簡易審査と借入診断は別モノ!簡易審査のメリットはあまりない!

銀行カードローンやフリーローン、消費者金融のカードローンを申し込む際、『簡易審査』と通常審査に分かれているケースがあります。簡易審査と聞くと、お試し審査と思いがちですが、借入診断とは別モノになっています。借入診断の場合、生年月日や年収、他社借入件数や金額といった極限られた情報だけで、契約可否を判定するものになっています。一方、簡易審査は氏名や住所、勤務先情報といった通常審査と同じ情報を記載するものとなっており、契約審査の一部となっています。簡易だから大した審査ではないと考えてしまいますが、個人信用情報の照会もしっかりと行われ、照会記録も残ってしまいます。つまり、審査落ちしてしまうと次回申し込みまで最低6ヶ月最大1年ほどの期間を空ける必要があります。

ですが、簡易審査のデメリットは、あくまで審査の一部であり、正式な審査を受けるため、別途手続きが必要ということにあります。結果、審査から契約手続きまでに掛かる時間が、通常の審査よりも長くなるため、借り入れを急いでいる場合には向かないものとなっています。そのため、簡易審査を受けること自体は、非常にメリットが少なく、デメリットの方が目立ってしまいます。また、最近では簡易審査と借入診断を混同してしまうケースも多く、申し込み手続き時点での問題となっています。そこで、申し込みを行う際は、簡易審査では無く、仮審査であるかどうか確認することがポイントです。仮審査の場合、審査の一部ではあるものの、個人信用情報の照会が行われないものもあり、審査落ちした場合のデメリットを最小限にすることが可能です。先ずは、申し込み前に手続きの流れを熟読することをおすすめします。

モビットのメリットは審査スピードの早さとWeb完結で申し込める事

消費者金融のモビットは金利が高くて無利息期間のサービスをないのでアコムやプロミスに比べてサービス面で劣ってる印象があります。
しかしモビットは審査スピードが早いというメリットがあるので融資スピードも優れているのが特徴でもあります。
モビットの審査は最短30分と言われていますが、場合によっては30分以内で終了するというケースもあるようです。
そのため申し込んでから1時間ぐらいで融資を受ける事が出来る可能性もあります。

モビットはホームページからWeb完結で申し込む事が出来るのも特徴です。
ホームページからWeb完結で申し込めればパソコンやスマートフォンだけで手続きが出来てしまうのですごく便利でしかも他の人に内緒でキャッシングする事が出来ます。