中小消費者金融は金利が低くても損をする!返済方法を考慮せよ!

銀行や大手消費者金融でキャッシング契約が出来ない場合、別の選択肢として中小消費者金融があります。日本国内には未だ多数の消費者金融が営業を行っており、近年でも新しい消費者金融が貸金業の営業許可を受けています。

また、中小消費者金融もインターネットを利用しているため、遠方の方でも契約が可能であり、銀行口座への振り込みにより融資が受けられます。ですが、中小消費者金融は金利が低くても、少額融資と返済では損をすることも少なくはありません。

中小消費者金融の場合、銀行や大手消費者金融のように専用ATMや提携ATMがないところが大多数です。つまり、返済は銀行振込となり、その都度手数料が掛かります。324円や648円そして高い場合864円もかかり、返済に掛かる費用として負担が増加してしまいます。

特に遠方の中小消費者金融ともなると地方銀行となるため、他行宛の振込手数料になってしまいます。先ずは、中小消費者金融を選ぶ際は生活圏内にある会社、そして手数料を抑える方法を検討してからりようするのがベストです。