一人暮らしのサラリーマンの所得税節税

サラリーマンはただでさえ所得税は丸裸になり取られます。所得が上がれば特にとられる金額も大きくなるためそこは何とか考えたい所です。当然配偶者や扶養する人がいればその分控除を受ける事が出来ますが、それがなければ所得税は上がります。

まずはそこを考えるとやはり医療費控除や保険控除や住宅控除を使う事がお勧めとなります。住宅を購入すればローンを銀行より組みます。その分12月末現在で残ったローンの金額に対して1%が所得税控除となります。2000万円であれば20万円の控除を受けると言った計算になります。

他にもふるさと納税制度を活用する方法もあります。これも2000円は差し引かれますが、納めた金額の残りの分は住民税の控除としてカウントされて自動的に控除される形となり住民税は差し引かれ返礼品により恩恵を受ける形もあるので損はほとんどしない計算となります。

お米や野菜をもらったり特産物で美味しく更に住民税を控除されるとそこでお得な状況となります。こうしたサラリーマンの一人暮らしでとられる可能性の高い所得税や住民税などを返してもらい更にお得に生活を送る事も知識を少し得ていれば行える事となり、そこで節約生活となります。