銀行のカードローンはメインバンクで!金利面で有利になる可能性も!

カードローンを契約する際、誰もが考えることは少しでも金利を低く契約することです。大手消費者金融のカードローンよりも銀行カードローンの方が適用上限金利において約3%の差もあります。最近では、銀行カードローンもインターネットを利用すれば、離れた地域の銀行でも契約は可能です。

しかしながら、金利を重要視するのであれば、日頃からメインバンクとして利用している銀行の方が良くなります。特に給与振込に利用し、各種支払いに利用していれば銀行側にとって返済能力が担保できます。その結果、取引を行ったことの無い銀行よりも信用度が高く評価される可能性もあるため、金利を考慮するのであれば給与振込に使っている銀行を第一候補にするのがオススメです。また、取引がある分、金利見直しの交渉も行い易いというメリットもあります。