カードレス契約ができるキャッシング

大手のキャッシングにはATMで利用する為のカードがつきものですが、この発行がないキャッシングを利用すると、カードの受け取りの手間が無かったり、人にそれを見られてキャッシングの利用がバレてしまう危険がありません。その為、最近ではこのようなカードレスキャッシングを利用する人も増えています。

中小の業者では元々カードの発行自体がないことも多いですが、大手でもカードレス契約ができるのはプロミスとモビット、そしてレイクです。

プロミスではWEB完結での申込みを利用すると、カードの発行がありません。ただし、この申込みを利用するには口座引き落としでの返済を選択する必要があり、申込みの途中で「カードは不要」と選択してください。
モビットでも同様にWEB完結ではカードの発行がありません。

この場合はプロミスより多くの条件が付くので簡単にWEB完結で申込みを行える訳ではありませんが、カードを発行することなく契約を行うことができます。
更にレイクでもネットからの申込みの途中で「カードレスを希望の方」を選択することで、上記の2社と同様にカードが発行されません。この3社に共通する点として、カードレス契約をしたい場合にはいずれもネットから申込みを行うという点です。

注意点として、カードレス契約をした場合でもプロミスとレイクでは後から希望をすればカードを発行してもらうことができますが、モビットでは一切そのようなことはできないので注意してください。モビットのWEB完結は完全なカードレス契約専用になります。

ネットでキャッシングの利息を比較

現金が必要となる際に利用出来るサービスとしてキャッシングがありますが、ネットから簡単に申請が出来る点も魅力的ですが、現在大手金融機関から、キャッシングを専門に扱う機関まで幅広く見つける事が出来る様になりました。そこで、各社の違いを比較するためにもまずは各社の利息を比べてみましょう。

利息が少しでも異なると、返済金額にも大きな影響を及ぼし、高額なキャッシングをする際には利息によっては数万円単位で返済金額が異なるケースも考えられます。まずは具体的に借り入れを行う金額を決め、そして毎月いくら程度の金額を返済する予定にしているかという情報を決めてしまいましょう。

その中で、各金融機関の利息を調べる事で最もお得な金融機関を見つける事が出来るでしょう。金融機関のホームページから簡単に利息を調べる事も出来ますので、簡易的な審査や利息を調べてみましょう。借り入れ金額に応じて利息は変わって来ますので、必ずご自身が借り入れを行う具体的な金額にて算出する事が重要です。

返済期間が短くなればなるほど、利息を少なくする事も出来ますが、毎月の返済は無理の無い金額で、よりリアルな数字で算出する事で、現実的な数字を算出出来るでしょう。

急な引越しでも助かった!カードローンのキャッシング

就職活動中の話です。関東圏から首都近郊へ就職希望で活動していたところ、企業から東京に出て来れれば考えるんだけど、と言われてしまいました。向こうも乗り気、こちらも第一希望なのでここで決まってほしい。それに就職活動での交通費も馬鹿にならない。

どうせなら先に引越したほうがお得なのでは?と、引越すことに決定。ただし、学費にバイト代を充ててたために貯金が無い。調べたら入居費用コミコミ15万でOKの部屋を発見しました。荷物が多いので引越し業者に頼まなければならず、合わせて総費用25万円ほど。

親に頼もうにも急には用意できないと当たり前に断られ、途方に暮れていたところ、あることを思い出しました。それは、大学に入って暫くしてから作った銀行クレジットカードのキャッシング枠。多分使わないだろうとお守り程度に持っていたのですが、限度額を調べたところ丁度引越し資金くらいありました。

たとえ雀の涙の給料でも継続しておいてよかった、アルバイト。カードのキャッシングで借りたお金で引っ越して、無事就職も決まりました。返済は月々決まった日に固定の額を返していけば良いので安心です。銀行系なので、自動で口座から引き落とし設定にしておけば、返済忘れの心配もありません。何より急な出費にすぐ対応できたのがよかったです。学生時代にカードを作っておくと便利というのはこういうことなんですね。

銀行カードローンの保証会社に対し過剰融資対策の強化要請がされた!

