融資申込をして可決になるかどうかに関わる2つの年数

キャッシングでは、ほぼ確実に審査が行われることになります。もちろんそれで融資秘訣となる事もあれば、問題なく借りれる事もある訳です。

ところでそれで重視される主なポイントとしては、年数が挙げられます。基本的には年数が長い方々の方が、やはり有利になってくるのです。

例えば、会社で働いて年数などは長い方が有利になります。そもそもその商品の申し込みをする際には、必ず所定の書面などに記載する事になるでしょう。申し込み用紙などへの記入が必要ですし、特定のフォームなどに入力する事になるのです。

その際に、お勤め先の年数に関わる事柄は、まず間違いなく書く事になります。会社で何年くらい働いた実績があるかを書くわけですが、上述のようにそれは長い方が有利になる訳です。

例えば申込者のAさんは、お勤め年数が10年前後だとします。それに対してBさんは、1年にも達していません。

このAさんとBさんを比較すると、やはりAさんの方が通りやすい訳です。というのもAさんの場合は、明らかに年数が長いですね。金融会社としては、年数が長い申し込み者は、収入状況なども安定していると考える傾向があります。それだけに可決になる確率も、比較的高い訳ですね。

したがって上記のBさんのような方の場合は、申込をするのをもう少し待った方が良いとも言えます。現在1年未満ですが、あと数ヶ月ほど経過すれば1年になるなら、むしろそれまで待つ方が通りやすくなるからです。

それと住宅に関する年数なども、大きなポイントになってきます。原則として、やはり居住年数が長い方々の方が、総じて有利になる事が多いです。ですので居住年数も上記のAさんとBさんのような状況ならば、やはりAさんの方が可決になる確率は高いでしょう。

このように年数の長さが重視されるのは、キャッシングという商品の大きな特徴の1つですね。総じて「1年以上」となっているか否かで、借りられるかどうかも変わってくるでしょう。