消費者金融のキャッシングで、もっと借りたいという場合の対応方法

キャッシングの広告では、最高500万円まで借り入れ可能!などと宣伝していますが、消費者金融では年収の3分の1までしか借入できないことが法律で決まっています。実際に借り入れをする場合は、利用者の年収や属性を元に、1人1人個別に借入限度額が決まります。初めての借り入れでは、ほとんどの人が50万円未満になるようです。

キャッシングを利用していて、現在の利用限度額では足りない、もっと借りたい、という状況になった場合、さらに借入するために消費者金融に申し込むのは、おすすめしません。複数の金融機関から借りていると、返済日を間違えたりといったトラブルが増え、また、多重債務の原因にもなりうるからです。

消費者金融では、利用限度額をアップする「増額申込み」ができます。これまでの利用で、期日をきちんと守って返済してきたという実績があれば、増額審査に通る可能性が高くなります。借入額を増やしたいという人は、現在利用中の消費者金融に相談してみるとよいでしょう。