銀行カードローンにおける、過剰貸付や借り入れにより、多重債務問題が再燃していることが問題化しています。結果、銀行独自の自主規制により、所得証明書類の提出が必要になったり、総量規制に準拠し年収の1/3までの利用限度になるといったことが行われています。

しかし、銀行側の対応遅れもあり、2017年8月21日に日本貸金業協会は銀行カードローンの保証会社に対し、過剰融資対策の強化要請が行われました。これは、今後、保証会社がより審査を厳しく行うということに直結しています。

つまり、銀行カードローンでも消費者金融のキャッシングローンと同等の融資額になる可能性が高くなりました。そもそも、保証会社の多くは、消費者金融系ないしは大手クレジットカード会社となっており、日本貸金業協会の登録会員です。登録会員となっている場合、定期監査ないしは特別監査を受けることとなるため、過剰融資が露呈した場合は是正指示または処分を受けるリスクがあります。

今回の日本貸金業協会の対策の強化要請は、より銀行カードローンの審査が通り難くなるだけでなく、現在借り入れがある方は利用限度額が減額される可能性が生じています。結果として、銀行カードローンは総量規制の対象外ということでは無くなっているため、申し込みをする際は希望額を必要最小限に抑えるなど対策が重要になります。

レイクの2つの無利息サービスとは?

新生銀行のカードローン「レイク」では、2種類の無利息サービスを提供しています。1つは契約日より30日間無利息になるサービスで、もう1つは同じく契約日から180日間も無利息になるという、他所では見ないレイク独自のサービスです。

この無利息サービスは契約時に提供されまずが、限度額が200万円以下の契約の場合は好きな方を選ぶことができます。200万円を超える限度額の契約では30日間の方のみ利用することができる仕組みです。

30日間の無利息サービスでは、契約から30日間は利用金額に関わらず、一切無利息になります。そして、180日間の無利息サービスはまずそちらを選択し、利用金額を5万円までに抑える必要があります。5万円までの借り入れ分のみ無利息になります。

つまり、180日間の方を選択した場合も、5万円を超える借り入れを行ってしまうと、5万円を超えた分には利息が掛かります。例えば8万円を借りると、5万円を超えた3万円分には普通に利息が掛かるのです。無利息期間こそ180日間続きますが、その間でも5万円までしか無利息になりません。

よって、200万円以下の限度額での契約時にどちらを選択した方がお得になるかは、カードローンの使い方によります。数万円単位の借り入れ、返済を繰り返すような使い方をする場合には180日間の方がお得ですが、最初から10万円以上の高額な借り入れを行う場合には30日間の方がいいかも知れません。

このように、レイクを利用する際にはこの無利息サービスの選択が重要になります。少しでも自分が得になると思う方を選択してください。

カードローンはよく考えて即決しないで周りに相談を

子供ができて、荷物などがたくさんのる車を物色していたところ、まだ買う気はなかったのについつい話にのせられその日に購入するまで話をすすめてしまった。新車で諸費用などもろもろで160万ほどかかりました。ナビがつくサービスがありその条件が100万以上のローンを組む事だったので、すすめられた通りローンを組みました。

早くローンを返したいからと、月に支払う金額を高めに設定しました。私は主婦で旦那さんの給料だけで生活をしなければいけないので負担をできるだけ少なく、支払い額を低めに10年で返済を組みました。その会社も10年をすすめられたので。後で冷静に考えると利息が60万ほどかかってしまってアホらしくなったので、それでも負担は少なくしたかったので7年で返済を組みなおしました。別の車屋さんに話したら、7年もその車乗るの?と半笑いで言われ正直早まったと後悔しました。でも買い換えて前回の車よりは快適に過ごせてるので車自体には満足いってます。

手持ちはないが借り入れができるからといって安易にローンを組むと後々、苦しむことになります。手元に現金もあった上で無理のない返済を自分たちで考えて見てください。言われるがままにはいはいと任せてしまうとこちらには不利なことになりかねません。

ネットと連動性の高い楽天ローンの条件設定

様々な業者からカードローンサービスの提供がありますが、楽天ローンは金利設定が4.9%から14.5%となっており、これは銀行としては特別に低いわけではなくても消費者金融と比較すれば低金利ですし、銀行や信販、色々な貸金業者全般含めてみると低い金利水準でのサービスとなっています。

銀行提供のローンサービスでもありますから、年収の3分の1までの借入という規制も無いですし、原則としては300万円以下の申込みでは収入証明書の提示も必要無いです。

楽天カード自体は幅広い層が使っていますし、キャッシング可能なカードローンサービスでは専業主婦も多く利用しており、入会時に楽天ポイントをプレゼントしてもらえるメリットもあります。

