消費者金融には、返済に困った人のための救済商品がある。

消費者金融を利用している人には、返済に困って借金が返済できない人が一定数でてきます。

返済に困っている人が貸し倒れになってしまうと、消費者金融も困ってしまいます。 そんなときに、消費者金融から返済できない人向けの救済商品があります。

それが示談契約です。

示談契約は、任意整理みたいなのに近い感じではありますが、明確には違います。

示談契約はあくまで、返済の負担を減らすことを消費者金融側から提案するものであり、任意整理のように弁護士などが入って、交渉をするようなものではありません。

信用情報にも残らないので、こちらの方が債務者に不利益にもなりません。

金利負担などかなり減らして返済をしてもらうことにより、借金の負担を減らすようにしています。