知人や友人、職業的に銀行員と関わっているとカードローンは気まずい?

銀行カードローンやフリーローン、銀行が扱うクレジットカードなどは時として勧誘を受けることがあります。
銀行も利益がなければ、経営難に陥るだけでなく、預金者に対して利息の支払も出来なくなります。
社会生活を送る上で、銀行員と関わる人もいます。知人や友人が銀行員であったり、勤務先で経理部門に所属している場合では普通の人より勧誘の可能性はあります。
ですが、カードローンやクレジットカードなど審査を受けるものは、審査での優遇があるわけでなく、審査落ちの場合は気まずい雰囲気になってしまいます。

特にリスクの高いこととしては、友人や知人が融資担当の場合、金融事故や債務整理がバレるリスクを伴います。
また、金融事故が無くとも、消費者金融から借り入れしていることも知られる可能性があるため、日常的に関わる人から勧誘を避ける必要があります。
安易に付き合いでカードローンやフリーローンなどといった金融商材の契約申込は、審査落ち以上に人間関係の悪化を招くため、おすすめは出来ません。
銀行カードローンを申し込む場合、どうしても知人や友人に知られたくなければ、関係の無い銀行を利用するのがポイントです。

勧誘を受けたのに、契約できない気まずさは誰もが不快に感じてしまいます。

キャッシングの限度額アップは信用情報を改善してから

キャッシングの契約を優先する際には、希望借入額を少なくして申込むことになるでしょう。
契約が出来た後は、暫くそのままの利用限度額が使い続けていたとしても、いずれもっと借入を必要とする機会が来ます。
増額申込みを無闇に行っても否決されるだけですから、個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行って、初回審査時よりも信用情報がいかに改善しているか確認した上でキャッシングの利用限度額アップを金融業者に求める必要があります。

増額申込みを行なうことは、利用規約に記載されている手順で条件を満たしていれば可能です。
しかし、金融業者にしてみれば、増額申込みではなく再度審査をやり直すという意味合いにすぎません。
個人信用情報機関へ信用情報照会を再度行い、新規契約時に準じた審査を行った結果として、増額した利用限度額が設定されれば良いですが、必ずしも増額されるとは限らないわけです。
消費者金融に対して増額申込みをする際には、信用情報が改善されていることを確認した上で行なうと良いでしょう。

一方、銀行カードローンについては、銀行側から増額インビテーションが届かない限りは、増額申込みを行わないことが得策とされています。
なぜなら、保証会社による審査に通りにくいからです。

銀行カードローンが増え続けた理由とは

2010年に改正貸金業法が完全施行されてから、銀行カードローンの融資残高は増加の一途をたどってきました。総量規制導入から消費者金融の融資残高の減少に反比例した状況と表現してもいいでしょう。

このように表現すると、銀行が一方的な勝ち組で消費者金融は負け組という構図が思い浮かびますが、実は必ずしもそうではありません。それは、銀行には個人融資のノウハウがなく、それらを銀行傘下の消費者金融系保証会社に肩代わりさせていたからです。

このことは銀行にとっても消費者金融にとっても悪いことではありません。消費者金融にとっては手数料を稼ぐことが出来ますし、銀行のとっては貸し倒れでも保証会社からの保証を受けることで損をしないからです。つまり、銀行カードローンの融資残高が増え続けることは消費者金融も銀行もウィンウィンな構造になっていたということです。

これらのウィンウィンの関係を保持させているのが、銀行カードローンの高い金利です。銀行の融資業務としては銀行カードローンはダントツで高い金利を得ることができます。これによって消費者金融系保証会社に手数料を支払っても大丈夫という構図が浮かび上がります。

自己破産申請が増えて初めて、社会問題になり始めたのです。

アルバイトでもキャッシング審査に通るのか?

学生やフリーターの方で、急なお金が必要になった際はキャッシングに頼るかと思います。

しかしアルバイトでしか収入がないのであれば、審査に通るのか不安になりますよね。

ですので、アルバイトをしている方がキャッシングを行うことが可能なのかを見ていきたいと思います。

まず、基本的にはアルバイトの方であっても審査は通ります。

なぜなら審査の通過基準は高収入であるかどうかでなく、安定した収入があるかどうかなのです。

ですから、真面目にアルバイトをしていれば心配はいらないでしょう。

しかしアルバイトを始めたばかりの方でしたら、安定した収入はまだ見込めていないですよね。

そのような場合は在籍確認が取れるかが重要になってきます。

在籍確認というのは、キャッシング業者が申込者の職場に連絡をとり、本当に働いているか確認する作業のことです。

この作業は審査を受けるにあたってとても重要なことなのです。

ですので、在籍確認をクリアできれば審査に受かる確立に大幅にアップすると言えますね。

アルバイトを始めたばかりで一定の収入がなくても、在籍確認によって審査に通れるという事になりますね。

以上のように、アルバイトをしている方であっても、キャッシング審査を通るには何ら問題ないと言えるでしょう。

増額申込みの意味は金融業者から見ると異なると知っておきたい

カードローンを契約した時に設定された利用限度額は、必ずしも望んでいた金額と一致しているとは限りません。出来ることなら限度額アップしたいと考えている人も多いでしょう。利用規約を確認すれば、多くのカードローンで増額申込みが出来る基準が明記されています。しかし、増額申込みという言葉に惑わされてしまい、本来の意味は異なる点に気がついていない人も少なくありません。銀行カードローンを契約中に増額申込みを行なう時には、文字通り増額申込み申請となります。実際には銀行からの増額案内が無ければ、利用限度額がアップする可能性は低いものの、利用規約を満たしていれば審査対象となるはずです。

しかし、消費者金融については増額申込みでは無い点に注意が必要です。増額申込みの案内を行っている部署は、審査部署とは無関係に再審査申込みを募る窓口となっています。消費者金融に対して増額申込みを行なうと、新規加入時に準じた審査が行われて改めて利用限度額が設定されます。今までの利用限度額とは無関係に新たに審査した結果が反映されるので、増額申込みを行なったつもりが実際には減額されてしまい、カードローンが利用停止となることさえあるわけです。あくまでも再審査という点に注意が必要です。