融資可能枠が最大500万円であり、用途自由なキャッシングも出来ますから利便性も高く、高収入でなくても安定収入があればバイトやパートの方も利用出来ますし、配偶者の返済能力の信用を担保にして専業主婦も活用出来る仕組みです。

インターネットとの連動制も優れていますから、パソコンやスマホ等から手続きも迅速に行う事が出来ますし、楽天銀行に口座を開いていれば24時間いつでも振込出来るようになっています。

申込みや審査もネット経由で行えますし、忙しい方でも何時でも利用開始出来るシステムです。

モビットの強み

キャッシングを利用できる業者は数多く存在しますが、それぞれの業者は他社のとの差別化を図るため、自社にしかないようなサービスを備えています。キャッシングを利用する上で何を重要視するのかは人それぞれだと思いますが、もし申込みをする際に自宅や勤め先への在籍確認を省略したい場合には、モビットという業者の利用がおすすめです。

この在籍確認の撤廃はモビットが最大の強みとしておこなっているサービスであり、自宅への郵送物や、勤め先への電話連絡がありませんから、キャッシング利用を回りに知られるということはありません。この在籍確認の撤廃は他の業者ではほとんどおこなっていませんから、この部分に魅力を感じるなら借入先はモビットに決まりでしょう。

モビットは他にも魅力的な面が多数あります。審査スピードも速い傾向にありますし、最近流行のweb完結方式での申込みにも対応していますから、来店する手間や、審査待ちの時間などを大幅に短縮することが出来ます。何より、モビットは銀行系の業者ですので、金利も良心的ですし、何より銀行系ということで安心して利用することが出来ますよね。

以上のことからモビットは、キャッシング利用時の借入先としては大変優れた業者だと言えるでしょう。

プロミスにキャッシングの申し込みをする時にWEB完結申込を利用して手続きをする時の注意点

プロミスはWEB完結申込を利用してキャッシングの申し込みをする事が出来るので来店不要な点がメリットになります。しかしプロミスはWEB完結申込を利用してキャッシングの申し込みをする時に注意したい点もあるのでしっかり確認しておきましょう。

・審査結果の連絡方法はメールを選択

プロミスにキャッシングの申し込みをすると審査が行われて可決されると連絡が来ます。審査結果の連絡方法は電話かメールを選択する事が出来ますが、WEB完結申込を利用して手続きをする時はメールを選択する必要があるので注意しましょう。

・返済方法は口座振替を選択

プロミスの返済方法は口座振替や提携ATMなどがありますが、WEB完結申込を利用して手続きをする時は口座振替を選択する必要があります。

・カードの郵送はなしを選択

ネットで申し込みをしてカードを発行してもらいたい時は郵送してもらえます。それでカードの郵送方法を選択する事が出来るようになっています。しかしWEB完結申込を利用して手続きをする時はカード発行が不要なのでカードの郵送はなしを選択する必要があります。

WEB完結申込を利用して手続きをする時はこのように注意点があります。間違えてしまうとやり直しになってしまうのでしっかり頭に入れておくようにしましょう。

アイフルのキャッシングの申し込み方法

アイフルでのキャッシングの方法ですが、インターネットから、もしくはアイフルの店舗からの申し込みが可能です。必要事項の記入が必要ですので、職場の住所や電話番号はあらかじめメモしておきましょう。そして、身分証があればそれだけでキャッシングが可能です。

インターネットからの申し込みでしたら、全て入力したら、審査の時間に入ります。審査が完了したというお知らせが早ければ30分程度できますので、そうしたら、その日に必要であればインターネットからそのまま融資の申し込みが可能です。

必要な額、振込先を入力すれば、すぐに振り込んでもらうことができます。その後はカードが発行されますので、インターネットからでなくても、店舗での借り入れが可能になります。

複数の会社で借りていてキャッシングの返済日が違う場合の解消法

キャッシングを利用している人は、複数の会社から同時に借りているという人もいるはずです。

そういったときには返済日がそれぞれで違っているでしょうし、そこが面倒に感じるケースもあるのではないでしょうか?

