銀行のカードローンのメリットについて

カードローンを比較した場合、消費者金融よりも銀行の方が金利が低く、利息を抑えられることはよく知られています。

銀行のカードローンには、金利以外でも、金銭的に大きなメリットがあります。それは、ATMの利用手数料です。

消費者金融の場合、自社のATMや親会社である銀行のATMの手数料は無料ですが、コンビニのATMや提携銀行のATMを使うと108~216円程度の手数料がかかります。

一方で、銀行の場合、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックや楽天銀行のスーパーローンなど、自行のATMはもちろん、提携銀行やコンビニのATMを使っても、手数料無料になる場合が多くなっています。三井住友銀行のカードローンは、提携銀行のATMは有料ですが、ゆうちょ銀行とコンビニのATMは無料になる等、消費者金融よりも無料で使えるATMが多くなっています。

ATMの利用手数料は金利と同じように、カードローンの必要経費となります。申込み前には、無料で使えるATMが自分の行動範囲のなかにどれくらいあるか、確かめるようにしましょう。