節約の仕組み化

節約をするには気づくとお金が溜まっている仕組みを作ることが大事です。昨今テレビや雑誌では様々な節約のテクニックが披露されていますが、これらは少なからず時間や面倒ものであり、結局長続きしません。また節約には効果の大きいところから手をつける必要があります一般的に資質には固定費と変動費がありますが固定費について削減を行うことが大きな節約のメリットがあります。

固定費をいちど削減する仕組みを作ればそれ以降は特に負担もなく支出をを削減していくことができます。固定費の削減で大きな効果があるのが住宅ローンの見直しと通信料金、保健料金の見直しです。住宅ローンについては今借りている銀行の金利に対して他行の金利を比較してみることをおすすめします。

また他行の金利が安い場合、借り換えの検討や、他行への借り換えを交渉の材料とし今借りている銀行に金利の引き下げを交渉することもできます。また通信費については格安SIMの普及に伴いキャリアを見直すことも大きな削減効果が期待できます。

保健料金についても疾病手当金や遺族年金といった社会保障が充実していますので本当に必要なものは何かを吟味し民間の保険に入ることが必要だと思います。