返済日が違うと、特定の会社の返済を忘れてしまうということがあるので、キャッシングの返済に関してはこういった問題があるということなのです。

そして、返済日が違うことで面倒に感じているという人は一本化を検討すると良いでしょう。

キャッシングにそこまで詳しくない人は一本化について知らないかもしれませんが、ある会社から新規でお金を借りて、そのお金で今まで借りていた複数の会社の借金を全て返済することです。

それによって、返済すべき会社が1つになりますし、金利が今までよりも低くなる可能性もあります。

おまとめローンとなっていることもあるので、そういったものを目印に探していくと良いと思います。

家を持っているかどうかも審査に影響があるのはご存知?

キャッシングの審査の際には、住んでいるところも実あ大きな影響があるということをご存知でしょうか?

実は持ち家と賃貸とでは持ち家のほうが有利というところがあります。

持ち家があれば、それそのものが返済のあてになるというのもありますが、もっと大きな理由がるとすれば、逃げられることが少ないからです。

住んでいるところを借りているだけのような場合には、そこから大挙してどこかに行ってしまえば、なかなか追いかけることは難しくなるようなこともあります。

ですが、持ち家があればそこから家ごと資産を捨てることは難しいですから、審査側もお金を貸しやすいというわけなのです。

ですので、持ち家があるようなケースなら審査に通過しやすいというわけです。

キャッシングによるおまとめローンは、皆さんが普通にご利用になっております。

ショッピング等で利用するクレジットカード。このクレジットカードは非常に便利である上に、ポイントまで付き、そのポイントをほかの買い物の代金に充てることができる。

しかし、ショップごとにクレジットカードを新規で作り、それを使い分けているうちに、どのクレジットカードにどれだけのご利用残高が溜まっているかは、非常に管理しにくいものがあります。その結果、各クレジットカードの支払代金が大きく膨れ上がり、返済に苦しむこともあるのではないでしょうか?

クレジットカードの金利は高額な場合が多いです。

その結果、支払いが非常に苦しい。または、いっぱいいっぱいである方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでお勧めしたいのが、キャッシングのおまとめローンです。

このおまとめローンは、各クレジットカードのご利用残高を全て合算し、一つにまとめて返済をするというものです。

これには、メリットしかありません。

なぜならば、一つにまとめることによって、分割された代金を、約定返済日にまとめて支払えばよいからです。

一つにまとめることによって、金利も非常に下がります。

おまとめローンの商品を出されている金融機関さんは非常に多いです。

そして、金利の部分をよく見てみてください。

非常に低いんです。

ですから、それまで金利で返済がなかなか進まなかった方も、おまとめローンですと、低金利ですので、元金をみるみるうちに減らすことができます。

その結果、早いうちに全額が返済できるという、大変すばらしい商品です。

また、ポイントもみるみるうちに溜まってきますので、様々な使い道ができます。

ポイントで返済をすることも、ポイントでお買い物をすることもできます。

ですから、キャッシングはメリットしかない、非常に便利なものだと思います。

キャッシュレス決済の利用を行っていく

軽減税率が本格化をする前にキャッシュレス決済を行うとキャッシュバックや割引が適用される、というキャンペーンを行っているところがあります。

同じ買い物であればお得に、と考えているのでキャッシュレス決済を行うようになりました。

スーパーでもキャッシュレス決済に対応をしているところが出てきているので、使うことができる店舗もかなり増えてきています。

キャッシュレス決済を行いたいと考えているのであれば、アプリをダウンロードする必要もありますが、軽減税率が本格的になってきたら、ダウンロードをするのも大変になってしまうと思います。

ですから本格化をする前にダウンロードを行い、使い方に慣れておくことも必要です。

いざ、軽減税率が導入されて、困ることがないようにしたいと思っているので、早めに対応をしてキャッシュレスにすれば良かった、と後悔しないようにしたいと思っています。

キャッシュレス決済専用の口座も開設して、そこにお金を一定金額入金をしておくことにより、余計なお金を使うことも防止することができると思います。

買い物専用の口座を作る、ということがポイントです。

貯蓄などで使っているメインバンクを指定してしまうと、お金の管理もしにくくなると思います。

自動契約機やATMの進化で便利になるキャッシング

お金を借りるのは簡単だが、返すのは難しい、というイメージが、業者相手の借金にはあります。それはドラマなどで、コワモテの人たちに凄まれたりするシーンが頭にあったりするからなのですが、大昔ならともかく、今は自動契約機やATMがいたるところにあるため、返済も極めてノンプレッシャーで行えるようになっています。

