マイナーな消費者金融の安全度を見分ける方法

大手消費者金融は正直あまり違いもなく、どこで借りても安心です。アイフル以外はメガバンクの傘下にあるので、よく○○銀行グループなどと書かれています。大手以外の消費者金融は正直どこか胡散臭く感じるものですが、公式サイトの会社概要を見ればある程度は推測できます。

消費者金融を営むには、各地の財務局か都道府県知事の登録を受ける必要があります。また3年ごとに登録の更新が必要です。そこで公式サイトの会社概要を見ると、大阪府知事(4)第12345号などと登録番号が書かれています。重要なのは()内の数字で、この数字が大きいほど安心感があると言えるのです。なぜなら問題ある貸金業者なら登録の更新はできず、番号が1に戻ります。(4)なら10年ほどまともに営業していると推測できるというわけです。

キャッシングを使う時には限度額を常に意識する

自由な用途で使えるお金を借りたいと考えた時の選択肢としてキャッシングがあります。消費者金融会社では、キャッシングのサービスを利用する事を希望している申込者が提出した申込書を基に審査を行い、限度額を設定しています。申込者がキャッシングの契約をして、融資を受けるようになった段階で意識しておくべき事は、キャッシングで借りられるお金は限度額までであるという事です。

限度額に関しては、貸金業法において総量規制という仕組みが導入されていますので、消費者金融会社のキャッシングで融資を借りる時には、他の消費者金融会社で借りているキャッシングの限度額と合算して、その総額が年収の3分の1以下になるようにしなければいけません。それを超えますと、消費者金融会社のキャッシングサービスに新規申込みをしても審査を通過する事が難しくなります。

利用者は限度額までであれば、何度でも融資を受けられ、返済をすれば、返済した金額分が限度額で使った金額を補充する事になります。限度額内で一度に限度額いっぱいまでお金を借りるといった事も出来ますので、利用者にとっては利用するシーン毎に使い方を変化させられます。限度額は、ユーザーがキャッシングを使う上で重要な要素です。

即日にキャッシングするメリットと必要な事

お金が無くなった時に便利なキャッシングですが、欲しいその日に借りる事が出来る即日キャッシングも多くの人が利用している便利なものです。即日キャッシングという言葉も一般的に知られるようになっていますが、申込当日にお金を借りることもできるのでとても便利です。消費者金融の店頭窓口や自動契約機からの申込の場合には、早ければ1時間以内で審査からカード発行まで終わります。身分証明書や借入額によっては収入証明書が必要です。事前に自分が借りる時の必要書類を用意しておくとスムーズに進みます。

ネットキャッシングの場合でも、14時前に審査が終われば、その日のうちに振り込んでもらうことができます。当日に借りたいのであれば、午前中に申し込む必要があります。自動契約機で審査を受ける場合には、22時頃まで行う事が出来ます。在籍確認の関係で、借り入れが翌営業日以降になることがあるので、理解しておく必要があります。即日融資を行う場合には、大手の消費者金融で借り入れする事が安心できます。多くの消費者金融で即日融資が対応しているので、事前に調べてから利用する事が肝要です。急にお金が必要になった時には消費者金融の即日融資がおすすめです。

楽天グループが激熱です!

今楽天グループの勢いが凄いですね。とうとう楽天モバイルだけでなく、自前でアンテナを張り巡らして携帯電話会社を立ち上げるようです。

金融もモバイルもショッピングも楽天に統一すると、楽天スーパーポイントの倍率が上がる仕組みです。このブログ的には、楽天スーパーローンというカードローンに目が行きます。

楽天スーパーローンは、銀行カードローンなので専業主婦でも契約できます。契約しただけで楽天スーパーポイントが1000ポイントもらえ、翌月末日までの利用残高に応じて最大30000ポイントももらえます。

今は楽天スーパーポイントがもらえるのは初回だけですが、ポイントがウリの楽天だけに今後利用する度にポイントが付与されることも十分考えられるのです。