょう。

無利息でキャッシングを行えるって本当?

皆さんは無利息でカードローンを借りられることをご存知でしょうか?現在では様々な消費者金融や銀行はキャプテン行っており、無利息でカードローンを行うことができる消費者金融にも存在してきています。具体的にどのような関係なのかと言うことについて簡単にお話をしていきたいと思います。

このような無利息のカードローンを行うことができるキャンペーンは2つのパターンがあり、50万円以下のキャッシングを行うの場合には最大で30日間の無利息の期間が存在し、5万円以下のキャッシングであれば最大で90日間の無利息の期間があり、その期間内に返済を行うことによって無利息でキャッシングを行うことが出来ます。もしキャッシングを検討している方がいれば、このようなキャンペーンを行っている消費者金融を利用してみると良いでしょう。

自動契約機でのキャッシングについて

最近は、インターネットでキャッシングを申し込みするのが主流になっていますが、現在でも、自動契約機が設置されている場所も多数あります。

自動契約機とは、無人店舗のことです。

ですが、自動契約機を通してオペレーターとのやり取りになり、申し込みからカードが発行されるまでの時間は、審査に1時間前後かかります。

また、カードが発行されるまで、その場所から外に出てはいけないことになっています。

自動契約機で、キャッシングの申し込みをした場合は、その場でカードが発行されます。

そのカードを使って、ATMでキャッシングをします。

急ぐ場合は、先にインターネットでキャッシの申し込みを済ませ、その後に自動契約機でカードを発行すると言う手順が便利です。

消費者金融の一番簡単な選び方を教えます

初めてカードローンを契約するなら大手消費者金融がオススメです。様々な金融ブログに消費者金融の選び方が細々書かれていますが、正直言って大手ならどこで借りてもほとんど違いはありません。ですから自宅や職場から一番近くの大手消費者金融を選べばOKです。

なぜ近くの消費者金融がオススメかと言えば、契約時にカードを取りに行けば毎日夜9時位まで即日融資が可能となるからです。さらに借入や返済を自社ATMから行えば手数料は一切かからないからです。無人契約機は夜10時までですが、ATMは原則24時間開いています。コンビニATMも便利ですが、108円or216円がかかるのであまりオススメしません。

ただし1回こっきりの利用で30日以内に返済できる人は、無利息サービスのないSMBCモビット以外を選びましょう。

アコムのビジネスサポートカードローンって一体

アコムでは世間一般に広く知られている無担保型カードローンだけでなく、ビジネスサポートカードローンという種類のカードローンの取り扱いも行っています。このカードローンはいったいどのようなカードローンなのでしょうか。

アコムのビジネスサポートカードローンは個人事業主を応援するカードローンであり、このカードローンを利用して借りたお金は事業性資金として使うことができます。同カードローンは事業性ローンサービスということもあって総量規制対象外となっていますし、融資限度額は最高で300万円と高額に設定されている上に、最短で即日借り入れもできるので個人事業主が急に事業性資金が必要となった時に便利に利用することができます。

カードローンの審査に通るために必要なこと

現在はさまざまな企業がカードローンを提供しているので一概にはいえませんが、カードローンの審査を通るためにまず必要になることは「毎月安定した収入がどうか」という点です。

会社勤めをされている方などでしたら毎月お給料が入ってきているかと思いますので問題ありませんが、自営業や個人事業主など、働いてはいるけれど月々の収入が不安定であったりすると審査に通るのが難しくなることがあります。また一定期間収入があったということも大切で、1~2ヶ月ほどではあまり安定しているとみなされないため、半年から1年程度毎月収入があることが大切です。

また意外と忘れがちなのが年齢制限です。大手ですと20歳~69歳といったところが多く未成年への貸し付けは行っていないところがほとんどです。

キャッシングの申し込みに必要な書類には違いがある

カードローンの申し込みをする際に必要な書類は、どこの消費者金融でも大きな違いはありません。

免許証などの本人確認書類の提出はもちろん必要になってきます。その他、状況によって提出書類は異なってきますが、一番の違いは収入証明書を提出するかしないかという点です。

希望利用限度額が50万円を超える時には収入証明書の提出が必要になってきます。50万円を超えないときでも、提出が必要になってくる時があります。

それは、他社の借り入れも含めて借り入れ金全体の額が収入の3分の1を超えると見込まれる場合です。

その根拠には総量規制が関わっており、収入の3分の1を超える貸し出しを禁止しているところにあります。

ただし、銀行系のカードローンは総量規制の対象外になっており、銀行の裁量で3分の1を超える貸し出しも可能です。

消費者金融プロミスを利用するメリット

消費者金融や銀行系のカードローンは多数あります。多くのローンは初回契約時から1ヶ月程度は無利息期間を設定しています。その期間を過ぎると無利息期間はもう発生しません。プロミスも同じように契約してから30日間は無利息で借り入れをすることができます。

プロミスが他社と違うのは初回だけでなく、契約途中でも無利息期間を得ることができます。インターネット会員に申し込み、月に1回ログインをしたり、収入証明書を提出、メールでのメッセージを受信するとポイントがたまる仕組みがあります。この得たポイントに応じて、7日間、14日間など無利息期間を得れます。これは1回に限定されず、何度でもポイントがたまるたびに使える非常にありがたいシステムになっています。

消費者金融と銀行系カードローンの金利差

一般的に銀行系カードローンと消費者金融では、前者の方が金利面では安いというのは常識的なところだと思います。

両者の金利の差というのはおおよその範囲でスト、上限レベルですとおおよそ4%から6%くらいは平均して差があります。

場合によっては上限金利が50万円や100万円くらいでも金利差が6%から8%くらいさが付くようなケースもありますので、

少額レベルですとかなり大きな差になってしまうようなケースがあり得るというわけです。

下限金利については借入限度額の設定にもよりますが、こちらもおおよそ2~4%くらいは差があるといっていいでしょう。

それくらい、金利面では銀行と消費者金融では差があるといっていいでしょう。