もちろん返す額自体は一緒ながら、どこにいてもすぐに返せるというのは極めて便利ですし、借りたお店まで足を運ばなくていいという意味で、交通費がかからず、実際的にもお得ということになります。少なくとも物理的に「接触」という事態を避けられているわけですから、凄まれたりといったトラブルは今や起きようもなく、安心して返済していくことができるのです。

キャッシング返済でも来店不要? スマホで借金を返す時代

多くのサラ金をテーマにした漫画やドラマだと、借金を返す際には、事務所に行って、コワモテの人たちと対峙しなければならないというシーンが頻繁にありますが、現実ではほとんどそうした状況は見られません。

今やほとんど借金の返済はATMを介して行われ、電話でのやり取りも必要がないということにもなっていますが、近年ではその傾向がさらに進み、スマホやWEBで手続きを終了し、返済ができるというサービスも導入されつつあります。

そうしたシステムを介するなら、家から出なくても決済を完了できますし、窓口が閉まってしまうという状況に泣かされることもありません。金融という本質はどこも同じと言えるわけですから、今後はこうしたデジタル式のシステムを導入した業者に人気が集まるかも知れません。

財布にお金を入れないで持ち歩く節約法

皆さんはたぶん、財布にだいたい千円ほど入れて持ち歩いていると思います。しかし私は節約することにおいて財布にお金を入れて持ち歩くのはあまりお勧めしません。

節約するなら財布にお金は入れてはいけません。

皆さんは出かけるときに財布にお金を入れて出かけると思いますが節約しようと決めていても何かのはずみでお金を使いたくなることがあります。

例えば夏に外を歩いていてのどが渇いたら人間の本能で飲み物を自動販売機で買ってしまうと思います。また朝食をあまり食べずに出かけたときなんかはおなかが減ってコンビニでおにぎりやチキンなんかを買うかもしれません。こういうことの積み重ねでお金はどんどん減っていきます。下手したら月に一万円消費してしまう可能性もあります。それを防ぐために財布にお金をも入れないようにするんです。出かけているときに前に書いたようなことがあってもお金がなかったら絶対に変えません。

まさか盗もうなんてことは99パーセントの人間はしないと思います。財布にお金を入れないで出かけることは本能での買い物を防ぐ強力な抑止力になります。

では財布に何を入れて出かけるのか?と思うかもしれません。

その答えは出先で使うものだけです。例えば図書館に行くのなら図書カードのみ、近くを車でドライブするのであれば免許証だけ入れていけばいいと思います。

ただしキャシュカードなど出先でお金に換えることのできるものは持ち歩かないようにしましょう。

節約と貯蓄をするために私が実践していること

節約と貯蓄をするために実践していることは、まず家計簿をつけることです。お金を何に使ったかという事を自覚するためです。あまり何にお金を使ったか自覚しないまま買い物をしたりすると無駄遣いに気づかない場合があります。

生活に必要なものは買うべきですが、それも値段と必要さをよく考えてから買わないとどんどん無駄遣いになってしまいます。一方、ある程度長く使うものはただ安いだけでなく気に入ったもので丈夫なものなら多少高価でもいいと思いますし、安いものを買って後悔してデッドストックに入るよりいいです。

買っても気に入らないものは安くても高くても無駄遣いになっていると思うので、買う前によく考えることが必要だと思います。そういった意味では衝動買いは貯金と節約の為には避けた方が無難です。買い物に行く前に買うものを決めて、それ以上買う場合はすぐに決断しない(その日は買わないなど)ことである程度は防げます。

あと、手元にお金があるとどうしても使ってしまう場合は必ず現金で買い物することをおすすめします。決まった金額しか財布に入れず銀行からお金を下ろす回数は月1回にして、毎月の買い物の予算をあらかじめ決めて守るといいと思います。もし、急な出費でその月の予算をオーバーしてしまったら、オーバーした分を次の月にマイナスして節約するとうまくいきます。

どうしてもマイナスが減らない場合は予算が低すぎるか無駄遣いが多すぎるかのどちらかなので、家計簿を見ながら色々検討してみるといいのではないかとおもいます。

毎月払っているスマホ代、把握していますか?節約するなら見直さない手はないですよ

節約ときいてまず浮かぶのが、日頃の生活の支出を見直すこと、という方が多いでしょう。

もちろん、普段の支出を見直すのも大事ですが、普段何気なく使っているものの料金を見直すのはいかがですか?

