銀行カードローンが増え続けた理由とは

2010年に改正貸金業法が完全施行されてから、銀行カードローンの融資残高は増加の一途をたどってきました。総量規制導入から消費者金融の融資残高の減少に反比例した状況と表現してもいいでしょう。

このように表現すると、銀行が一方的な勝ち組で消費者金融は負け組という構図が思い浮かびますが、実は必ずしもそうではありません。それは、銀行には個人融資のノウハウがなく、それらを銀行傘下の消費者金融系保証会社に肩代わりさせていたからです。

このことは銀行にとっても消費者金融にとっても悪いことではありません。消費者金融にとっては手数料を稼ぐことが出来ますし、銀行のとっては貸し倒れでも保証会社からの保証を受けることで損をしないからです。つまり、銀行カードローンの融資残高が増え続けることは消費者金融も銀行もウィンウィンな構造になっていたということです。

これらのウィンウィンの関係を保持させているのが、銀行カードローンの高い金利です。銀行の融資業務としては銀行カードローンはダントツで高い金利を得ることができます。これによって消費者金融系保証会社に手数料を支払っても大丈夫という構図が浮かび上がります。

自己破産申請が増えて初めて、社会問題になり始めたのです。