キャッシングの申し込みはネットが簡単

キャッシングをするときには、事前に申し込みをしておく必要があります。申し込みをして審査をしてもらわないと現金を借りることができません。

この審査の方法で近年、手軽として人気を集めているのがインターネットを利用した申し込みです。キャッシングをしている会社では、インターネットによる申し込みを充実させており、インターネット上のホームページから簡単に利用申し込みをすることができます。インターネットからの申し込みはとても簡単で、24時間いつでも申請をすることができるのは大きなメリットです。

審査結果についてもインターネットで教えてもらうことができるので、申請にかかる時間のロスをかなり少なくすることができます。

全銀協のCMや多重債務防止の説明は役立つ!

銀行や消費者金融のキャッシングローンは、無理なく計画的な返済が肝心です。しかしながら、昨年より問題となった銀行カードローンですが、安心感から契約したものの、多重債務に陥り、債務整理取り分け自己破産に至る人が増えています。

結果として、減少傾向にあった自己破産者が増加する傾向になっています。求人倍率がアップしているものの、リストラにより職を失う方や病気により収入が無くなってしまうケースもあります。株価上昇や企業の経営状況の改善は、好景気により上向き傾向にあると報道されているものの、経営悪化に苦しむ企業は未だに多い状況です。

もし、カードローンやフリーローンを契約中、リストラや病気に因る休職となった場合は、速やかに金融機関や行政、専門機関に相談することを全銀協では推奨しています。金融機関を取りまとめる全銀協が案内する方法であることから、金融機関は蔑ろにすることは出来ないため、先ずは金融機関や専門機関に相談することをおすすめします。

相談結果によって、借入額の減額は出来ないものの、返済方法や期間について前向きな結果が期待出来ます。

総量規制対象外のローンってどれ?

キャッシングする際に総量規制法の対象になるのか、ならないのか気になりどこに申し込んだら良いのか悩んでしまう方も多いかと思います。そんな中、大きく分けるとアコムやアイフルなどの消費者金融系は総量規制の‘対象’になり、オリックスやみずほ銀行のカードローンなどの銀行系のカードローンは総量規制の‘対象外’といことが広く認知されていることと思います。

大まかにはこれで正しいですが、総量規制対象外には銀行系のカードローンのほかに数箇所から借り入れをしているの一箇所にまとめる‘おまとめローン’や金利が低いローンに乗換えをする‘借り換え専用ローン’も対象になります。またクレジットカードのショッピング利用分や自動車ローン、住宅ローンも対象外にあたります。

これらを踏まえご自身の借り入れ状況を整理し、どこに申し込みをすれば審査が通りやすいのか検討をしてみてください。