例えば、スマホなどの通信費の見直しです。

スマホやインターネットの料金は、多くの方は毎月いくら払っているのかを把握していない現状にあります。

携帯ショップに勤めていた際に、料金の見直しを提案すると、毎月家族でいくらかかっているのか把握していないお客様がたくさんいました。

新規契約や機種変更の時に「初月無料」のオプションをつけて、そのままにしている方が多かったのです。

無料なのは初月のみですから、翌月からは月額料金が発生します。

また、あまり通話をしない方が、電話かけ放題プランを契約されていることもあります。

今はライン電話を主につけうこともできるので、最低限の通話プランに見直すのもひとつの手です。

「格安スマホ」と呼ばれる、大手キャリア以外での契約もおすすめです。

通話のみのプランやネットのみのプランなど、自由にプランを選択できるのが、格安スマホの魅力です。

現在使っているスマホをそのまま使えるところもありますので、ぜひ調べてみてください。

ポイント、クーポンを上手に利用

私は日々節約をしています。

やはり食費が一番かかるので、コンビニで食べ物を買わないで、お弁当を持っていくというのは非常に効果的です。

スーパーでも、値引きされているものを購入して調理するとなおお得。

このお弁当が功を奏して月に1万円くらいは浮いていると思います。

また、ポイントが貯まるアプリなども上手に利用すると、それで月に1回ほどファーストフードが食べれますので、こちらも利用してお得だと思います。

最近ではポイントが色々なものに変換できて、使うところが一つではないので変換する事もお勧めします。

例えば、銀行で貯まったポイントを、とあるスーパーのポイントに変換して、食事を買いました。

ポイントサイトも有効。

スマホなどからも割引チケットがあったりするので、それを検索してダウンロードすると、日々少しずつではありますがお得になります。

「買う前にはクーポン検索」です。

私は関東地方に住んでいますが、スーパーによっては飲み水を無料で配布してくれるところもあるので、そう言ったところには足を運んで、買い物ついでにもらってくるようにしています。

小さなことからコツコツとを意識していると、数年経った時に貯金の金額に差が出てきます。

貯金をこつこつ貯めるオススメ方法

1つの銀行に6万円貯金があるとします。6万あるから2万ぐらい使ってもいいや!なんて思いませんか?まとまったお金を1箇所に集めておくとつい気が大きくなってしまい、下ろしてしまうんですよね。なので私は、いくつかの口座に分けて貯金をするようにしています。

さきほどの6万円も、3箇所に分けたら1箇所2万円です。2万円…うーん微妙な金額だから手付かずにしておこう…って諦めがつきませんか?もしくはおろすのは5千円にしておくか…。と下ろす金額に遠慮が出てくるんです。で、あちこちの銀行に口座があると足を伸ばすのが面倒なので、1箇所で少額下ろしておしまいにできます。

この方法で、私は貯金が結構たまりましたよ。少額しか下ろさない癖をつけてしまえば、ある程度お金が貯まっても、今度は自然と使わなくなってくるんです。あの時少額で済んだのだから、今も下ろす必要ないよね、となります。

また、光熱費の引き落とし用の口座などに若干余裕をもたせて入金しておくと、1年後には結構余った分が貯まっていて嬉しくなります。例えば13000円の引き落としがあるならば、15000円を入金しておくのです。そうすると2000円あまりができますよね。

これが1年経つと友達と国内旅行にいけるぐらいの貯金ができているのでラッキーな気分になります。なかなか貯金ができない方にオススメの方法です。

キャッシングをうまく利用できる最強な主婦

主婦がキャッシングを利用する利便性としては、出産などで仕事を辞めた後は手持ちのお金がなくて困ってしまうという事がたびたびおこりますが、銀行窓口には行く暇がない場合でもコンビニなどで、キャッシング可能なATMを利用して簡単に現金引き出しができるので便利です。

