契約可否をある程度把握するにはどうしたらいいか?

キャッシング契約において一番心配になるのは、契約が出来るかどうかです。申し込んだものの、審査落ちしてしまい、次の契約申込が可能になるまでは約6ヶ月間を要してしまいます。無暗に審査申し込みを繰り返すことで、結果的にはキャッシング契約が可能になる金融機関を自ら減らす原因となってしまいます。

そこで、多くに方が契約可否を簡易的に判断するため、簡易診断を用いると思いますが、これらの簡易審査も各金融機関により異なった特徴を持っています。特に差が表れるものとしては、他社借入件数の条件であり、3社までは審査が通過する可能性があるケースや4社なら可能性があるというように若干の違いがあります。

しかし、これらの判定システムは簡易版でありながら統計的なデータを用いていることがあり、スコアリング審査の中で大きなウエイトを占める部分の他社借り入れ件数と金額による審査が反映されている状況にあります。

そのため、審査の通過率が本当に高いかどうかを判断するためには、数多くの簡易判定システムを用い、審査が通過出来るかどうか確認することもポイントです。全ての簡易審査に於いて契約出来る可能性があると判断されれば、後は与信状況による審査となり個人信用情報に事故情報が無ければ審査通過の可能性が高まります。

一方で、簡易審査でいづれかの金融機関の審査が落ちた場合は、申し込みには要注意であり、他社借入件数を1件でも減らしてから申し込むのが得策です。