学生がキャッシングしたいときは・・・

大学や専門学校に進学したいと思っても、裕福な家庭でない場合は、自力で努力してお金を稼がなければなりません。

そのためアパートで一人暮らしをしながら学校に通い、空いた時間はアルバイトをしている人も多いでしょうね。

しかしサークルや合コン、デートなどの出費が続くと、アルバイトで稼いだ分のお金をオーバーしてしまう恐れがあるので、そんなときにはキャッシングを利用するようにしてください。

キャッシングは20歳以上でなければ利用出来ませんが、学生の場合は学生ローンに申し込めば、18歳からでもお金を借りることが出来ます。

その際は学生証の提出が必要になりますが、担保や保証人は必要ないので、いつでも気軽に申し込むと良いでしょう。

学生ローンの利用限度額は、一般のキャッシングに比べると、かなり少ないですが、あまりたくさん借りても返せなくなってしまうので、多くても10万円程度に抑えておくのが賢明です。

また複数のローン会社を利用すると、途中であとどれくらいの借金が残っているかわからなくなってしまうので、1社か2社程度にしておくようにしたいですね。

1万円や2万円ぐらいなら、次の給料日にまとめて返済できるので、利息も最低限で済みますし、低金利のローン会社を利用していれば、利息もほとんど付かないので、楽に返し終わることが出来るでしょう。

最近は消費者金融の中にも、驚くほど金利が低い会社が増えてきたので、学生がキャッシングしたいときは金利を比較してから申し込んでください。