もちろん自分の口座がすっからかんの場合も借りれますが、返済の目処がない場合には失敗するので、よく計画して借りる必要があります。

「返す目処を立てて借りる」それはもちろんお金を借りるわけですから最低必要な条件です。

テレビでも何度か目にしているキャッシング会社の返済手数料がかからないなど、メリットをよく知り借りメリットが大きいと思う場合には利用すれば良いのです。

また、月末には給料が入るなど返済が可能だとわかっていれば問題ないでしょうが、収入予定がない場合や、返済の目処が立たないほどの大きな金額は大変危険です。

休日に突入したりして手持ちの現金がない!という事態でもすぐに解決するキャッシングをうまく利用できる様になれば、主婦としては最強ではないでしょうか。

増税時代の節約術♪

社会保険料や、消費税など可処分所得が減っている今、

私自身が実際に行っている、節約方法をお伝えいたします。

1.〇〇ペイのアカウントを作り、キャンペーンをフル活用する!

ペイペイやLINE PAYなど、〇〇ペイのサービスが2019年は非常にしのぎを削っております。

そこでよくあるのが、20%分後日キャッシュバックなどの大々的なキャンペーン!

普段買い物するコンビニやドラッグストア、松屋や家電量販店などで

こちらのサービスをフル活用しましょう!

まれに全額ポイントキャッシュバックが当たることもあり、

とってもおとくに、節約できます!

わたくし自身、月に5,000円弱ポイントでキャッシュバックされました!

普段の飲み物や、軽食・ランチ等でフル活用しましょう。

※ムダなものを買わないよう、普段使いで使うのがポイントです。

2.株主になって株主優待を活用する。

株主になるというと、ハードルが高く感じれらますが、

証券会社で口座を作ってしまえば、なんてことはありません。

半年や一年に一度、配当とは別にクオカードや、お食事券など

オトクな株主優待が、さまざまな企業で準備されています!

優待だけ体験してみたい!って方は、金券ショップで

株主優待券を購入し、体験してみては?

航空券やファーストフード、居酒屋などいろいろ節約できるのでオススメです!

以上、あなたの生活に節約と潤いを♪

スマホで節約

毎日の生活の中で一番節約できるのは食費だと思い日々節約を心がけています。基本的に食料を買い出しに行くのは週に一度で献立を決め買うものを決めていきます、無駄なものは買わないように。スーパーもガソリン代を節約する為になるべく近い所へ行きます。

WAONポイントを主に貯めていますが、普通に買うだけではあまり貯まらないので他にカタリナポイントも使います。指定の商品を買うとWAONとカタリナ経由でポイントが二重にたまり、他のポイントと合算して貯める楽しみもあります。楽天銀行のアプリにも指定された商品を買うとキャッシュバックされるものがあります。

何十円でも嬉しいです。つい先週始まった楽天のレシートをパシャと送ろうというのも使ってみました。ジャワカレーの甘口、辛口が指定のところいつもの中辛を買ってしまい、ダメ元でレシートを送ってみましたがポイントが無事もらえました。例えば砂糖を買ったとして、いつもより20円高いとしてもその分ポイントがつくなら結局お得かなと思います。

貯まったポイントは米を買うときに足しにしたり、楽天でスイーツや化粧品を買ったりして楽しんでいます。新聞をやめてだいぶたちましたが、折込チラシがなくてもスマホでチラシを見ることができ、何が安いのかとかお勧めのものが買い物に行く前にチェックできるのでとても便利です。スマホってすごいです、便利な世の中になりました。

誰でもできる!コスパ最高の3つの節約術

ふるさと納税をする

<節約額>

6000円~/年

最近はテレビなどでもよく見るようになった「ふるさと納税」ですが、

「収入の多い人じゃないとお得にならない」と思っている方も多いのではないでしょうか?

確かに、収入が多い人のほうがお得になる制度ではありますが、

収入が少ない人でも、税金を一定以上払っているなら、ちゃんと節約できるんです!

私がかつて実践していたのは、

「3万円のふるさと納税でお米50キロを貰う」という方法です。

(自治体により返礼品は様々ですが、狙い目はお米や野菜などの食料品です。)

3万円をふるさと納税しても、確定申告すれば28000円は税金が還付されるので、実質の自己負担は2000円。

普通にスーパーなどでお米を買うと安くても10キロ1600円、50キロで8000円くらいしますから、

ふるさと納税の2000円で50キロのお米を貰えば、約6000円の節約になります。

ただし、ふるさと納税の節約ポイントは「税金が還付される」という部分なので、

普段からほとんど税金を払っていない人などは、残念ですが他の方法を選んでください。