定期的な収入が無い時のキャッシング審査

キャッシング審査に通るには定期的な収入があるという事は重要であり、金融業者のカードローン審査に通る為の条件としては基本的に成人以上で定期収入を持つ事が必要です。

そこで定期的な収入が無い時のキャッシング審査はどうすれば良いのか気になる方も居ますが、本人に収入が無ければ審査に通る事は無いと考えた方が良いですし、消費者金融では原則定期的な収入を持っている事は必要です。

ただし、銀行カードローンの場合には本人に定期的な収入が無くても、配偶者に定期的な収入があれば問題なく使えるサービスもあり、配偶者の収入証明や婚姻関係を証明する事によって、本人に定期的な収入が無くてもキャッシング審査に通る事もあります。

ただし、返済を行わないと信用に影響が出るものですから、定期的な収入を本人が持っていない状態での借り入れはリスクがありますし、いざという時に対応出来ない場合もあり、配偶者と話し合った上で借り入れを行う事が必要です。

使う用途も明確にして、返済もいつまでに返していくのかハッキリとさせて使わないと、本人に定期的な収入が無い状態で借金する事はリスクになりますし、配偶者の信用にも直結する事になりますから注意が必要と言えます。